たまにはぼそっと

ふと思いついたことをボソッと書いてみます。

2011-09-08 05:29:00 | Weblog

巨木で圧倒的に多いのが、杉

神社に多くあるということと、成長が早いということがその理由でしょう

それはよいとして、植林された杉林は、地すべりを起こしやすいという話を台風12号の

ニュースを見て思い出した

簡単に調べた結果ですけど、杉は根が深さ1メートルくらいしか張らないそうです

 
そして、植林した以前の樹の根が腐ると、その間で層ができる

そこを、水が通りやすくなるのだそうな

だから、大雨が降るとその層から上がはがれる


大体樹の太さが、15~20センチぐらいになるとおきやすくなるそうです

今回のものは深層崩壊と、言われていますけど、このことが関係しているのでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加