グループZAZA

「君が代」不起立処分大阪府・市人事委員会不服申立ならびに裁判提訴当該13名によるブログです。

明日の大阪市教育委員会議に傍聴をお願いします

2016-05-23 19:48:49 | 教科書
大阪の会のI さんからです。

明日の大阪市教育委員会議では、今年度の高校教科書採択方針と教科書閲覧・謝礼問題を受けた大阪市の新ルールが議論される予定でしたが、急遽、それらに加えて、「教科書採択におけるアンケート調査にかかる調査結果報告について」が議題となりました。

大阪市議会・教育子ども委員会での市教委報告への批判と第三者委員会設置を受けて、教育委員会で議論することになったようです。教育子ども委員会での口頭報告を批判された市教委事務局は、文書による報告もするようです。

傍聴にいける方は是非お願いします。

■大阪市教育委員会議
 日時 5月24日(火) 13:30〜
 場所 
http://www.mapnavi.city.osaka.lg.jp/webgis/?ll=34.69379998404501,135.5020027
7157074&mp=1-429&ly=2&ii=131
 傍聴受付 傍聴の受付は、会議場前において、午後1時から開会予定時刻まで。
      傍聴申込が定員を超えた場合には抽選。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「君が代」訴訟 最高裁での闘い―第2回最高裁要請行動へ!

2016-05-20 18:12:44 | 全国から
被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤徹さんからのメールを転載します。

「処分撤回を求めて(402)
「君が代」訴訟 最高裁での闘い―第2回最高裁要請行動へ!」

◆「日の丸・君が代」強制反対の闘いは「戦争への道」を阻む闘い

日本が「戦争する国」へと歩み出した歴史的岐路に立ち、この1年の「日の丸・君が代」強制反対の闘いの中で、「『日の丸・君が代』強制は戦争への道」という言葉が語られてきました。

2003年、「憲法を命懸けで壊す」と公言した石原都知事(当時)の下で、都教委は「日の丸・君が代」の実施を「学校経営の最大の課題」と位置づけ、10・23通達を発出したのであした。10・23通達体制下、職員会議での挙手採決を禁止する「学校経営適正化」通知(2006年)等により、都教委は処分による恫喝で「もの言わぬ教員」を作り出そうとしてきました。卒入学式などでの「君が代」斉唱時の不起立・ピアノ不伴奏などで処分された教職員は延べ478名(2016年4月現在)にのぼります。この大量処分は東京の異常な教育行政の象徴です。

2011年〜2012年の一連の最高裁判決は、戒告処分を容認したが、職務命令には「間接的制約」があるとし、減給処分以上の機械的累積加重処分に歯止めをかけました。職務命令を違憲とした反対意見の他に、都教委に「謙抑的な対応」を求める補足意見も多く出されました。にもかかわらず都教委は、
10・23通達を見直すどころか、最高裁判決を無視して処分を出し続けています。

これに対して私たちは、13年間にわたり、都教委と正面から対決して、裁判と運動を車の両輪として粘り強く闘い続けてきました。

◆都教委の暴走を止め、10・23通達体制を打ち破るために

しかし都教委の暴走はとどまるところを知りません。不起立等を理由とする処分を出し続け、最高裁で違法とされた減給処分まで出しています。更に「再発防止研修」を質量共に強化し、被処分者に対する精神的・物理的圧迫による「イジメ」で抵抗を根絶やしにしようとしています。
  
こうした状況を突破するために、10・23通達が違憲・違法であり、戒告処分が取り消されるべきという最高裁判決を勝ち取り、10・23通達体制を打ち破らねばなりません。


◆最高裁判決を前進させよう!―違憲判断、戒告処分取消、損害賠償を!

