交響詩篇エウレカセブン

今回の新作4コマ漫画は「交響詩篇エウレカセブン」です。
エウレカの方はなるべく似せようと努力してますが、レントン(男の方)は似せようとしてません。髪型超いいかげん。
エウレカの髪止めと首輪はモデリングではなく、あとから手書きしてます。

「交響詩篇エウレカセブン」ってみんな見てたのかなあ?
一応解説しておくと、TBS系で`06年4月まで日曜朝7時から放映していたSFロボットアニメです。
SFロボットアニメといっても、ガンダムなどのように戦闘やロボットメインの話ではなく、エウレカやレントンをはじめ取り巻きの人物たちのドラマがメインとなります。

実は俺、本放送やってたのは知っていたのだけれど最初から見てなかった。
だって日曜の朝7時なんて普通寝てるよ!
たまたま初めて見たのが22話目くらい。その回に限ってロボットが出てこなくて、俺は「なんだエウレカセブン出てこないじゃん」と毒づき、それ以後見なくなってしまった。まだこのころはエウレカセブン=主人公ロボットの名前、って思っていました。
月日が過ぎ、ネットTVのGyaoでエウレカセブンの過去放送分が放映されていることを知り、1話目からGyaoで見始めました。
第1話~3話くらいまで見た感想は、いわゆる普通のアニメ。ロボットが空中でサーフィンしててカッコイイかも、なんて程度でした。
しかし5話目のゲロンチョ事件と7話の都市型迷彩ジャージで、エウレカセブンに対してググッとはまりだしたのです。コミカルなだけじゃなく、要所要所でじ~んとくるドラマパートがあるんだけど、そこで流れるBGMもいい!まさに交響詩篇って感じで、ドラマと音楽の相乗効果抜群なのです。
もともと俺は涙腺弱い方なので、ちょっとしたいいシーンでも涙ぐんでしまうのですが、24話のパパ・ママエピソードやエウレカのジャージ姿とかニルバーシュに向かって「動きなさい!」と叫ぶエウレカのシーンなどで見事に号泣させれれました。そして26話の感動の再会!!
泣かされっぱなし、というと大げさですが、とにかくいいエピソード満載なんですよ!Gyaoでは現在放映中直前のエピソードまででしたので、当然その次からは毎週日曜朝6時半に起床し、7時の放映に備えるというほどにまで入れ込むようになりました。24話や26話の号泣はもうないだろうな、と思ってたら、泣かす泣かす。このアニメのファンなら誰しも号泣するであろう48話なんかもう、超号泣。時々DVDで見返しているのですが、何度見ても泣いてしまいます。

もしまだエウレカセブンを見たことないって人、ぜひご覧になってください!
ネット上での評判は、佳作だのエヴァのパクリだのいい評価ではないようですが、
俺にとっては名作です!
もし興味がわいて、レンタルしてこようかなと思った貴方!
DVDはまず一気に3巻まで借りてください!1巻には第2話までしか入ってないです。2巻のゲロンチョとか3巻のジャージとか見て、少しでも面白いと思ったのなら、そのままレンタルを続け、中盤の26話まで見てください!ここまでで少しも感動もできないし、なんとも思わないならば、貴方には合わなかったと思ってもらっても結構です。でも、ちょっとでも感動したなら、最後まで見てください!
得にはならないかもしれませんが、損はさせません!・・・と思います!

ご覧になった貴方にとって、「交響詩篇エウレカセブン」が隠れた名作とならんことを祈って。

参考までに、ウィキペディアの解説ページはこちら。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/交響詩篇エウレカセブン

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )
« 「小公女セー... 新作4コマで... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
リンク = エウレカキャラモデル (3d ray=out [エウレカセブン3DCGモデリング])
ACE3にデビルフィッシュ&スピアヘッド参戦でウハウハだな! と、そろそろキャラも恋しくなってきましたので、 このタイミングでエウレカリンク。 雑多駄(ざっただ) 交響詩篇エウレカセブン ちょwwwww