システム管理人

職場や生活の中で気づいたことなど記録しています

Raspberry PiへのRaspbianのインストール

2017年08月13日 | 自作

Raspberry Pi3で使用できるOSはいくつもあるようですが、最初は、動作確認を兼ねて、標準的なRaspbianを導入してみます。

◯microSDカードのフォーマット

FAT32でフォーマット

◯NOOBSのダウンロード

以下のサイトからNOOBSの最新版をダウンロードして展開したものをmicroSDカードにコビーします。サイズが1.4GBでダウンロードは、30分くらいかかります。

https://www.raspberrypi.org/downloads/noobs/

◯microSDカードをセットして、Raspberry Piに電源を入れて起動

キーボード、マウス、モニターを接続して、電源を入れます。モニターに何も表示されなかったら、電源などの接続を確認します。

◯Raspbianを選択してインストール

日本語、キーボードを選択してインストール。これも結構時間かかります。30分くらいかかりました。

◯Raspbianを起動

Raspbianの初回起動時は、日本語入力や表示ができないので、Raspbianの設定画面から、言語とタイムゾーン、Wi-Fiの設定などをする必要があります。

◯感想

ちょこっとだけ触ってみての感想は、スンゴーイの一言です。かなり以前PCにUbuntuを導入してみたことがあるので、ほとんど違和感なく操作できましたが、ちょうど同じ感じです。ほとんど自動的に接続されてしまうのが、不思議なくらいです。何万円も出してパソコン買う時代じゃないんだなーと思いました。専用のモニターとスピーカーをとり付ければ、このまま使えそうですね。

【参考】

2017年3月2日リリースのRaspbian Jessie with PIXEL(version4.4)インストール

https://itdecoboconikki.com/2017/03/12/raspbian-jessie-with-pixel-version-4-4/

第51回「新しいOS、Raspbian Jessie with PIXEL」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Raspberry Piでハイレゾを楽... | トップ | Raspberry Pi3でVolumioを使... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL