ザウルスでござる

真実は受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルスの法則

「スマートメーターへの取り替え」 拒否 は、意外に簡単!

2017-06-12 08:56:00 | 電磁波

「スマートメーターへの取り替え」 拒否は、

意外に簡単!

 

昨日(2017.06.11.)、わたしの家に、以下のチラシが入った。

なんと、翌日にスマートメーターに交換すると言っているではないか!

すぐに、工事会社に電話をして、取り替え工事を拒否した。呆気ないほど簡単であった。

 

 

そもそも、スマートメーター とは何か?

 

 

スマートメーターは、従来の今までのメーターと大きな相違点がある。それは電気使用量を検針員の目視によってではなく、 無線電波によって勝手にデータ送信される という点である。

 

 

しかし、この電波の電磁波 (EMF) の強さはスマホの比ではない。携帯電話の160倍と言われている。 

  

しかも24時間四六時中送信しているのだ。

 

 

つまり、“スマートメーター” に取り替えると、その家は 非常に大きな電磁波源 を一生背負い込むことになるのだ。

 

あなたとあなたの家族が、その電磁波源にさらされながら今後ずっと暮らしていくことを選択することを意味する。

 

 

従来のメーターはアナログ式で、無線ではないが、われわれ電力利用者の側には今まで何の不便もなかったのではないか? わざわざ 無線送信のスマートメーターに交換するメリット が、電力利用者の側にどれだけあるのか考えていただきたい。 はっきり言って、ゼロである! 本当にゼロなのである!

むしろ、デメリットのほうが圧倒的に大きい。メリットは電力会社の側にしかないのだ!

 

 

日本でも海外でも 「電力会社は “利益” (PROFIT) だけを追求する」

つまり、“市民の健康や安全は考慮外” ということである。 それが、資本主義の論理である。

 

 

 

電力利用者にとってのデメリットもいろいろあるが、最大のものは言うまでもなく 電磁波による健康被害の危険性 である。

 

 電磁波は目に見えないので、気がつかない人が多いが、さまざまなかたちで長年にわたって、わたしたちの “身体” と “脳” に損傷を与え続ける。

 

「ただちに健康被害が生じるというわけではないだろう」 と “枝野ふうに” 思うひともいるかもしれない。

   

 

  ただちに影響しない」  

うーむ、実に名言ではないか。たしかに “即死” はないかもしれない。

 

 

  

しかし、電磁波過敏症のひとたちの場合は、すぐに頭痛、めまい、吐き気、などの健康被害が発生することも珍しくない。

 

 

 「でも、被害をこうむるのは どうせ 少数のひとだけだろ」 と考えるひとは “カナリヤ理論” というものを知らないのだ。

 

かつて炭鉱では坑夫たちはカナリヤを鳥カゴに入れて、坑道に入って行ったものだ。坑内で発生することがある有毒ガスを検知するためである。

カナリヤが止まり木から落ちたら、坑夫たちはいっせいに坑内から避難したのである。

「カナリヤが落ちたって、俺は別に平気だよ」 と言っていた坑夫は子孫を残すことはなかったであろう。

 

電磁波過敏症のひとたちは、“現代のカナリヤ” と言える。

 

 

海外ではスマートメーター取替えに反対する運動が何年も前から広がっている。日本でも非常につつましく広がっているが、スマートメーターの危険性について何も知らない人がまだまだ多いのが現状である。

「スマートメーターって何だ?」 というひとが多いのは、日本のマスコミが電磁波の危険性について、申し合わせたようにずっと口を閉ざしているからである。

先進諸国ではどこでも問題になっているのに、東電をはじめとした 電力会社の絶大な支配下 にある日本の “マスコミ” と “電通” が “忖度” し、電力会社に便宜を図って、「寝た子を起こす」 ことのないようにしているのである。

財界大手の電力会社

 

 権力の “提灯持ち”

 

 警戒心ゼロの日本国民

 

日本国民はいつでも財界の利益のために無防備な状態に置かれたまま犠牲にされている。

原子力発電所の危険性についてマスコミがずっと沈黙していたこと、むしろ “安全神話” を、ついこのあいだ、高らかに謳っていたことを思い出すべきである。

 

あなたは 「3.11」 から何を学んだか?

日本人には、“何度でも騙される” という悲しい習性があるようだ。

 

スマートメーターの電磁波の危険性について何も知らずに取替えに了承したが、取替え後、健康障害が出てきたというケースが海外だけでなく、日本でもすでにたくさんある。

 

 

 

「スマートメーターへの取替工事です」 と言われると、スマホ(スマートフォン)をふだん “使い倒している” ひとたちは、電気のメーターも “スマート化” して便利になるんだ、と無邪気に思っているものである。

まったく日本人ほど “新製品” に弱い国民はいない。“新しいものに取り替えること” は、「いいことだ」 、 「当たり前だ」 、 と思っている脳天気なひとが圧倒的に多い奇妙な国なのだ。

 

 

電力会社は、スマートメーターの危険性やデメリットに対する一般大衆からの批判や警戒心が欧米諸国のように高まらないうちに、さっさと “取替え” を済ませてしまおうという魂胆で、現在、全国津々浦々で取替工事を急ピッチで進めている。

下請けの無数の電気工事会社にとっては、数十年に一度の、笑いの止まらない “スマメ特需” なのだ。 (スマメ = スマートメーター)

 

急げ、急げー! 稼ぐのは今だあ!

 

あなたの家はどうだろうか? その家のご主人が知らない間に、無邪気な奥さんが了承してすでに取り替え完了というケースもよくあるそうだ。 

 

 この記事の最初に、「工事会社に電話をして、取り替え工事を拒否した。簡単であった。」 と書いた。 そうである。拍子抜けするくらい簡単であった。以下がその際の電話のやりとりである。

 

====================

「あの、 “スマートメーターへの取替工事のお知らせ” というチラシがはいっていた、△△市 ◇◇町 の ### ですが、うちはスマートメーターへの取替を拒否します」

     「は?」

「家族に電磁波過敏症の者がいますので、取替えはせず、今までのメーターでお願いします。」

     「はい」

「今電話に出られているあなたのお名前をお聞かせ下さいませんか?」

     「はい、 %%% です。」

「はい、それでは、取替工事はしないようにお願いしますね」

     「はい、わかりました」

====================

 

これだけである。 実にものわかりのいい担当者であった。 実は、ザウルスはいろいろと “押し問答” になることを予想していたのだ。 幸い、そうならなかったのは、どうやらわたしのような “スマートメーター反対派” に対する “応対マニュアル” がすでに存在していて、「無理強いはしない」 という原則になっていると思われる。

 

<注 意>

チラシが入ったら、とにかく、すぐに電話して上記のように拒否するのがいちばんである。放っておけば、不在でも取り替えられてしまう。電気のメーターは家の外壁にあるので、家人が留守でも取替工事はできてしまう。

いったんスマートメーターに取り替えられてしまったら、従来のアナログメーターに戻すのは困難である。下手すれば、一生 強力な電磁波源 を背負いこむことになる。 24時間休むことなく一定の間隔で強力な電磁波を放射し続けるのだ。

 

WHO(世界保健機構) でも、スマートメーターは “クラス2Bのガンを引き起こす原因” として分類されている。

 

 

 

当然、家の壁もらくらく透過し、住人は不断に “被曝” することになる。 これは避けようがない。

 

昨今、ただでさえどこの家庭でもスマホだの、WiFiだの、オール電化だの、スマート電化だの、電波(電磁波)を出す電化製品が増え、電磁波の発生源は増えるいっぽうである。

 

しかし、このスマートメーターは家の中からこそ見えないが、おそらく どこの家庭でも  最大級の電磁波源” になるであろう。

当然、あなたとあなたの家族の健康水準がガクンと引き下げられることになる。さまざまな健康障害が家族にじわじわと出てくることになろう。何も出てこないわけがない!これは時間の問題である。幼い子供ほどダメージは大きい。まずは、学校の成績が下がる。当然だろう。

 

 

考えてみて欲しい。従来のアナログメーターに、あなたは何か不満があったであろうか?何か不便を感じていただろうか? どうだろうか? 何か思いつくだろうか? 

従来のままで何の問題もなかったはずだ。 “検針のおばちゃん” が来たってかまわないだろう。 従来のままで、あなたが損をすることも何もないのだ。

むしろスマートメーターになってから電気代が上がったという報告すらある。電力計を従来型からスマートメーターに交換したら、電気料金が急に上がったという苦情が、海外からも国内からも噴出している。

 

 

電力会社が直接に集中管理するわけだから、コンピュータ操作によって電気使用量を常に数パーセント、数十パーセント水増しするようにプログラムされていても、電力利用者のこちらには一切わからないのだ。わかりようがないではないか! まったくのブラックボックスになってしまうのだ。 

仮に各戸0.1%水増しするだけでも、チリも積もれば莫大な不当利益が発生するであろう。

こうしたことは従来のメーターでは不可能である。

電力会社がすべてのデータを集中的に一方的に掌握するようになると、利用者が電気代について何か疑問をぶっつけても、まったく無意味になってしまう。電力会社から 「はあ?」 と言われて、一言も返せなくなるのだ。電力会社の “一元支配” になってしまうのだ。 おかしくはないか?

 コンピュータ管理であるいじょう、誤操作、誤動作、ハッキング、データ流出といったリスクに常にさらされることになる。停電が起きやすい、発火することがあるという海外の報告もある。

 

 

もちろん電力会社は、スマートメーターの “安全性” について “まことしやかな説明” を用意している。 実は、電磁波についてあまり詳しくない市民を丸め込めることは、いとも簡単なことなのである。

彼らは数字のデータや電磁波測定器まで用意して、丁寧に “証明” することだろう。 しかし、それらはみな “トリック” である。

周到に用意された “トリック” である。

 

 

電力会社の言うことほど信用できないものはないことを、まともな日本人は “3.11”  で学んだはずだ。

  

 

現代のわれわれの家庭生活は大きく電気に依存している。“電気なし” ではもはや生活できないとも言えよう。

冷静に考えて頂きたい。自分の家庭にとってそんなにも大事な “ライフラインの根幹” をどうして易々(やすやす)と明け渡してしまうのか?

“電力会社の都合と利益” のために、今度はスマートメーターの電波で自分の個人情報を24時間四六時中 “開示” し、 しかも、代わりに自分のほうに “最大級の健康被害のリスク” をしょい込むというのは、どう考えても正気の沙汰ではない(INSANE)。

 

チラシが入ったら、即座に先手を打って阻止しないと、後悔することになるだろう。

「そう言われても “拒否” するのはちょっと・・・」 とためらう平均的 “日本の常識人” に言っておこう。 べつに  「拒否」 という言葉を使わなくてもいいのだ。 「取替えは希望しません」 でもいい。

いったん見送る意味で、 「取替えは希望しません」 にしておいて、あとになって、やっぱりスマートメーターに取り替えようと思った時点でいくらでも交換できるのだ。電力会社はそういった “心変わり” はいつでも大歓迎である。なので、まずは取り替えずにいて、しばらく様子を見るというのが、慎重な対処の仕方かもしれない。

  

 

 

 

 

 

 さて、日本では ・・・

 無邪気な国民 ・・・

 

無防備な国民 ・・・

 

 

 

 

それ、今のうちだ、急げー!

 

世間が騒ぐ前に終わらせろー!

 

 取替えちゃえば、こっちのもんだー

 

 “スマメ特需” に狂奔する下請けの電気工事業者たち

スマートーター (スマメ

 

スマートメーターの危険性については以下のサイトを参考にされたい。 (言うまでもなく、ザウルスは電磁波の専門家ではない)

 

電磁波問題市民研究会

 

警告】スマートメーターで健康被害は大丈夫なのか!#電磁波

 

【危険を隠蔽】スマートメーター全家庭に。電力10社 2024年度末に大幅前倒し!国民の無知につけこむ。

 

< ザウルスでござる の記事はすべてリンクフリーです >

 

関連記事: スマートメーターだけではない! “日本列島 WiFi 化” に突き進む日本?

 

関連記事: 自動車は “走る電子レンジ” (1) 日本経済最大級のタブー

 

 

関連記事: あなたの “電磁波環境” をチェックする : 今のあなたの状態はどれだけ危険か?

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (41)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« YouTube が削除した動画が視... | トップ | 「スマートメーターと健康被... »
最近の画像もっと見る

41 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご案内感謝 (希ノ醍 輝平左ヱ門)
2017-06-12 12:44:54
ザウルス様、有難うございます。
そのように簡単に家族を守れるなら良いですね。 
私の経験を話します。昔住んでいた場所で、居住家屋の上に貼られていた電線を外してもらった経験があります。信じていただけるか分りませんが、当時、私の母の寝室の上を通るように電線が張られており、その下で寝泊まりしていた母は、脳出血を発症しました。私は原因を母の老齢の他に、屋根の家に貼られた電線から発生していた電磁波の悪影響もあったと判断しています。私はその後、電力会社に掛け合って電線を取り外してもらいました、2箇年がかりでした。
電線を外した直後、母の病状が好転したのを、覚えています。今から16年も前のことです。
手遅れでした…… (山百合)
2017-06-13 13:01:34
ザウルス様、はじめまして。
皇室問題からこちらにたどり着き、
勉強をさせていただいております。

スマートメーターというものを初めて知りました。
もしや……と思い、我が家のメーターボックスを見に行くと既にスマートメーターになっていました。

マンション住まいのため、知らないうちに一斉に変わっていたのかもしれません。
何かお知らせでも入っていたかしら?

また、さらに残念なことに、私の寝室はメーターボックスに面しており、就寝時の私の頭とスマートメーターとの距離は多分1メートルも無いかもしれません。

いまさら元に戻してもらうことは可能なのか。
無知は恐ろしいですね……。
山百合 さま (ザウルス)
2017-06-13 13:40:10
戸建ならば、従来のアナログメーターに戻したようなケースはありますが、共同住宅の場合、戸別にそれが可能かどうかは残念ながらわたしにはわかりません。
ネットで調べると同様のケースがあるはずです。探してみて下さい。

あなたの場合、就寝時は頭がメーターボックスから1メートル足らずというのは、考えられるかぎり最悪の状況だと思います。自殺行為に匹敵します。
まずは、とにかく寝る場所を今日から変えることです。
せめて頭と足の向きを逆にすることです。電磁波は距離が非常に大きなファクターです。とにかく遠ざかることです。
ありがとうございました (山百合)
2017-06-13 21:02:29
ザウルス様

アドバイスありがとうございます。
まずは今夜から頭の向きを変えます。
メーターの取り替えについても調べてみます。
山百合 さま (ザウルス)
2017-06-13 21:21:27
さっそく 「資料篇」 として、「電磁波問題市民研究会」 を紹介する記事を作りました。非常に有益なサイトで、スマートメーターや電磁波の問題に地味に取り組んでいる信頼性のある団体です。
参考になる記事がきっと見つかるはずです。
スマートメーター (稲田)
2017-06-14 12:20:51
賃貸のマンションでも拒否は可能なのかなと思いました

この記事をTwitterにあげても
良いですか?
Unknown (たか)
2017-06-14 14:24:37
初めまして。
この記事を見て、確かうちはこの前やってたような…
と思い東京電力の問合せセンターに確認したらスマートメーターに替わってました…10年に一度取り替えるとこになっていて、以前のは生産をやめたので、取り替える事はできない、国の方針で全てをスマートメーターに切り替えると言われました…30分に一度の電気の使用量を知った所で何もメリットがないのに。デメリットの方が遥かに大きい!何の為にって感じですね…電気代が高くなるような記事もあったので、それもたずねたら、そんな事はないですね〜!と若い女の子が薄ら笑いながら、説明してきましたよ!
稲田 さま (ザウルス)
2017-06-14 14:52:45
「この記事をTwitterにあげても良いですか?」  はい、どうぞ。ザウルスの記事は、すべて無断転載可です。


「自動車は走る電子レンジ」 も併せてどうぞ。
http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/b27d0a5ba3680b031848ebe22db26f9f?fm=entry_awc
たか さま (ザウルス)
2017-06-14 14:56:42
電力会社の説明ほど信用できないものはないことを、われわれは3.11で学びました。
電力会社にぶらさがっている電気工事会社の人間も同じです。本当のことを言いません、というか、彼らも染脳されています。
賢くならないといけない! (南魚もん)
2017-06-14 18:01:39
ザウルス様 身近で有益な情報ありがとうございます
幸いにも我が家ではまだスマートメーターになっておらず、スマメに取り替えの知らせがあったら拒否したいものだと思います

わが地元は都市ガスではなく、プロパンのボンベなのですが
数年前、ガスメーター本体の交換ではなく、メーターに小型のデータ発信機を接続されており
これは、スマメ的なものなのか心配なので、ガス会社に電話してみました
わかったことは
・ガス使用量のデータを送るのは月一回だけ
・異常な長時間連続のガス使用があった場合にデータを送りガスを止める
・中に電池が入っており、電磁波は出てないと思う

対応してくれた担当者は感じよく丁寧に説明してくれて
今のところ一応は心配なさそうに思いますが、この先はスマメに交換の可能性もありそうです

自分の身は自分で守るしかありません
ネットのおかげで、有益な情報は自ら取りに行けばいくらでも見つかります
賢くネットを活用していきたいものです
うちも (小野)
2017-06-14 18:15:44
スマートメーターでした。来週、電磁波を測りに担当者がきます。アナログに変える為には、なんて言ったら良いですか?教えて下さい。
小野 さま (ザウルス)
2017-06-14 18:25:49
小野 さま のような方が潜在的にはかなりいらっしゃると思います。そういったひとたちのために、以下のようなもう一つの記事を用意しました。ぜひごらんください。

「スマートメーターと健康障害」 資料集: 電磁波問題市民研究会 より

http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/3b7edc9a052e25569951810a4a92f21c
でも (がたろう)
2017-06-15 07:28:12
自分だけ拒否しても周りの家々(住宅密集地)では意味がない感じです 結局は長いものに巻かれろでしょうかね。
がたろう さま (ザウルス)
2017-06-15 08:53:38
「自分だけ拒否しても周りの家々(住宅密集地)では意味がない」

それを “完璧要求のトリック” といいます。相手の論が “完璧” でないことをあげつらって勝ち誇っている品性の卑しい反論です。
まずは自分が拒否できなくては話にならないでしょう。違いますか?隣の家にも拒否を勧めるのも、自分が拒否できてなくては説得力がないでしょう。
あなたは社会的な問題を個人が一挙に解決できないからといって、「意味がない」 「長いものに巻かれろでしょう」 と言っているのです。非常に幼稚な発想です。
まずはあなた個人から始めなくては 「意味がない」 のですよ。

この記事は昨日だけで2万7千人のひとが見ています。その中には 「拒否」 を決意したひともいるはずです。こうしてネットを通じて警告することが 「意味がない」 と言えますか?
あなたのように 「どうせ ・・・ でしょう」 と後ろ向きに考えるひとばかりではありませんよ。
Unknown (せせ)
2017-06-15 10:14:08
一戸建て賃貸の為既に取り替えられていました。
寝室からスマートメーターまでの距離は10m以上はありますが、 どれくらい距離を離した方が良いのでしょうか?
大家はこんなこと言っても信じてくれないし、絶対に変えてもらえないので…
せせ さま (ザウルス)
2017-06-15 11:26:36
まず、「寝室」 だけが問題なのではありません。どの家でも壁を隔てて電気メーターと接している部屋があるはずです。まずは、そこが最初に問題となります。
電磁波の影響範囲等については、以下の記事をごらんください。

「スマートメーターと健康障害」 資料集: 電磁波問題市民研究会 より
http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/3b7edc9a052e25569951810a4a92f21c
電磁波 (kenny)
2017-06-15 12:45:09
発信者様
電磁波の影響は気になるところです。
具体的にどのような事例があるか披露してください。

起こりうる概要しかありませんね。
私は、最近スマメに交換しました。

マンションの玄関脇の鉄扉の中にあります。
背面は20CMの鉄筋壁です。
お願いします。
kenny さま (ザウルス)
2017-06-15 13:26:03
電磁波の影響の事例としては、以下の別記事をごらんください。

「自動車は走る電子レンジ」 
http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/b27d0a5ba3680b031848ebe22db26f9f?fm=entry_awc
有益な情報ありがとうございます (ころん)
2017-06-15 14:12:06
田舎なので、まだ切り替えられていませんでした。ほっとしました。
「電磁波過敏症の家族います。スマートメーター拒否」と、養生テープに書いて貼りました。
見えない害は、教えてもらわないと、わからないですね。
ザウルスさんに、感謝しています。

こういうのも、スマートメーター開発した業者が、利益の為に、電気会社の上層部と繋がり、大量に売って広めているのではと、疑ってしまいます。
スマートメーターを研究してる人は、私たちよりも電磁波の怖さを知ってると思うのに。
ころん さま (ザウルス)
2017-06-15 14:54:44
お役に立ててうれしいです。
わたしも身近な友人や知り合いにもこの記事を知らせています。
デジタル化、無線化は避けられないものではありません。現に海外では反対運動の勢いに押されて、自治体単位でスマートメーターがもとのアナログメーターに戻されているケースも出てきています。
住民の健康には替えられないという主張が通ったのです。反対する人間が増えれば、強引な押しつけは出来なくなってきます。
最近寝られてないのはこのせい? (吉岡達哉)
2017-06-15 16:32:28
こんにちは、FBに投稿されてたのをみて来ました。スマートメーターに交換するとはチラシに書いてなくて、知らないままに交換してしまいました。機器使用満了に伴う交換との事でしたが、今回の記事を読んで怖くなり関西電力に電話をしました。問い合わせが多いのか電磁波測定と、そのほかの検針などでの使用状況などについて説明していただけることになりました。妻も子供を身ごもっており余計に心配です。確かに交換してしばらくしてから私だけですが眠りが浅いなどの影響があるように思います。どうしたら元に戻せるのでしょうか?
電磁波の数値として (吉岡達哉)
2017-06-15 16:39:09
電磁波は悪影響しかないのですが、今回電磁波を測定に来るという事なのですが、どのくらいの電磁波が出ていたらアウトなのでしょうか?教えてください
吉岡達哉 さま (ザウルス)
2017-06-15 17:02:31
今回のこの記事の目的は、“広く警鐘を鳴らす” ことにあると考えています。
個々の家庭のそれぞれの問題については、“入り口” として以下のようにもう一つの記事を用意しました。ぜひごらんください。

「スマートメーターと健康障害」 資料集: 電磁波問題市民研究会 より
http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/3b7edc9a052e25569951810a4a92f21c
Unknown (せせ)
2017-06-15 18:35:19
お返事ありがとうございます。
古い木造の古民家でして、
玄関の外にスマメが付いています。
玄関入ってすぐの部屋は、
10畳の部屋なのですか、
そこはまず使用することはなく、
日用品や保存食を置いています。
寝室からスマートメーターまでは10mくらいになります。
今の時代生きていたら、電磁波を避けて生きるのは限りなく不可能に等しいので、解毒する食べ物は意識して取るようにしています。
過去記事読ませていただきましたが、アバウトなので、もう少しリアルに知りたいです。
交換後なら (練斗陣)
2017-06-16 18:13:11
対策は無いわけではない。スマートメーターを一旦外して(簡単だよ)その裏の壁面に電磁シールドを貼るだけ。
こういうの。
https://www.amazon.co.jp/.../ASIN/B00C0M68RA/rentojin-22
この0.5mmで、かなり防げるけど、1mmってのも有ってそれは効果でかい。
ドラレコ使ってる人なら知ってるし、ラップトップでも安定性上がるよ。
練斗陣 さま (ザウルス)
2017-06-16 20:54:54
貴重なご提案ありがとうございます。
どれだけの効果があるかはわかりませんが、何もしていないよりはいいかもしれませんね。
ただ、効果があやしいものを “お札” のように貼って、安心してしまうのは却って危険かもしれません。

とにかく一日中、そして一年中放射しているものです。スマートメーターの前は歩けません。できることなら、アナログメーターに戻すのが理想でしょう。

練斗陣 さま : 電磁シールド (ザウルス)
2017-06-17 00:14:40
スマートメーターの電磁シールドについて海外の事例を調べました。それらによると、