そして今、最高裁第三小法廷に以下の2つの事件が係属しています。三次訴訟の裁判長裁判官は大橋正春裁判官(第1東京弁護士会出身)です。

①東京「君が代」裁判第三次訴訟(上告人49名 07〜09年処分取消請求)・・・地裁・高裁で減給・停職処分計26名・31件取消、戒告処分容認、損害賠償を認めず。当方が違憲判断、戒告処分取消、損害賠償を求め最高裁に上告及び上告受理申立。

②河原井さん根津さん07年停職処分取消訴訟・・・東京高裁で全面勝訴(①河原井さん停職3月取消、②根津さん停職6月取消、③両名に各10万円の損害賠償命令)。東京都が上告及び上告受理申立。

最高裁が、①三次訴訟、②河原井・根津事件の両方について、何らかの「統一的判断」をするものと思われます。

私たちは、あくまで2011年〜2012年の一連の最高裁判決からの前進(①違憲判断、②戒告処分取消、③損害賠償)をを目指して下記最高裁要請署名、要請行動を取り組んでいます。絶大なるご支援、ご協力をお願いします。


◆最高裁要請行動に参加しよう! 最高裁に思いをぶつけよう!

「教職員に国旗国歌を強制する真の狙いは、生徒への強制です。「安保法制」が強行採決された今、立憲主義・平和主義と同時に教育も危機に瀕しています。本裁判にあたり、改めて原告の訴えに耳を傾け、憲法に則った公正な判決を下すことをお願いいたします。」(最高裁要請署名より)

最高裁では、通常弁論が開かれないので、最高裁要請は私たちの思いを最高裁に伝える唯一の手段です。第1回最高裁要請では、個人署名7714筆、団体署名169筆を提出しました。その後も署名が続々と集り、累計で個人署名10810筆、団体署名231筆(5月19日現在)に達しています。皆さんのご協力に感謝します。

第2回最高裁要請行動を下記の日程で行い、要請署名を提出し、原告3名が要請します。一人でも多くの参加をお願いします。

*最高裁に入構できるのは17名です。人数がオーバーした場合は調整します。終了後門前で報告集会を行います。

★東京「君が代」裁判第三次訴訟・第2回最高裁要請行動
*集めた署名を最高裁に提出し要請を行います。
 5月26日(木)
  14時45分 最高裁西門集合・時間厳守 
  15時〜 要請
  要請者(予定):OA(現職 戒告)、IT(現職 再処分2回)、TC(行政職・退職 戒告)
 <行き方> 地下鉄永田町駅、半蔵門駅徒歩5分 最高裁南門から左手、国立劇場寄り
●今後も月1回のペースで要請行動を実施します。第3回は6月下旬を予定しています。


◆引き続き最高裁要請署名にご協力ください。

署名用紙は被処分者の会ホームページ(上の段)からダウンロードできます。
  ↓
http://www7a.biglobe.ne.jp/~hishobunshanokai/

*署名用紙は個人署名用、団体署名用の2種類あります。


◆粘り強く闘われている「日の丸・君が代」強制反対の裁判の傍聴をお願いします。

★東京「君が代」裁判第四次訴訟第11回口頭弁論
(東京地裁民事11部。2010〜13年処分取消請求、原告14名)
 7月27日(水)
  10時30分傍聴希望者集合(傍聴抽選なし・先着順)   
  11時開廷 
  東京地裁527号法廷(定員42名)
  報告集会:場所未定。追って連絡。
*毎回満席で入廷できない人が多くいます。早めにお出でください。


4・22都教委要請書掲載。
三次訴訟最高裁要請署名用紙 ダウンロード可能。
「お知らせ」、通達関連裁判進行状況等随時更新。
各種判決文、声明文、行動予定、資料等入手可能。
************
「日の丸・君が代」不当処分撤回を求める被処分者の会
東京「君が代」裁判原告団
事務局長 近藤 徹
携帯:090−5327−8318
e-mail:qq947sh9@vanilla.ocn.ne.jp
事務所:〒160−0008 新宿区三栄町6 小椋ビル401号
被処分者の会HP↓(4月22日更新。下の青のアドレスをクリック・アクセス可)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~hishobunshanokai/
************
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

速報!大阪市議会は教科書アンケート不正疑惑で第三者委員会の設置を決定!

2016-05-19 20:35:52 | 教科書
大阪の会のI さんからです。

速報です。

大阪市の教科書アンケート不正疑惑追及は新たなステージへ入りました。
5月19日の大阪市議会・教育子ども委員会は、市教委の口頭での「問題なし」の報告を認めず、第三者委員会を設置して徹底調査を求める陳情書を自民・公明・共産の賛成(維新は反対)で採択しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪市教委のあまりにもいい加減な「教科書アンケート不正疑惑調査」

2016-05-19 05:15:47 | 教科書
大阪の会のI さんから、本日の大阪市議会・教育子ども委員会傍聴のお願いです。

大阪市での教科書アンケート不正疑惑の真相究明に関して市教委が市議会にアリバイ
的な「真相究明の結果」をだし、この問題の幕引きをはかろうとしていることが明ら
かとなりました。
それを受けて、明日の大阪市議会・教育子ども委員会では、私たちが提出した「大阪
市の育鵬社教科書採択にまつわる不正疑惑を調査する第三者委員会の設置を求める陳
情書」の採択の可能性が高くなりました。
明日の教育子ども委員会は、大阪市教委の教科書アンケート不正疑惑をうやむやにし
てしまうのか、第三者委員会を設置して徹底調査の方向に進むのか、きわめて重要な
委員会になります。

是非、多くの市民が関心を持っていることを示すためにも、ぜひ、傍聴をお願いしま
す。
陳情書の審議は、15時頃からになるようです。
ただ、これはあくまでも予定ですので、少し早めに集まっていただければありがたい
です。
よろしくお願いします。

■5月19日の大阪市議会・教育子ども委員会の開催予定
  日時 5月19日(木) 13:00
  場所 大阪市役所P1階傍聴者控室
  傍聴受付 12時30分から受付 傍聴受付場所:市役所P1階傍聴受付
  
■共同通信ニュース
教科書アンケート「問題なし」複数回答問題で大阪市教委
2016/5/17 21:00
http://this.kiji.is/105273766911377415?c=39546741839462401

 大阪市教育委員会が昨年の教科書採択の参考とした無記名アンケートに同一人物が
複数回答を提出したとみられる事例が多数あった問題で、市教委がアンケート方法や
採択手続きに問題はなかったとする調査結果をまとめたことが17日、市関係者への取
材で分かった。
 19日の市議会教育こども委員会で報告する。ただ調査は市教委内部の聞き取りなど
が主で、議会関係者は「徹底されていない」と指摘。市民団体も内部調査では不十分
だとして、第三者委員会の設置を求めている。
 市教委は昨年8月、中学社会科教科書に保守色の強い育鵬社版を初採択した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪市教科書アンケート不正の調査結果の文書報告書はなし!そんなばかな!?

2016-05-16 21:09:22 | 教科書
大阪の会のI さんからのメールを転載します。

■大阪市での教科書アンケート不正疑惑の真相究明に関して

大阪市教委が、5月19日の教育子ども委員会で報告する調査結果は、文書の報告書になっていないことがわかりました。口頭で報告することになるだろうとのことでした。

真相究明の報告は、調査員、調査期間、調査方法、調査内容、結論が記された報告書を作成すべきではないでしょうか。この点だけでも、市教委の調査がいかにいい加減なもので、第三者委員会による徹底した調査を求める根拠になると思います。

市議会での議員の質問に、口頭で曖昧な発言をして逃げ切ろうとしているようにしか思われません。

■5月19日の教育子ども委員会で、この問題を終わらせることはできません。

◇至急、大阪市教委に、第三者委員会を設置し、市民にオープンにした真相究明をあらためて行うように要請してください。

要請先 大阪市教育委員会 指導部中学校教育担当
     TEL 06-6208-9187 FAX 06-6202-7055 
     メール http://www.city.osaka.lg.jp/kyoiku/soshiki_list.html

◇5月19日の大阪市議会・教育子ども委員会を傍聴してください。
  日時 5月19日(木) 13:00
  場所 大阪市役所P1階傍聴者控室
  傍聴受付 12時30分から受付 傍聴受付場所:市役所P1階傍聴受付

コメント
この記事をはてなブックマークに追加