キサラギ・ジュンの税務小説 『日本人のパナマ文書リスト公開ー住所別』『NORADテープー撃墜した戦闘機』

『イミテーション・ゴールド』『微風のマニラから』『天皇財産と課税』『ナピサン』『大統領になれなかった男』

長女は神様  微風のマニラから(2)  キサラギ最終版

2016-10-12 12:12:45 | 微風のマニラから
□長女は神様

長女は神様である。Nと田辺が田舎(プラビンス)の生家にいったときの話である。
生家といっても床があるわけじゃない。電気も勿論ない。水は井戸水。蝋燭で暮らしている。
マリア象だけはあって、その脇の竹でできた壁に死んだ父や母の写真の脇にひときわ大きく長女の写真が飾られていた。
長女なくして家計は成り立たないのだ。
勿論、働いている父もいるにはいるが、大抵、マニラに出稼ぎに来ていて、年何度も家に帰らない。
帰れないというべきか、田舎へのバス代(600ペソ)は三日分の給料と同じだ。
マニラの労働者はそのまま、工事現場に寝泊りしている。
田舎から子供らが皆出てきて一緒に工事現場に住んでいる場合もある。トイレはない。
周りの湿地帯でやる。
雨が川に押し流してくれる。

□どれくらい遠いか

日本とは3千キロ離れている。アメリカとは約1万キロ離れているから日米どっちに近いかというとそれは全く日本で、フィリピン人の多くも西洋人よりは日本人に愛着を持つ。中国・韓国も近年訪比するようになったが人気は今一のようである。
日本人はナント言ってもお人好しだし、金払いがいいことも原因しているだろう。

□ノリメタンヘレ
ツチヤは海舟で暇に任せてNと話し込んでいる。
ツチヤにとってはこのホテルの日本人観光客ほど彼の心を癒してくれる者はいない。
特に津軽弁を話す日本人なんて滅多にいない。
「フィリピンの名前なんでついだと思う?」とN。ツチヤは「フィリピナスだべ。
マゼランのあど・・・・レガスピ(Miguel Lopez de Legaspi 1505-72)がサマール(東サマール)さ来たんだ。
そのとぎスペインの国王はフェリーペ二世だ。それでフィリピンとした」「なんでも知ってんるんだな」
「AP・・・バランガイに住んでるんだべ・・・バランガイって何だ?」とN。
ツチヤは「バランガイはもともとマレーが乗る船のこどさ。
マレー人フィリピンに来た。部落を作った。
それで街の単位がバランガイで統一された。マルコスがやったらしいよ」
「イヤたまげだな。同じ青森県人だとは思えね。ほだ!(そうだ)これからオメ(君)をケンジンと呼ぶべ」
「ケンジン?」「ホレ・・・賢いと意味の」
「ア・・賢人」「そだ。県人でなくて賢人」
それでケンジンツチヤは博識を紹介することになった。
「マニラってどういう意味だ?」とN。ツチヤは「マニラの意味はマイニラから来た。
タガロク語でニラッド(藍の一種)の生えているところという意味」と答える。
「マゼランは?」とN。
ツチヤは「1521年マゼラン(Fernao de Magalhaes 1480-1521)は東サマールの沖合いオモンオン島に上陸した。
セブ島、マクタン島で住民と交戦、戦死した」と短く答える。
「ナ~スやたらと多いな。この国は・・・」とN。ケンジンも同感であるがなぜかは知らなかった。
これには宗教的背景がある。ここではアウグスチヌスの戒律がたくさんの修道会を形成している。
たとえばドミニコ会、七つの騎士修道会、聖三位(さんみ)一体会など。
「やたら尼さんやナ~スが多いのもわかるだろう、Nさん」とケンジン。
「あ・・そか。タナベさんそれでナ~スと会えだというわけだな」とヘンに感心する。

「リサール公園に行って見るべか?」とN。
Nはセックス以外も貪欲である。「ところでリサール、リサールってうるさいけど、オットオレでも知ってるよ。
ケンジン。オレにもシャベらせろ」実際、マニラはこのリサールを除くことはできない。
マニラの中心部マニラ湾に面したエルミ~タ地区に、ロハス大通り(デューイ大通り)に面してリサール公園がある。
太平洋戦争でマッカーサーの本部となったマニラホテルと米陸海軍クラブ(現アメリカ大使館)の間にあるからある意味、皇居前広場のようなものである。香港の老人朴は戦時中、海軍野戦病院(丁度ここにあった)で療養した。
マニラホテルでAPのおば~ちゃんと二泊三日の恋愛をした。
APの祖母はナ~スだった。
 
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 微風のマニラから(1)  ... | TOP | バンカーツチヤ 微風のマニ... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL