たまにはぼそっと

ふと思いついたことをボソッと書いてみます。

戸隠神社の一本杉と重ね岩

2013-09-23 10:07:51 | 神社
以前、一本杉を見に来ました

でも、「重ね岩」のことはそのときは知らず見過ごしていたので

再度訪問です

地図です

その創建年代不詳。

古くから「九頭(くず)の宮」と呼ばれていて、

平安時代後期の「美濃国神名帳」(983年)に郡上郡7社のうちの1社

「正六位上国津明神」と記述されているのが最も古い記録とのこと。

主祭神は手力雄命




天の岩戸の磐戸が真っ二つに割れてその片割れが

戸隠神社に飛んできたという「重ね岩」

上部の岩は推定42トンの重さがあり、片手でグラグラと動かすことができるそうです。


試したかったけど、やめときました・・・

巨石信仰は、古代・・いつごろでしょう?縄文以前?  からあるんで

神社になる以前から、古代人の信仰の対称にある地と推測します


古代人と巨石といえば、ここから直線距離で6Kmくらい東に

岩屋岩蔭遺蹟(妙見神社)〈岩屋神社〉があります

地図です

説明は、こちらのHPがわかりやすいでしょう。勝手にリンクさせていただきます

最初、何も知らずにここに来た特はびっくりしましたね

今回は、時間の都合で訪問しませんでしたけど、おすすめの空間です






コメント
この記事をはてなブックマークに追加