つぶやき、或は三文小説のやうな。

自由律俳句になりそうな、ならなそうな何かを綴ってみる。物置のような実験室。

覚書

2017-03-15 20:21:48 | 文もどき
スローンチャ!
私が話せる、唯一のゲール語。
とてもきれいなグラスをふたつ、買うことに決めた。届いたら、ジェイムソンを注いで呑みほすつもりでいる。乾杯。
ファド。
宿命の名を持つポルトガルの民族歌謡。あかりを落として唄うのだとか。
瞽女唄。
盲いた女性が活計のために喉を震わせたという唄。遠い記憶に聞いたのは、おそらくは勝新映画の中ではなかろうか。
ファドと瞽女(唄)はあまりにも似ている、とその紳士は重い息を吐くように教えてくれた。

閑話休題。
ポルトガルにはファド、スペインにフラメンコ、フランスならシャンソン、イタリアはカンツォーネ、スイスにヨーデル、アルゼンチンにタンゴ、ブラジルにはサンバ。日本に民謡。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そのことについて、まだ語る... | トップ | クリンビュー »

コメントを投稿

文もどき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。