ザウルスでござる

真実は受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルスの法則

「iPhone は人体から5mm以上離して下さい」 はトリック? スマホユーザー必見!

2017-06-26 22:24:55 | 電磁波

「iPhone は人体から 5mm 以上離して下さい」 はトリック? スマホユーザー必見!

  

これは iPhone にかぎらず、スマホ全般について言えることであるが、この 「使用上の注意」 には “トリック” があるように思える。

iPhone では、数年前には 「1.5cm 以上離して下さい」 であったが、iPhone 7 では、0.5cm である。

0.5cm でも 1.5cm でも、要するに、スマホは 「人体に接触させるな」 ということのようである。 

 

以下が、最新の iPhone の実際の 「注意書き」 である。下線は引用者による。

-----------------------------------------------------------------------

iPhoneは高周波(RF) 曝露に適用される制限の検査に合格しています。

SAR (Specific Absorption Rate)とは、人体がRFエネルギーを吸収する比率のことです。
SAR制限は、人体組織1g対象の平均限度を定める国では1.6W/Kg、人体組織10g対象の平均限度を定める国では2.0W/Kgです。
検査では、iPhone高周波は最大伝送レベルに設定され、頭部に密着した使用、人体近く(5mm)をシミュレートした環境に配置されています。

デバイスのサイズによっては、追加のSAR制限が適用される場合もあります。

RFエネルギーへの曝露を減らすために、ハンズフリーオプション(内蔵スピーカーフォン、付属のヘッドフォン、その他の類似したアクセサリなど)を使用してください。
iPhoneを持ち運ぶときは、曝露レベルが検査時レベル以下になるように、人体から5mm以上離してください。
ケースに金属部品がある場合は、検査または認定されていない方法で、デバイスのRFパフォーマンス(RF曝露ガイドラインへの準拠を含む)が変わる可能性があります。
引用元:Apple RF Exposure

-----------------------------------------------------------------------

 ざっと読むと、これといっておかしなところのない、問題のない警告であるように思える。

 しかし、である。

ここには 実に巧妙な “トリック” が仕込まれているように思える。利用者側の “うかつな誤解” を期待しているフシがある。

<不審点 1>

まず、注意書きには 「iPhone を持ち運ぶときは、 曝露レベルが検査時レベル以下になるように、人体 から 5mm 以上離してください。」 とある。 

「持ち運ぶとき」 と言うと、まるで “使用していないとき” のように聞こえないだろうか?電源も切って、バッグに入っているような印象がある。

そもそも、「持ち運ぶとき」 よりは、 “使用しているとき” のほうが電磁波への曝露レベルが高い はずではなかろうか? “使用しているとき” とは、ネットの利用中、メールの送受信、および閲覧中、電話中、などの場合である。

もちろん “歩きスマホ” をしている場合は、まさに “使用しながら” 「持ち運んでいる」 ことになるだろう。いずれにしても、 問題とすべきは、電磁波がいちばん強いはずの “使用中” ではなかろうか? 違うだろうか?

 

 

次の問題は、もっと重要である。

 

<不審点 2

スマホをバッグに入れているときは、おそらくあなたはスマホに触っていないだろう。つまり、あなたの 「人体」 はスマホに接触していないであろう。

しかし、スマホに着信があって、あなたがバッグに手を突っ込み、そのスマホを手にした瞬間、あなたの 「人体」 はスマホから 5mm 以下の距離、つまり、完全に接触 してしまうことになる。

 

あなたの手、あなたの指は、あなたの 「人体」 の一部ではなかろうか?

 

たいていのひとは、「人体から5mm以上離す」 の 「人体」 の意味 を、自分の耳や、ポケットのある胸元や、腰まわりのこと、と考えているようだ。

「耳にぴったりつけないようにしなくちゃ」、 「ポケットでなくカバンに入れよう」 くらいしか思いつかないのだ! 製造者側は、利用者のこうした “ナイーブな誤解” を期待しているフシがある。

 

冷静に考えて頂きたい。

あなたはスマホを持っている “自分の手” を勝手に 「自分の人体」 から “除外” して考えてはいないか?

あなたは、何の根拠があって “自分の手” を 「自分の人体」 から “除外” するのだ?

 

 「人体から5mm以上離してください」

 

すでにしっかりと人体に接触していないだろうか?

 

 

   

 あなたの手” は、 間違いなく 「あなたの人体の一部」 ではないか! 違うだろうか?

 

公平に言えば、「トリック」 と呼ぶのは製造者に対して失礼であろう。 単に使用者の側の “勝手な思い違い” なのである。

 

スマホをもつ指と手は、腕、首を通じて、間違いなく、脳に連続している。さらに体内のさまざまな臓器、つまり心臓、肺、肝臓、膵臓、脾臓、腎臓、リンパ腺、そして生殖器、精巣、卵巣へと連続しているのだ。一つの独立した生体システムに、電磁波が “手” から侵入するのである。

 

 ということは、実は、電源の入ったスマホを手にした時点で、すでに “アウト” なのである。

つまり、あなたは 「注意書き」 に反する使い方 をしていることになるのだ。 “お手つき” なのである。

 

「まさか」 と思う人も多いだろうが、この “落とし穴” に気づいているひとは100万人に一人もいないだろう。

 

もっと詳しく説明しよう。

スマホや WiFi の電磁波が、電子レンジと同じ高周波の電磁波、つまりマイクロ波であることは今さら言うまでもあるまい。

冷蔵庫から出したハンバーグが、電子レンジで温められるのは、ハンバーグ内の水の分子が電子レンジの庫内に放射される高周波の電磁波(マイクロ波)によって振動させられ、その摩擦によって熱が発生するからである。

 

つまり、水分があることがカギである。

 

 

マイクロ波は電磁波の中でも特に水分に吸収されやすい周波数帯なのである。

 

さて、人体の60%は水分である。 子供の場合は70%以上である

 

つまり、あなたの手が電磁波源であるスマホに接していれば、そこから確実に電磁波が吸収されて、あなたの身体全体をめぐっているのである。

 

人体に接触した状態でよほど長く連続使用をしないかぎりは、あなたの人体はさほど発熱しないかもしれないが、マイクロ波の電磁波は発熱までいかなくてもさまざまな影響を人体に及ぼすことが分かっている。

 

人体そのものが、生化学的なミクロのレベルでさまざまな微弱な電気的プロセスによって機能している。そうした複雑で精妙な人体のメカニズムが、スマホや WiFi からの有害な電磁波によって狂ったり、損傷を受けたりすることがあるのだ。あっても何ら不思議はないだろう。

 

 

人体、特に脳には固有の周波数があり、それが外部からの高周波のマイクロ波によって撹乱されることもおおいにありうることである。

 

実はスマホに触っていなくても、マイクロ波が飛び交っている環境では 「人体」 は不断に悪影響を受けている。

そもそもマイクロ波は部屋の壁くらいは楽に透過するので、WiFi 環境の室内にいる水分60%や70%の人体は、当然みんなマイクロ波で絶え間なく何度も串刺しになっている。

 

電磁波源であるスマホを直接手で持っていれば、その影響がより確実で一層大きいということにすぎない。

「人体」 の DNA レベルにおいてもスマホや WiFi からの有害な電磁波によって損傷を受けたり、欠損を生じたりすることが明らかになっている。

 

そして、幼い子供ほど 「人体」 内の水分比は大きいので電磁波はそれだけよく吸収される。そもそも大人よりも身体が小さいので、そのぶん、かぶる影響も大きくなる。

さらに子供の頭蓋骨は大人より薄く、柔らかいので電磁波の脳へのダメージは大人よりもずっと大きい。

さらに子供の免疫系は発達途上のため防御力が弱いので電磁波から受ける悪影響もそれだけ大きなものとなる。

 

あらためて 「注意書き」 を見てみよう。赤字は引用者による。

-----------------------------------------------------------------------

iPhoneは高周波(RF)曝露に適用される制限の検査に合格しています。

SAR (Specific Absorption Rate)とは、人体がRFエネルギーを吸収する比率のことです。
SAR制限は、人体組織1g対象の平均限度を定める国では1.6W/Kg、人体組織10g対象の平均限度を定める国では2.0W/Kgです。
検査では、iPhone高周波は最大伝送レベルに設定され、頭部に密着した使用、人体近く(5mm)をシミュレートした環境に配置されています。

