48歳の中年オヤジ 柔道を始める

48歳の中年おやじが柔道に挑戦!と思ってたら、いつも間にか黒帯になりました。中学生相手に老骨鞭打って稽古をしております。

寝技の日、私は亀取りの練習台(柔道)

2017年06月15日 03時47分59秒 | 柔道
6月13日 私は亀取りの練習台(柔道)

朝に裏山を走る習慣がついてるので、マラソン大会前の休養期間なのですが、体がうずうずしております。しかも天気が最高に良くって、新緑がまぶしいのだ。
うずうず、うずうず。

夜は柔道の練習でした。
先日から習いに来ておられる、私より年上のS木さんが、
「今日から寝技乱取りに入ってもいいと言われました」
という事でした。
じゃあリハビリ中の私も、寝技だけは参加させてもらいます・・・という事で、久しぶりに寝技。
いきなりN野先生相手でした。怪我明けなのでかなり手加減していただきましたが、久しぶりなので息が上がる上がる(笑)。下から攻められ、上から捌かれて横で固められ、もう雑巾状態(笑)。
小学生相手の次は、少し前に一緒に変形腹包みを習った中学生女子とでしたが、お互いにその「変形腹包み」を思い出しながら掛けて・・・けどお互い忘れとるやないか(笑)。
「これってどうするんでしたっけ?」
「俺に聞くな、俺もうろ覚えだ」
乱取りというより寝技打ち込みであった。

その後は打ち込み10本×5セット。立ち技乱取り突入時点で、リハビリメニューのために皆さんから外れた。
いつもは、この後はK谷師匠との「チアノーゼ打ち込み120本(と勝手に名前を付けた)」ですが、K谷師匠が中学生の指導をされておったので、それが終わるまでリハビリストレッチ。

するとS木さんが来られて、
「亀になった相手のひっくり返し方がわからないんです。教えてください」
いや、私もド素人に毛の生えた人間なので・・・とは言えませんので、近くにおられたK先生の所に行き、お願いしました。で私が練習台になって、亀の取り方の講習。
柔道を知らない人に説明しますと、亀の状態になった相手をひっくり返して、寝技に持って行く方法なんですが、私も昔I瀬先生に亀取りの方法を教えていただき、いろいろと教わった事があります。亀取りの方法なんて多種多様なので、人によって全然違うのですが、今回は基本パターン。
K先生は、首を押さえて片腕に差し込んで引っくり返すという、基本的な方法を教えられておりました。
で私が亀になって、S木さんに引っくり返されてました(笑)。
「リハビリメニューなので時間がありますから、私を練習台として使ってください」
しかし力のある人でして、抑え込まれたら動けません。20分ほど寝技の練習台になってました。なんちゅう力だ。何度か反そうとしましたが、ブリッジし過ぎで背中が痛くなった(笑)。
あかん、ひっくり返されて抑え込まれる練習台でも、結構疲れた。ゼイゼイ。

S木さんが仕事のために早めに上がられたので、その後は師匠との「チアノーゼ打ち込み120本」 寝技の後なのでむっちゃ疲れてる。腕が上がらんわい。
リハビリメニューとはいえ、休む間もなく延々と動き続けておりました。普通の練習よりしんどいよー。

土曜日は西尾市の合同練習なので、平坂教室はお休みです。マラソン大会が前日受付なので、空手教室もお休みして、土曜の朝から長野県乗鞍に行く予定。
日曜のマラソン大会が終わったら、火曜の柔道から通常練習に合流する予定ですが、果たしてどうなりますやら。

柔道のランキングに参加しております、下のバナーをクリックしてね。
にほんブログ村 格闘技ブログ 柔道へ
にほんブログ村
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大会前の最後の調整ラン | トップ | たまにはミット打ちしないと... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。