たまにはぼそっと

ふと思いついたことをボソッと書いてみます。

大飯原発運転差止請求事件判決

2014-05-22 09:14:21 | Weblog

こちらに、全文がありました

特に印象に残ったのは以下です

*************************

>原告らは、上記各諸点に加え、高レベル核廃棄物の処分先が決まっておらず、同廃棄物の危険性が極めて高い上、その危険性が消えるまでに数万年もの年月を要することからすると、この処分の問題が将来の世代に重いつけを負わせることを差止めの理由としている。幾世代にもわたる後の人々に対する我々世代の責任という道義的にはこれ以上ない重い問題について、現在の国民の法的権利に基づく差止訴訟を担当する裁判所に、この問題を判断する資格が与えられているかについては疑問があるが、7に説示したところによるとこの判断の必要もないこととなる。


他方、被告は本件原発の稼動が電力供給の安定性、コストの低減につながると主張するが、当裁判所は、極めて多数の人の生存そのものに関わる権利と電気代の高い低いの問題等とを並べて論じるような議論に加わったり、その議論の当否を判断すること自体、法的には許されないことであると考えている。このコストの問題に関連して国富の流出や喪失の議論があるが、たとえ本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失であると当裁判所は考えている。

 また、被告は、原子力発電所の稼動がCO2排出削減に資するもので環境面で優れている旨主張するが、原子力発電所でひとたび深刻事故が起こった場合の環境汚染はすさまじいものであって、福島原発事故は我が国始まって以来最大の公害、環境汚染であることに照らすと、環境問題を原子力発電所の運転継続の根拠とすることは甚だしい筋違いである。

*******************************:


私は、この判決を非常に良いものと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平泉寺白山神社

2014-05-18 08:53:48 | 神社
福井県勝山市平泉寺町平泉寺

717年、泰澄によって開かれたそうです



わが村の神社が白山神社なんで、興味が出て行ってみようと



静かな良いところです











苔がすばらしいです



本殿です


でも、白山神社の本社ではないようです

現在、白山神社は白山比神社を本社としているそうです

白山は加賀、越前、美濃の三国の境界にある山なんで、当初それぞれに神社があったようです

加賀には白山比神社、越前には平泉寺白山神社、美濃には長滝寺白山本地中宮



明治時代に、白山比神社が本社になったようです







コメント
この記事をはてなブックマークに追加