1) スマートメーターのある壁の内側つまり、部屋の壁に貼る。

2) 壁全面に貼る。天井から床までを壁全幅に貼る。

3) 壁に窓がある場合は、窓にも窓枠にも貼る。
 
4) スマートメーターが家の角近くにある場合は、両方の壁の内側に貼る。

5) スマートメーターと同じ大きさのものを裏に貼ったのでは、無いのと変らないようです。 そのくらいの大きさでは おまじないの “お札” のようなものです。

6) スマートメーターのある側には犬小屋を置いてはいけない。

7) 日本では、電磁シールドは1メートル幅の切り売りで、長さ1メートルで1万円くらいします。

ご参考までに。
Unknown (NM)
2017-06-18 08:59:26
ザウルス様 
重要な情報をありがとうございます。
先日検針員が来ましたが、スマートメーターに関する告知書類は置いていきませんでしたので私の住む地域ではまだ始まっていないようですので、友人知人にこちらの記事を紹介しておきます。娘が電磁波過敏症でプリウスに乗せてもらうと気分が悪くなりますので、案内が来ても拒否します。
NM さま (ザウルス)
2017-06-18 09:36:21
同じ町内でも順にやっているわけではなく、メーターの寿命が10年だそうで、旧いものから取り替えているようです。
「プリウスに乗せてもらうと気分が悪くなる」 とのことですが、ハイブリッド車の中でもプリウスは特に電磁波が強いようです。それも後部座席が。

「後部右座席が、最も高かったようで、2491nT=24,91ミリガウススウェーデンの磁場規制値、2.5ミリガウスの、約10倍という結果に、なっています。」

「自動車は “走る電子レンジ” (2): 欧米で槍玉に上がる日本車プリウス」
http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/73bac9abeb30c80b2760025351ab4e03
Unknown (田中)
2017-06-18 18:17:13
私は、新電力との契約時に交換を拒否しました。
賃貸でも、拒否は可能ですよ。

その他、電力会社に頼めば、スマートメーターの通信機能だけを止めてもらう、ということも可能です。
田中 さま (ザウルス)
2017-06-18 21:28:13
「賃貸でも、拒否は可能ですよ」   貴重な事例報告をありがとうございます。

ただ、通信機能だけを止めて、使用量は検針員が目視しに来るということでしょうか?

本当に通信機能を止めているかどうかをわれわれが確認できるものでしょうか?

それができないとしたら、わざわざスマートメーターに取り替える意味がどれだけあるものでしょうか?
頭膿んでるんじゃないの? (Joker)
2017-06-19 14:13:46
頭膿んでるんじゃないの?
どっか秘境の国にでも移り住んだ方がいいよ?
Joker さま (ザウルス)
2017-06-19 14:42:39
“誹謗中傷” しか書き込めないということは、どうやらまともな反論ができないようですね。

この記事へのアクセスは昨日ですでに12万回を超えています。すでに “スマメ拒否” を決意したひともかなりの数にのぼるはずです。

マスコミが本当のことを知らせようとしないいじょう、わたしのようなブログ主が警鐘を鳴らすしかないのです。たとえ あなたのような悪質な人間からの “誹謗中傷” があってもです。
Unknown (Unknown)
2017-06-22 06:32:05
もっと、もっと、たくさん訴えて電磁波ゼロの世の中にしましょう。

まずは、貴方が電磁波ゼロの生活をすることです。

頑張ってください。
Unknown さま (ザウルス)
2017-06-22 20:07:04
そういう要求を 「完璧要求のトリック」 と言います。
相手にとって無理な要求を突き付けて、勝ち誇った気になっている品性の卑しい人間の言い草です。

相手にばかり要求して、自分は高みの見物を決め込んでいる卑怯な人間の言い草です。

こういった 「完璧要求のトリック」 が使われるのは、ほとんどの場合、相手の主張に一貫性と説得力があって、反論しようにもスキが無い場合です。

まともな反論ができない場合に、腹いせに使われる “トリック” で、本人もうすうす自分の主張がフェアでないことを感じているのです。

要するに、 ただの “イチャモン” なのです。
メーター交換 (一市民)
2017-06-23 21:32:44
当方も交換済でした。電灯と電力の2個です。

私は電磁波過敏症なので、電話してアナログメーターに交換をお願いしました。
部署を転々として、答えてくれた女性は親切に話を聞いてくれ、在庫があれば交換しますと約束してくれました。数日後電話が来て、在庫が無いので電波が出ないようにする方法で良いかというので了承しました。

