チホーの生活の知恵

良い人生を過ごす為のコメント。
日常生活・健康・仕事・利殖・etc..

「イチゴ鼻」という病気

2017-06-09 17:46:26 | Weblog
「イチゴ鼻」という病名を聞いたことがありますか?

実は僕は5年ほど前に「イチゴ鼻」になり、皮膚科に診療に行ったことがあります。

「イチゴ鼻」とは鼻の汗腺が詰まって、皮下からの油が皮膚の表面まで出ることができず、細菌感染して鼻の頭がイチゴの様にブツブツになって赤く腫れることです。

医師はびっくりして「蜂に刺されたのか?」と質問しましたが、そうではないと返答しました。
医師自身も病気の実態を理解していないようなので、自分でネットで調べたところ、「イチゴ鼻」と自分で診断しました。

鼻の汗腺が詰まっており、汗腺の奥から汗が出ない状態なので、とりあえず鼻の表面に詰まった油の塊みたいものを除去することにしました。

一気に除去することは困難と考えて、とりあえず歯ブラシで毛先が柔らかくて細いものを買い、ついでに洗面様クリームソープを買いました。
そして、鼻の頭にソープを付着して、買った歯ブラシで鼻の表面をサラサラと1分間ほどなでました。次に水で流した後に、タオルで鼻の頭を拭き、タオルの上から手で鼻の頭を強く握ってみました。すると、汗腺の穴の奥から黄色い油みたいものがニュルッと出てきました。
そして、その後に医師からもらったクリームを塗りました。

このような処置を1日に3回ほど繰り返していたところ、最初は鼻先は真っ赤だったのですが、徐々に鼻を強く握ることを止めて、鼻の洗顔と通常のクリームを鼻先に塗るようにしました。

以後徐々に「イチゴ鼻」状態は改善しました。

そして、イチゴ鼻に罹患する前までは朝の洗顔は水のみだったのですが、現在はかならず洗顔ソープで顔を洗っています。なお、顔を洗う前に鼻の頭に洗顔クリームを付着して鼻専用の歯ブラシで軽く鼻の頭をなでることは今も続いけています。

結局、鼻の頭に油が溜まって不潔になって細菌感染したということですね。

皆さんも、歯ブラシ使用は別として一日1回は顔を洗顔しましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相場が曲がり始めた | トップ | 切られた肺は再生しない »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事