システム管理人

職場や生活の中で気づいたことなど記録しています

amazonプライムは「買い」でしょうか??

2016年10月17日 | 日記

年間契約3,800円のamazonプライムは果たして買いなんだろうか。

月額に割り戻すとわずか317円の買い物。たばこ1箱、あるいは、喫茶店で飲むコーヒー1杯よりも安いかもしれません。

要は、十分にサーピスを利用できてるなら十分に価値があるのでしょうけど、使い方次第ですよね。

多分、一番簡単なのは、amazon ミュージックなのかもです。CDを買うと、CDの現物が送付されてきて何度でも再生できますが、同様にamazonプライムでCDを購入しなくても、聴き放題のサービスを受けられます。もともと音楽好きの人なら、このサービースはかなり有効かもしれません。

amazon君がやってることは、日常生活のコスト意識に対する、ある種挑戦なのかも。

僕は、好きなものはお金払って「自分のもの」にしたい、という欲求があるし、「自分のもの」なら、いつでも聞けるからという安心感があります。でも、本当に、いつでも音楽を聞けるのか、というと、職場で仕事中に聞くことはできないし、もちろん音楽を聞くための端末が必要になります。

私は、欲しいCDをとりあえず、片っ端から「ほしいものリスト」に登録していました。買うときは、まとめ買いするといいかな、という感覚です。知らないうちに、だいぶ欲しいものリストの中のCDも溜まってきたのですが、ほしいものリストにれようとすると、Prime Musicで無料で聞けますよ、、というメッセージが出るようになってたんです。あらら、驚き。

 

それから・・かなりPrime Musicにはまってます。30年位前、学生の頃によく聞いてたLPアルバムのリマスター版が無料で、聞けます。ダウンロードもできるみたいです。ここで、「聞けます」というのは、インターネット経由のストリーミング再生のことを言ってますが、ダウンロードもできてしまうのは、すごいですよね。

でも、こんな記事もあるので、気をつけましょう。僕は、すでにハマっちゃってる気がしますけどね。

 

アマゾン「プライム」に米国人は死ぬまでに15兆円支出

http://www.msn.com/ja-jp/money/news/%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%82%be%e3%83%b3%e3%80%8c%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%80%8d%e3%81%ab%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e4%ba%ba%e3%81%af%e6%ad%bb%e3%81%ac%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%ab15%e5%85%86%e5%86%86%e6%94%af%e5%87%ba/ar-AAj0j4l?ocid=spartandhp#page=2

 

そんなこともあって、私なりのPrime Musicの使い方をまとめてみたいと思います。まだ、あまり使いこなしてないですけどね。ほとんど直感です。

○「お客様におすすめのプライムアルバム」に注目する

私の場合、好きなアーティストを見つけると、ほとんどシングルには目もくれず、アルバム単位で買いまくります。もちろん、最終的には、好きな曲、あまり聞かない曲はあるのですが、アーティストが出している「アルバム」の中での「曲」を結構気にしますね。、私は。そこで、「プライムアルバム」だと、アルバムをまるごと聞けるので、これば便利です。本当に気に入れば、ダウンロードとか、CDの購入も検討できますから便利です。

 

○amazonの「おすすめ」を過信しない。でもうまく使う

まず、「過信」するのはやめましょう。要するに、amazon以外での情報も活用するという点と、amazonの中にもいろんなチャンネルがあるので、知ってる曲とか、持ってるCDをわざと選んでおいて、「おすすめ」の傾向をコントロールするくらいの余裕がほしいです。そもそも、Primeアルバムになってるアルバムはかなり少ないです。特定のアーティストの全アルバム聞きたいとか言うのも、全く無理そうです。

 

○Prime Musicだけが音源ではない。使い分けは必要。

どちらかと言うと、Prime Musicは、私にとっては程度の良い中古のアルパム探しみたいな感じかもしれません。なにしろタダですしね。わざわざお金出してまで買うほどでもないけと、昔聞いた懐かしい曲を聞きたいとか、BGM的にヒット曲を聞き流すのに向いてると思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PlayStation VRやっぱりほし... | トップ | ホームネットワークでのフォ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL