グループZAZA

「君が代」不起立処分大阪府・市人事委員会不服申立ならびに裁判提訴当該14名によるブログです。

「日の丸・君が代」強制反対・大阪ネット通信(5/15)

2017-05-17 11:53:04 | 大阪ネット
「日の丸・君が代」強制反対・大阪ネット通信(5/15)をご覧ください!

―教育勅語、「日の丸・君が代」は森友学園への道―
「君が代」不起立でクビ?!6・2(金)集会〔18時半~エル5F〕
 ①報告:2017卒・入学式をめぐる状況、再任用拒否への闘い・判決批判
     減給処分最高裁不当棄却・教科書問題・森友学園疑獄との闘い等
 ②講演:「君が代」処分と共謀罪(「君が代」弁護団・永嶋靖久弁護士)
  「日の丸・君が代」強制反対・大阪ネット主催〔資料・カンパ500円〕 

今卒業式での不起立戒告処分1名を合わせて、11年「君が代」条例・12年職員基本条例以降の「日の丸・君が代」処分はのべ62名となります。また不起立を理由とした再任用拒否も今年の2名を含めて9名に。梅原さんも今年1月、校長からの「(今後)起立斉唱の職務命令に従うか、『はい』か『いいえ』で答えよ」との質問に対して、「生徒の就職の面接でも、このような質問には答えないように指導しているので、答えることはできない」と回答したところ、再任用不合格に。5200筆以上の署名や抗議にもかかわらず、府教委は撤回しないままです〔もう一人には非常勤の職も4月になってから取り消しに〕。

 これらの処分の起点となった12年の翌年2月に大阪で日本教育再生機構が「タウンミーティング」を開催。元首相・安倍が参加、「(条例が)閉そく状況にあった教育現場に大きな風穴を開ける」と評価し、松井知事と「教育再生」を目指すことを確認し合いました。時を同じくして森友学園は大阪府・国の便宜を受け新たな神道系小学校設立を推進。まさに安倍・維新の軌を一にした「愛国」教育の推進に邁進したことが今日の森友学園の根源です。そして現在も府教育庁は「教育勅語の活用」は問題ないと表明しています。この「教育勅語」や愛国心強制に異を唱える教職員を排除する踏み絵として、「日の丸・君が代」処分が強行されてきたのです。

この安倍・維新による共謀罪の成立、道徳教育の教科化・銃剣道の導入等の「戦争する国」づくりに抗して、現情勢の動向を確認し、今後の闘いへの道筋を探るため、標記の集会への御参加をぜひよろしくお願い致します。

〔行動・予定〕         
5/18(木)教科書の会・対私学課(15:30~新別館南9F)→終了後に集会
19(金)「森友疑惑」総がかり府庁包囲行動(12~13時)
21(日)共謀罪反対集会(14時~靭公園)→デモ
26(金)「森友学園」疑獄糾明!教育勅語・「日の丸・君が代」許すな!デモ(18時~野田中央公園西南入口〔阪急庄内駅西口より徒歩12分〕
27(土)ZAZA講座「久保井則夫さん講演会」(14時~エル709)
〔お問合せは山田:メール:k09059000783@docomo.ne.jp〕
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 良心を踏みにじる内藤判決 | トップ | 史料が示す天皇制・臣民国家... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大阪ネット」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。