デバイスのサイズによっては、追加のSAR制限が適用される場合もあります。

RFエネルギーへの曝露を減らすために、ハンズフリーオプション(内蔵スピーカーフォン、付属のヘッドフォン、その他の類似したアクセサリなど)を使用してください。
iPhoneを持ち運ぶときは、曝露レベルが検査時レベル以下になるように、人体から5mm以上離してください。
ケースに金属部品がある場合は、検査または認定されていない方法で、デバイスのRFパフォーマンス(RF曝露ガイドラインへの準拠を含む)が変わる可能性があります。
引用元:Apple RF Exposure

-----------------------------------------------------------------------

あらためて見ると、「ハンズフリーオプション」 の意味がよくわかるであろう。

つまり、スマホ本体に接触せずに使用することが可能であることを示唆しているのである。

 

 

“製造物責任法(PL)” を前提にした “法的な予防線” を張っているのである。起こり得る訴訟に対する万全の予防線である。 違うだろうか? 冷静に考えて頂きたい。

 

スマホを手で持って使っている人間は、脳腫瘍や白血病や乳がんなどの健康障害が起きても、文句が言えないようになっているのだ。

「それでは、どう使っていましたか?」 と逆に問われることになる。

 

スマホを手に持った時点で、すでに “アウト” だったのである。

 

「iPhoneを持ち運ぶときは、曝露レベルが検査時レベル以下になるように、人体 から5mm以上離してください。

 

スマホに触れずに操作しなければならなかったのである。指が人体の一部であるならば。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 危険なWiFi: 常に全身、電... | トップ | WiFi はステルス兵器だった!... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (荒天)
2017-06-27 11:39:01
私は携帯を使用してますが買うとき電磁波のことも聞きました。
担当者は枕元に置いて寝ないでくださいと言ってました。
ですが携帯見ながらつい疲れで寝ていることが多いです。(・_・;)

兎に角健康に悪い物が現在は多くで回ってますね、昔同僚に話したところ政府が認可しているのに悪いはずがないと帰ってきまして驚きました。
悪い物は国がすべて排除していると信じ切っている人は意外と現在も多いのでは無いのかと思います。
荒天 さま (ザウルス)
2017-06-27 11:56:39
「政府が認可しているのに悪いはずがない」 と考える人間が日本ほどたくさんいる国はないでしょう。
だからこそ 「原発の安全神話」 一色のまま、日本は原発列島になってしまいました。そして、3.11では、「ただちに健康に影響があるわけではない」 とごまかされていたのに、目が覚めないひとが未だに多いです。はっきり言って、 “幼稚” なのです。

政府や企業は国民の健康よりも金儲けを優先するものです。政府や企業の 「安全基準」 は金儲けに差しさわりのない程度にゆるいレベルにされます。大金を使って医者や科学者に裏付けとなるデータをまとめさせ、都合の悪いデータは巧妙に排除されます。
Unknown (同学生)
2017-06-28 20:18:51
自分もBluetoothイヤホンの使用を考える際に違和感を感じました。
そのBluetoothイヤホンを買った時について来た取り扱い説明書ともう一つ小さな文字でびっしり埋まった技術仕様のプリントがあって、もう捨ててしまったので今は見れないのですが、それに意味不明な文章があったのを覚えています。自分の解釈では安全に使用するためにBluetoothイヤホンを5ミリ以上だったとは思いますが、その程度離して使用して下さいと書いてあったはずです。かなりあやふやな書き方の電磁波暴露の説明だったので、最初は意味がわからず便利だったので数週間使用してしまっていました。でも調べているうちに、今回出て来たiPhoneの話を見つけて、これは使ってはいけないんだなと考えてそれからは使用してないです。
自分の家では、パソコンを使っていると調べ物をしていても、遊んでる扱いされることも多く、目も疲れやすいと思うので、端末を使うことが多いです。昔は複数Wi-Fiに接続していましたが、最近は使用していないときは機内モードにして通信を切るようにしています。
同学生 さま (ザウルス)
2017-06-28 22:37:39
実はわたしも長いこと複数のパソコンを無線LAN で使っていました。それを思いきって有線LAN に替えました。

その前には、ケータイを持ち歩くのをやめ、部屋の隅の壁にかけています。

その前には、固定電話を子機なしの単純なものに替えました。

その前には、電子レンジをヤフーオークションに出して処分しました。

できるところから少しずつ、有害な電磁波から脱却していきましょう。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

電磁波」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL