たまにはぼそっと

ふと思いついたことをボソッと書いてみます。

交渉人

2010-09-29 09:02:57 | Weblog
尖閣諸島でのいざこざ

ずいぶんと、考えさせられた出来事ですね

背景、動機、狙いはわかりませんけど、

自分なりに引っかかることがあるんで、書いてみます

素人なんで、間違ってることが多いと思いますけど、よろしかったら、どうぞ。


まず、通常はあのような場合、船長を逮捕することはないという話があります

いざこざを避けるためのようです

これは、政権交代したための逮捕でしょうか?


それはともあれ、その後の日本側の対応ですが、おいら的には「あっぱれ」です。

ひょっとすると、交渉のエキスパートでもいるんじゃないかなと思ってしまいます。


意外と思われるかもしれませんが、まず、ビデオの画像を出してない。

すでに、この時には、いろんな嫌がらせをしてくると読んでいたようです

案の定、日本人数人が逮捕されました

すると、すぐに船長を返してしまった

これにはいろいろ批判が集まりましたが、このスピード、待ってましたというような

すばやい対応。

あまりに早かったんで、中国側が少し戸惑ったんじゃないかな?

これには、お前たちの立場思惑はわかっているぞ、というメッセージと

交渉人がいるかもしれないと思わせるに充分な対応ではないかなと思うのですが。



中国のデモの様子を見てみると、若い人ばかりのよう気がします

ネットではかなり過激な様子とのこと

日本でも同じですけど

中国の首相までがメディアに出て、日本批判をしたのも不自然じゃありませんか?

相当、国内の不満がたまってるようにも写ります。

交渉人?はすでに、このことを知っていての行動と思われます

だから、船長をすぐに返した

この時点で、ニュースでもありましたが、ボールは中国側に行ったわけです

どう出るだろうか?

ビデオを切り札に持ってるという意味が、おそらく中国側に重要な意味だとわかり始めたのではないかな?

国際世論を敵に回してしまうと読んでると思います

案の定、今朝のニュースでは、レアメタルの輸出解除のようです

すぐには逮捕した日本人を開放させることは出来ないでしょうが、時間の問題かと。

でも、その前にビデオを公開しなければならないようなら難航するかもしれません。

おそらく、交渉人は出さないで、ずっと切り札として持っているほうがいいと思ってるに違いないでしょう。

もし、交渉人なるひとがいるなら、日本人じゃないかもしれないな、などと

映画のシーンのようなことを考えてしまいます・・・不謹慎ですね。



この先、中国から撤退する企業が多くなるような気がします

日本でがんばって、雇用を増やすことを考えたほうがいいでしょうに

日本はほんとに、いい国です

今回の出来事で、そう思った人は多いのではないでしょうか?

つまらない、雑草の独り言でした。。。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加