更に数日後、検針員が伺っても電波が飛んでいないと検針できないことが判った、幸いアナログメーターの在庫が見つかったので、近日中に交換に伺います、と実に親切に対応してくれました。
身体をお大事にとまでメッセージを頂けました。

次回交換時には在庫はないし、製造もされていないだろうとのこと。過敏症の方は多いので何とか製造を続けてほしいとお願いしておきました。

この女性、電磁波の弊害や外国や国内での反スマートメーターの問題、オール電化の電磁波問題、すべてよく知っている雰囲気でした。
一市民 さま (ザウルス)
2017-06-23 22:10:14
貴重なご報告をありがとうございます。
アナログメーターに戻させたのは、多くの人たちにとっても非常に心強い前例だと思います。

アナログメーターもいずれ在庫が無くなるなどと業者は言っていますが、悲観的になることはありません。必要とする人が増えてくれば、製造を続けざるをえないはずです。電磁波過敏症の人たちを切り捨てることになれば、これはたいへんな社会問題になります。

電磁波過敏症のひとは実際はもっとたくさんいるはずですが、まだ自分で気がついていないケースが多いのです。
そもそも、自分が電磁波過敏症ではなくても、電磁波が危険で有害だというだけでも拒否する立派な理由なのです。
いつも情報をありがとうこまざいます。 (ゆかり)
2017-06-24 18:06:02
電磁波が体に悪いことは知っていましたが、スマートメーターは知りませんでした。
問合せしたところ、すでに一年前からスマートメーターでした。
電磁波過敏症の者がいるためアナログに戻してほしいと伝えたところ、国の政策だといっていました。知らないうちに取替え、税金も使われているのでしょうか??
また利権が絡んでいるのでしょうか??
無知って怖いです。
後日、担当者より連絡がくることになりました。
みんなが声をあげていけば、力になるとおもいます。詳細は追ってコメントします。
ゆかり さま (ザウルス)
2017-06-24 23:10:37
「みんなが声をあげていけば、力になるとおもいます」   おっしゃる通りです。泣き寝入りしては、電力会社、財界の思うつぼです。国民は大いに “騒ぐ” べきです。

国民の生命と健康が危険にさらされていて、黙っていてはいけないでしょう。特に親たちは電磁波の危険から子供を守らなければなりません。

政府と財界による安全神話で騙されて、日本は 「原発列島」 になってしまいました。3.11で目が覚めたつもりでも、放射能も、電磁波も元は同じで目に見えないので、騙される人は何度でも騙されます。
Unknown (ニャン)
2017-06-28 14:32:58
記事ありがとうございます。
2年前に新築してから、スマートメーターがついていたようです。無知と言うのは本当に怖いですね…
先ほど東京電力のコールセンターに連絡しました。皆さんと同じで、旧型は在庫が無いので通信部分だけを外すと言われました。
でもしつこく在庫を探してもらうつもりです!東京電力なんて信用できないですもん。
在庫が無いならば製造させれば良いのです!

この様な記事を書いて頂き感謝です!!
ニャン さま (ザウルス)
2017-06-28 14:43:53
お役に立てて何よりです。
「無知と言うのは本当に怖いですね」   マスコミがこの重要な問題を “隠蔽” していたのです。「スマートメーター」 という言葉すら目に触れないようにしていたのです。

「在庫が無いならば製造させれば良いのです!」   おっしゃる通りです。この記事を読む人が増えれば、必ず “需要” は増えるはずです。
この記事はすでに12万人以上の人が見ています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
スマートメーターの危険性について何も知らない人がまだまだ多い  (や~べぇのたわごと)
『おおまに』さんより転載開始☆
電磁波過敏症にならないために (飛んで)
「スマートメーターへの取り替え」 拒否