住職のひとりごと

広島県福山市神辺町にある備後國分寺から配信する
住職のひとりごと
幅広く時折々の思いを語る

大覚寺の研究1

2007年10月16日 08時40分01秒 | 世間話
大覚寺は今年、中興後宇多法皇の入山700年を迎え、10月24から26日にかけて大法会が行われる。24日に38名の檀信徒とともに参詣する。この機会に、ここ國分寺の本山でもある大覚寺とはいかなるお寺なのか、ここにまとめておきたいと思う。

大覚寺はいうまでもなく、旧嵯峨御所嵯峨山大覚寺・真言宗大覚寺派の大本山である。大同4年(809)に即位した嵯峨天皇は、都より離れた北野の地をこよなく愛され、壇林皇后との成婚の新室である嵯峨院を建立、これが大覚寺の前身・嵯峨離宮である。

嵯峨野は、その昔から野の花が咲き競う大宮人の行楽地であり、月を愛で、花を賞し、皇族貴族の遊猟を楽しむ場所であった。嵯峨の地名は、唐(中国)の文化を憧憬していた嵯峨天皇が、唐の都・長安の北方にある景勝の地、嵯峨山になぞられたものである。

その後弘法大師とのやり取りを見ても、嵯峨天皇は、漢詩文にすぐれ、それらは勅撰漢詩集「凌雲集」などに採用され、書道の三筆にも列せられる、平安前期を代表する文化人として高い素養を備えた方であって、また当時としての国際性を併せ持っておられた。

嵯峨天皇は、平安建都の完成者とも、今日にいたる皇室という伝統を築いたとも言われている。前時代の律令体制を修正し補足した格式を中心に政治を執られ、中国の新しい文化を伝えた入唐求法の僧侶たちにも深く帰依された。特に弘法大師空海は恩を賜り、弘仁7年に高野山開創の勅許を与え、同14年には東寺を下賜された。

弘法大師が、留学僧として20年間の滞在期間をあえて2年ほどで帰国した禁を犯したがために九州で足止めされて京の都に入れなかったのを許したのも嵯峨天皇であり、またその請来した経典類を評価し、真言宗という新しい教えを一宗として認めたのも嵯峨天皇であった。そのことを思うとき、この嵯峨天皇というお方は、真言宗にとって、誠に大きなご恩を感じる。

弘仁9年(818)春の大飢餓に際しては、天皇は、「朕の不徳、百姓何ぞつみあらん」と言われ、嵯峨天皇、壇林皇后とも衣服、常膳を省減し、人民への賑給を尽くすとともに、弘法大師の導きで一字三礼されて般若心経を書写された。その間皇后は、薬師三尊像を金泥で浄写され、弘法大師は、持仏堂五覚院で五大明王像の宝前で祈願したという。そのときの宸筆・般若心経は、現在も勅封として大覚寺心経殿に伝えられている。

この精神は後々までも引き継がれ、天変地異のあった天皇は自ら般若心経を書写して大覚寺に奉納することが恒例となって、後光厳、後花園、後奈良天皇などの宸翰が残されている。

嵯峨天皇は、皇位を淳和天皇に譲位されてのち、嵯峨野に20年間住まい、寝殿などの増築や中国の洞庭湖に模して東西200メートルもある大沢池をつくり、池泉舟遊式庭園が造園された。その北側には、藤原公任(きんとう)の歌で有名な名古曽の滝が造られている。百済からの渡来人が造ったと言われており、水落石の石組みが今に残る。

離宮嵯峨院が嵯峨天皇崩御の30年後の貞観18年(876)、嵯峨天皇の長女で、淳和帝の皇后であった正子は、政争によって廃太子となっていた第二皇子の恒貞親王を初代の住職恒寂法親王として、嵯峨帝と淳和帝の威徳をしのび、寺院に改められ、初めての門跡寺院・大覚寺として再出発することになった。

当時、田地が36町あったと記録されている。因みに恒寂は、丈六の阿弥陀像を造ったと言われるが、当時から、大覚寺の中心は、嵯峨天皇の宸筆般若心経であった。

恒貞歿後、仁和寺を開く宇多法皇がたびたび参詣し、詩宴を開いた。その弟子であった寛空が大覚寺第二世となり、その後、三世定昭が興福寺一条院の出であったが為に、290年ばかり一条院が大覚寺を兼務することになり、藤原姓の住職が続く。

鎌倉時代、文永5年(1268)後嵯峨天皇が落飾して素覚と名乗り大覚寺に住職されて、後嵯峨天皇の子亀山帝がその後に続き、門跡寺院として復活。そして、さらにその子である後宇多上皇が徳治2年(1307)に寵愛していた妃・遊義門院を亡くされた哀しみから仁和寺で出家。金剛性と号して、大覚寺に遷られ法皇となって、大覚寺で、4年間にわたって仙洞御所として院政を執られたので、大覚寺が「嵯峨御所」と呼ばれるようになった。

