たまにはぼそっと

ふと思いついたことをボソッと書いてみます。

美江寺宿

2015-02-15 05:03:36 | Weblog
毎週、古東山道を探りに出かけています

わからないことばかりです。なんでこんなこと始めたんだろう・・・(笑)

伊久良河宮(いくらがわのみや)をどう考えたら良いのか悩んでいます

倭姫が、美濃の伊久良の地に4年ほど滞在
神のお告げにより、伊勢の五十鈴川の辺りに宮を遷さんと生津の地より伊勢に向かわれた

しかし、倭姫は船に乗ろうとしたが、豪雨で船を出すことが出来ず、
森の下で泊まられたので、その地を森下と呼び
生津は、船が出入りをした故、生津と言われているとのこと。

その後,そこには伊勢神官の内宮,外宮をまねて,豊受神社(外宮)と神明神社(内宮)の二つの神社を作ったとのこと。

豊受神社です

岐阜県瑞穂市生津字森下145番地





神明神社もすぐ近くですけど、道が細くて、見えてるんだけどたどり着けなかったんで

パス・・・

この、道は中山道なんですね。


せっかくだから、美江寺を散策~♪

美江神社


駐車場が見つからない・・・

千手観音



ウィキペディアより引用します

*****************

歌川広重の「木曽海道六十九次・みゑじ」の場所は、美江寺宿の南端から京へ1町ほど(=109m)。描かれている川は犀川(さいがわ)と推定され、このあたりは海から約50km離れているにもかかわらず海抜は約10m、とても平坦で坂があるのはここくらいである。

*****************


この絵です。さて、何処でしょうか?
さきほどの、千手観音からの画像です


どうでしょう?

反対の風景かもしれないかなと後で思いました。

こういう、昔の風景画の場所を探すのも面白いですね。


さて、この後中山道に沿って赤坂に抜け、そこから上磯古墳を通り、

以前書いた「せんどう」という場所を探して、龍門寺古墳に行って・・・

行きましたけど、どこも決定的なものはわからず

龍門寺古墳は、その前にいるけど何処だかわからない

まあ、それぞれ場所の雰囲気だけでもわかったんで良しとします。。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宗慶大塚古墳(そうげおおつ... | トップ | 夕田茶臼山古墳(ユウダチャ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
伊久良河宮 (酔石亭主)
2015-02-16 20:18:32
こんばんは。

土地鑑がないので自信はありませんが、伊久良河宮(いくらがわのみや)は地名からしても雑草さんが以前にアップされた瑞穂市居倉の天神神社が該当しそうです。

天神神社の場所は東山道に近いと思われますので、やはり彦坐王との関係ではないかと推測します。
ありがとうございます (雑草)
2015-02-28 06:24:29
パソコンが壊れて今ネットから少し遠ざかっております
予備のパソコンも不調で現在もっぱら携帯を使ってます

たまには、それもいいかなと


天神神社南側の中山道が東山道かなと思って出かけてきました

多分違うと思いますけど

天神神社の近くに古い道の跡があったとネットで見た記憶があります

上磯古墳から天神神社に向かったのかなと思ってます
携帯からなので途切れ途切れの投稿です (雑草)
2015-02-28 06:37:27
伊波乃西神社そして
彦坐王の墓は、先週行ってきました

あわせて、飛騨に行く道も
探してあれこれ回ってきました
伊久良河宮 (酔石亭主)
2015-02-28 20:00:25
こんばんは。

私の場合は、パソコンが壊れた後うんと安いパソコンを買って再開しました。
機械は苦手なので、本当に面倒ですね。

大変でしょうが、最近の歴史探索の結果をまたアップいただければと思います。
期待していますよ。
やはり不便ですね (雑草)
2015-03-01 15:51:20
そろそろ、安いパソコン買おうかと思います

携帯まで調子悪くなってきました・・・

どこか、行ってはいけないところでも行ったのかな?(笑)

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事