マチンガのノート

読書、映画の感想など  

オープンダイアローグへの危惧 2

2017-06-19 00:26:37 | 日記
オープンダイアローグで強調されているところに、
様々な人が治療側として参加できる、というのがあるが、
そのようなことに飛びつくのは、境界例や依存症の人のような、
他人をコントロールしたい、支配したいという欲求を持つ人が多いだろう。
事前に文献を読んだり、解説を受けたりしていても、そのようなタイプの人は
患者の立場の人をコントロールするため、様々な方法で周囲の人も巻き込むだろう。
また、そのようなタイプの人は、セルフモニタリング能力が低いために、
さまざまな虚偽のことを言っても、自身が覚えていないことが多いそうだ。
 臨床心理士資格制度が作られた背景として、当時の様々な〇〇セラピーなどの
自称治療者、自称専門家と、ある程度の専門知識と経験がある人を区別しなければ、
さらに被害者が増えるというは大きかっただろう。
様々な自称治療者、自称専門家も、自身が不安定で、他人をコントロールしたい、
支配したいという人が多かったのだろう。
オープンダイアローグはそのような経緯に逆行する面が出ないよう
事前にかなりの仕組みを考えるべきだろう。

以下の小説は境界例、解離性障害への対応の難しさが読みやすく描かれていて
参考になる。
参考文献:「症例A」多島斗志之
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武装した特殊部隊員がホーム... | トップ | こういう傷痍軍人の人ってす... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。