この頃、承久3年(1221)承久の乱と言われる後鳥羽上皇を中心とする公家勢力が幕府打倒の兵を挙げるという事件があり、皇室の結束を弱めるために幕府が干渉して、皇位が皇統や所領の継承を2分する調停を行い、亀山・後宇多の皇統は、後嵯峨、亀山、後宇多の三人の天皇が大覚寺に門跡として住したことにより大覚寺統(南朝)と称され、以後、後嵯峨天皇第二皇子の後深草帝の持明院統(北朝)と争うこととなる。

持明院とは、京都上京区にある藤原道長の曾孫、基頼が建てた邸内の持仏堂のこと。後深草天皇が、譲位後御所としたことから後深草天皇の系統を持明院統という。つづく

(↓よろしければ、一日一回クリックいただき、教えの伝達にご協力下さい)

にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

日記@BlogRanking



ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『般若心経は間違い?』を読... | トップ | 大覚寺の研究2 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
助けて下さい (金剛智三藏)
2008-04-11 06:05:43
はじめまして。ブログとは、関係なくいきなり失礼とは思いますが
私は、人間関係や自分自身の生き方に悩み、仏教の本を読んだり、お経を読んだり、四国遍路を廻ったりして、パソコンもやった事ないし、携帯サイトも良く知らぬまま、携帯でとあるブログでブログを始めました。
面白可笑しく半生を語り、分かった様に仏法を語っておりますと、アクセスも数千になり調子に乗っておりました。

半月程前からおかしなコメが入り出し、誹謗中傷というより、じわじわと私は貴方の事を知っていると少しずつ私生活の等身大の私を暴いてきます

僕と母しか、知らない筈のお寺(一般的でない)の話をいきなりし出したり、僕の名前の一部を書いてみたり…

ブログやっている事は、誰も言っていないし…又、ブログで知り合った方に聞いたら、一人危ない人が居てその人が、追い込みをかけてどんどん辞めて行ったとの事です。

その人は、何故かの相手の明かしていない個人情報(名前や住所など)まで調べ尽くすとの事です。

ブログ管理会社に、連絡しても返事が来ないし、警察や他に問い合わせても、まず管理会社に確認しなさいのみです。
程々、困り果て怖くて仕方がないです。

他者が自分のブログにログインし、パスワードをクリアし、マイページに入り個人情報、名前や年齢、住所など また、その人のブログにいつ、何回行ったとか、
言っていない事を
調べられるということはありえるのでしょうか?

いきなり失礼とは思いますが、お助け下さい。
追伸です。 (金剛智三藏)
2008-04-11 06:15:03
その人は、プロフのみでブログを持っていないので、言われたその危ない方の人のブログに行って内容を見、プロフのみの方の方に戻ってみたら、見ているのはわかっていると言わんばかりの写真や内容を載っけて、プレッシャーをかけて来ます…

実家の場所も知っているかもしれません

どうしたら、宜しいでしょうか…
また、失礼します。 (金剛智三藏)
2008-04-11 06:21:05
その僕のブログに、来る人物と危ない人(ハッカーの様な)と言われてる人は、同一人物の様です。


また、失礼します。 (金剛智三藏)
2008-04-11 06:21:08
その僕のブログに、来る人物と危ない人(ハッカーの様な)と言われてる人は、同一人物の様です。


長々すみません。 (金剛智三藏)
2008-04-11 06:31:05
このままでは、どこまで本当に調べあげてるのか、わからないので辞めるにも怖くて辞められません。


アドバイスお願い致します。
返信 (全雄)
2008-04-11 08:53:49
金剛智三蔵さんへ、何を怖がっているのですか。自分のことが世間に知られることがそんなに怖いのですか。調べているという人から何か脅されているのですか。脅されるようなことがないなら、平然としていた方がいいのではないですか。少しばかり、自分のことがネットで流れても、それであなたの生活が壊されるということはないのではないですか。そんなに怖いのなら、ブログやらを止めてしまわれたらよいのではないかと思いますが。いかがですか。
お返事ありがとうございます。 (金剛智三藏)
2008-04-11 09:44:10
僕は仏教に感動し、ようやく生かされている、全てに助けられていると感じる事が出来ました。世の為又は、目の前で困っている全ての生き物に微力ながらも、出来る限り手を貸して生きたいと前向きになれました。

しかし、過去の僕は酷いものだったと思いますし、やましい事も沢山あります。今も少しあると思います。それが知れると、仏教の良さをブログで世の中に少しでも伝えて、悩みのヒントになり、皆心が少しでも楽になり、助け合って生きたいと思っても説得力がなくなってしまうと思います。ぼくには、やはりまだ資格がないのでしょうか?そして、何より実家の住所などが(悪意のある犯罪者集団かも知れない)人間に知られると母の身など心配になり、恐怖を覚えます。


動じない心が、必要なのでしょうか…


ですが、ご住職のお言葉で少し落ち着きを取り戻しました。

ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。