ザウルスでござる

真実は受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルスの法則

YouTube による不正操作の明白な証拠: トランプ氏勝利の教訓

2017-01-29 17:10:10 | 愛子様問題

YouTube による不正操作の明白な証拠: トランプ氏勝利の教訓

YouTube 運営者の陰湿で執拗な嫌がらせにも拘わらず、現在この動画は1日に軽く2万回以上の視聴数を記録しています。

YouTube 運営者 (以下、単に YouTube)による不正な操作、卑劣な妨害、不当な弾圧の事実はすでにお知らせしてあるが、網を張って待っていると、こちらの予想通りにコソコソ数字をいじくっている のがわかる。そのほぼ現場を捕えたので、ご紹介したい。

以下は、YouTube 動画投稿者の動画管理画面である。

緑と赤の数字は、この画面のハードコピーを取った時点である。夕方の15:29 から 16:04 までの35分間 の間の変化が見てとれる。ここで問題にしている動画は、もちろん 「愛子様と替え玉:目歯比率が照らしだす複数の児童虐待?」 である。

 

 

問題の箇所に絞り込んで比較する。

35分間の間に  視聴回数、 コメント数、  GOOD 数、  NO GOOD 数  のすべてに変化が見られる。ふつうは時間が経つにつれて、すべての数値が多かれ少なかれ 増加 する。

 

しかし、この日のこの夕方の35分間では、奇妙なことに、コメント数だけが 激減 している。

楕円部分の 視聴数は35分間に、+208 の増加である。

ところが、コメント数だけが、101 から  35 へと、 -66 という大幅な減少である。

 

そもそもコメントの絶対数が減少するというのはどういうことか? 

どうしてコメント数の絶対数が、一挙に 66件も減るのだ?

書き込んだ人たちが一斉に削除したのか?そんなことはありえない。

 

すでに、前回の報告でも書いたが、コメント数が 100 を超えると、「出る杭は打たれる」 かのように、YouTube はこの動画をガツンとへこますのである。アップロードしてから10日の間にこの動画はもう何度かこれをやられているのだ。

これは不正な操作である。YouTube は不当にわたしの動画の評価を操作、妨害をしているのである。正当な理由をもって説明できない行為である。こういう疾(やま)しい、後ろめたいことをやっているのである。

本音としては、YouTube はこの動画を何とか削除したいのである。しかし、きちんと言えるような正当な理由が見つからないので、今のところ、そこまではできないのだ。その代わりに、コメントを無断でゴッソリ削除したり、コメント数が いわば “100°C” を超えないように、ヤカンのお湯が 100°C で沸騰し始めるたびに冷水を注いでいるのである。

そんな陰湿な嫌がらせをし続ける理由は、一つである。

この動画が、とてつもない社会的影響力” を持っているからである。

 

実際のコメント数はすでに 200 をゆうに超えている。

YouTube 視聴者にはおわかりであろうが、コメント数は、視聴数に次いで重要な指標である。そして コメント数というものは 100 の大台に乗ると、視聴者の目を引き、さらに視聴回数もコメント数も増えていくという弾みがつくのである。

 

“コメント数100超え” の意味

その動画がいかに視聴者にアピールしているかの指標

その動画がいかに論議を呼んでいるかの指標

コメント欄が炎上している可能性の指標 

 

わたしが “100°C” の大台と呼ぶゆえんである。

 

 こうした “数の操作” は、ヒラリー・クリントンとトランプの大統領選挙戦における、ヒラリー陣営による電子投票機の組織的な操作を思い出させる。

 

ヒラリー陣営は、アメリカの多くの州における投票に使用される電子投票機に事前に仕掛けをして、トランプ票よりもヒラリー票が多くなるように “小細工” をしていたのである。

しかし、そうした小細工も押し流すほどの勢いでトランプ票が雪崩を打って、ヒラリー・クリントンは無様(ぶざま)にも潰(つい)えたのである。

 

今、同じような “小細工” をしているのが、日本のYouTube なのである。

 

翌日(2017.01.30) には、視聴数は 11万回 を超えた。英語版と合わせると、12万回 である。

 

ここで視聴数とコメント数とを比べていただきたい。参考までに 10万回を超えた他の動画の例 を挙げてみよう。少なくとも3ケタになっているのがわかる。

あらためてごらんいただくが、この 82 というコメント数は、YouTube 運営者によって 繰り返し 35 まで引き下げられたあとに昇ってきた数字である。いかに不釣り合いな数字であることか。 実際のコメント数は 300 をゆうに超えている。

 

 

2017.02.30 追記:  YouTube が、この動画のコメント数を少なく減らす操作を毎日続けている証拠が以下の記録である。

 

87 から 34 ?  コメント数が、どうして一挙に 53 も減るのだ?YouTube はこの動画に対して、こうした不正操作を連日繰り返して、コメント数の表示を2ケタ台に必死に押えているのだ。

なぜか?

この動画が、絶大な社会的影響力” を持っているからである。

 

 

 

 

YouTube動画へ、クリック

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« YouTube による検閲、弾圧の... | トップ | 目歯比率は10歳には確定か?  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
頻繁に 失礼します (M)
2017-01-29 21:26:46
私の疑問がとけすっきりしました。
やっぱりですかぁ...

あのぅ お尋ねしたいのですが
You Tube 『友沢四郎』チャンネルさんは、
ザウルスさんの別チャンネルでしょうか?
こちらにあの動画がありましたので...
(勿論 ザウルスさんより転載とありますが)

ただ あちらの動画でも同じ仕業の匂いを
感じまして You Tubeご苦労様です。
↑ M さま (ザウルス)
2017-01-30 03:26:01
友沢四郎チャンネルは、わたしとは無関係ですが、わたしのブログ記事を動画にしてくださって感謝しています。あらためて拝見したところ、やはりわたしの動画と同様にコメント数の操作をされている印象がありますね。
しかし、あちらの動画もわたしの動画も視聴数は操作できないようで、それぞれ 10万 を超えています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL