つぶやき、或は三文小説のやうな。

自由律俳句になりそうな、ならなそうな何かを綴ってみる。物置のような実験室。

This is America

2017-06-19 20:40:02 | 文もどき
この小説は、紛れもなくアメリカだ。
アメリカそのものと言っていい。
むかしネヴァダで見かけたハーレーに跨るスターズアンドストライプスと革ジャンのイカした爺様くらいに。どストレートに。
勇敢で怖れを知らず、屈託のない朗らかな、傲慢なまでに善良なアメリカはヴェトナム戦争で挫折を知り、9.11で不寛容を覚え、ハリケーン・カトリーナで喪失を味わった。
メランコリックな青年期を迎えたアメリカを、人類最良の友がゆく。
荒野をゆく聖者のように、奇蹟の体現として。
哀しみと背中合わせの馬鹿騒ぎも、無謀と紙一重の勇猛さも、愁いが連れてくる思慮深さも、底抜けの慈しみも、何もかもが愛おしい。
そして何より、ギヴ、きみだ。
世界は複雑さを増していくようだけれど、せめて心のありようは自分で決めたい。
そう、できるなら、きみのように。

『音もなく少女は』という邦題がとてもよかった。そして、今回もまた。改題することに賛否を問うことはしないし、日本のタイトルはいささか説明すぎると思うこともあるが。
もっとも、『ギヴ・犬とアメリカの物語』でも私は読んだろうと思うのだけれど。

その犬の歩くところ(ボストン・テラン/文春文庫)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひとこと | トップ | 祈りと叫び »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。