48歳の中年オヤジ 柔道を始める

48歳の中年おやじが柔道に挑戦!と思ってたら、いつも間にか黒帯になりました。中学生相手に老骨鞭打って稽古をしております。

練習後の外の風は気持ち良い(空手)

2017年06月17日 03時34分15秒 | 空手
6月15日 カウンターの基礎練習であった

カーボローディング中のT岡です。大会3日前の本日から、米や麺など炭水化物を食いまくって、体の中にマラソンに必要な糖質を蓄えております。
カップヌードル美味いなあ。ペヤングの焼きそば美味いなあ。コンビニの冷凍チャーハン美味いなあ。デイリーヤマザキの爆弾おにぎり美味いなあ・・・、
って、食いすぎやねん!量を考えんかい!
食いすぎてしまったので、空手の練習で消費しました。

さて7時40分にY本さんと一緒に、少年部の途中から入りました。蒲郡祭りが近々あるので、祭りに参加される団体さんにいつもの教室が使われており、私たちは狭い部屋で練習です(泣)。
横の子供に当たりそうでしたが、皆で元気よく基本技の練習を行いました。
最近入会した小学生君も、元気に基本をやっておりました。パチパチパチ。
さてさて会員が増えました一般部です。本日の出席者は、代表・M先生・A山さん・N井さん親子・Y本さん・N村姉妹・私の合計9名。やっぱり狭い(笑)。
「今日は狭いので移動の基本はパスして、蹴りへのカウンターを練習しましょう」
と代表からメニューの説明がありました。
片方がローキックを打ち、相手がカットせずに受けながら、カウンターのパンチを打つ練習です。もちろん受ける際は足を少し前に出して、ヒットポイントをずらしております。
これを相手を代えながら、ぐるぐる延々とやっておりました。
ほぼマスに近い打たせ稽古なので、それほどダメージはありません。
私は途中から、タイミングを少しずらしたりしておりましたが(←意地が悪い)、初心者の方も難なく出来ておりました。
段々慣れてくると、左右どちらかわからない状態でローが来るようになり、それにタイミングを合わせてもらいます。皆さん中々上手です。
私の場合、右ストレートのカウンターをいきなり使う事が少なくて、前に突き出した左手を、タイミングを合わせてジャブをポンポンと打つ事が多いです。打ちやすいので相手の出足を止めるのに有効なのですが、ただしダメージを与えるほどの物ではありませんので、この後に2打目3打目が必要になってきます。

という練習内容でした。難しいメニューですが、それでもこなされていく新人さんは凄いと思う。
Y本さんが、外に出た途端の空気の冷たさを
「気持ちいい!」
と言っておられましたが、私も同感!
この後すぐにビールが飲めれば最高ですね。でも家まで我慢我慢。

格闘技が好きでハマってしまった中年の同志の方は、下のバナーをクリックしてね。
にほんブログ村 格闘技ブログ 柔道へ
にほんブログ村
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たまにはミット打ちしないと... | トップ | 乗鞍天空前日はピーカンの天... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
炭水化物は、ガンガン取りましょう! (一匹狼)
2017-06-18 17:34:27
通勤ランを再開して6ヶ月目を迎え、片道5kmが35分を切るようになってきて、ほくそ笑んでいる西三河のダルママンこと、一匹狼です。

1.「汗をかいた後の爽快感、最高ですね!」
  外の冷たい風・冷たいビール・熱い風呂。。。最高ですね。

2.「浜松は、いいですねえ~」
  ここ数年、新幹線に乗って、東京へ仕事で行っていないから、新鮮な景色ですわあ~。

3.「献血、お疲れ様です!」
  血液のデータは、スポーツをなさるため、しっかりと把握しておきましょう!悪玉コレステロール値が高い自分なんぞは、生野菜サラダをたくさん食べております!

年齢は、歳を重ねることにより、”立派な年輪”となります。大木(たいぼく)と同じように、からだも心も太くなりましょう!
一匹狼様 (T岡)
2017-06-22 05:20:35
一匹狼様、こんにちは!お返事遅れてしまい申し訳ありません。
献血時のデータは、私もありがたく参考にさせていただいてます。でも献血は、まだまだ4回しかやっていないので、一匹狼様の足元にも及びません。次回は9月以降に出来るので、岡崎の献血ルームにでも行こうと考えております。
100回までの道のりは、まだまだ遠いけど頑張ります!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。