48歳の中年オヤジ 柔道を始める

48歳の中年おやじが柔道に挑戦!と思ってたら、いつも間にか黒帯になりました。中学生相手に老骨鞭打って稽古をしております。

サラリーマン、志摩ロードパーティを走る 3

2017年04月19日 04時38分03秒 | 仮装マラソン大会
4月16日 サラリーマン、志摩ロードパーティを走る 3
長さ2キロ近くのくだりである。もう足がよれよれなので止まんない。
坂を降りながら考えた。「帰りの登りどうしよう」
♪人生楽ありゃ苦もあるさ
でも苦が後に来るのってヤダよなあ。多分同じこと考えてるランナーは沢山いたと思う。

失礼に当たると思って写真は撮りませんでしたが、倒れられたランナーさんがおられたみたいで、救急車が来ておりました。うーむやはり熱中症か?
救護の職員が抱きかかえようとすると、
「あっ、大丈夫です。自分で立ち上がれます」
と御本人らしい声が聞こえた。意識はしっかりしているみたいだ。ちょっと安心しました。
無理して自分もならないようにしよう。でもこの気温の高さはいったい何だ?
さて膝を痛めながら坂道を下ると、そこは内海でもある伊雑ノ浦です。ここは地元名産的矢(まとや)牡蠣の養殖とウナギの養殖の産地でもあります。
太陽を遮るものが全くないので、顔が日焼けしていくのが、もろに感じられます。
写真の写りが悪いのは、エイドの水分補給をガンガン繰り返しておるうちに、カメラをしまってるビジネス鞄に大量の水をぶっかけてしまい、写りが悪くなってしまっておるのです。
防水カメラを買っておいて良かったー!

景色は最高なんですが、暑さでフラフラしながら走ってました。14キロの折り返しでも写真撮り忘れたほどです。この時点では平地にもかかわらず、歩いてるランナーが続出。
太鼓の人達です。写真を撮っておきながら、私、記憶にございません(笑)。あかん、暑さで意識がもうろうとしとる。
この近くで自販機を見つけたので、炭酸を買って飲みました。2本も(笑)。
ランナーさん達が、炭酸飲んでる私を見て笑っております。でもこの2本で生き返った!
うめえ!こんな美味い炭酸飲んだの久しぶりだ!・・・ゲップ!
15キロを過ぎて、何とか走り続けております。暑いけど何とか走れる。足は動く。
この桜の木のエイドで、トイレ休憩。
エイドの子供が、
「おじさん暑そうだね」
「暑いねえ。君はTシャツで涼しそうだな」
「お母さんが帽子を被れって言ってた。おじさんは帽子無いの?」
「おじさんは貧乏で帽子が買えないんだ」
「大人なのにお小遣いが無いなんて不思議だなあ」
わははは、子供は面白いなあー!
3分ほど足を止めましたが、再びランニング再開。
海がきれいだな。ここら辺まで来ますと、半分ぐらいのランナーが歩いておりました。仕方がありません。もう暑くて暑くて。
私はゆっくりですが走ってどんどん抜いて行きました。がここまで。
暑い。
暑い。
暑い。
あー、暑さで気が狂いそうだー!
もうだめだ。
吊革を掴んで掲げている右腕を下げたところ、肘に溜まっていた汗がジョロジョロ流れ出て来た。雨具みたいになっとる。
最後の2キロの坂道で、とうとう足が止まってしまった!あー!
途中のエイドでダンスをして下さった子供達です。君たちの元気を頂いてもうちょっと頑張るぜい。とは言っても歩く(笑)。
坂道を上がって、最高地点に到着しました。写真は看板が目当てではありません。その下でストレッチをする美女が素晴らしい(←何撮ってんねん)。

残り2キロ。ここからスピードアップだー!伊勢志摩ロイヤルホテルの交差点を過ぎて、最後のダッシュである。ガンガン抜いてくぜい!
中年の頑張ってる皆さん、応援ついでに下のバナーも押してね。
にほんブログ村 格闘技ブログ 柔道へにほんブログ村
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サラリーマン、志摩ロードパ... | トップ | サラリーマン、志摩ロードパ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。