たまにはぼそっと

ふと思いついたことをボソッと書いてみます。

根上がりの松

2017-04-16 15:22:39 | 巨樹、巨木



愛知県知立市八橋町五輪




幹回り2.7m、根回り15m、枝張り東西15m、南北12m、一番太い根回り1.5m、推定樹齢600年



この前の道が鎌倉街道のようです。この近くに、おいらは、10か月ほど滞在したことがあります。

でも、この辺りは、今回初めて来ました。



、徳川家康(元康)は、桶狭間の戦いに行く時,このあたりの近くの神社、寺で宿泊したのでしょうか?

少し離れたところに、知立神社がありますけど、ちょうどそのころには、さらに南にある重原というところに

移っています。(重原城はこの当時、松平が支配)そちらは、可能性はありますけどちょいと遠いので、

候補から外れるかもしれません。

元康は、知立から、知多半島の阿久比城にいる、母親にひそかに会いに行ってるとのこと。

馬を使ってのことですので、移動にはそれほど時間はかからないようです。片道1時間ぐらいでしょうか?



そのことが、おいらにはどうもひっかかるのです。

敵の陣地にわざわざ出向いてるということと、この時点では今川勢は、圧勝するとの流れなんですよね。

すでに、この時、元康と織田信長は、裏で通じていたんじゃないかなどと考えたくなるんですよ。

まあ、裏付けるものは何もないので空想の世界ではあります。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲上の桜

2017-04-09 06:02:28 | 



揖斐郡池田町の毘沙門院にあります。 (岐阜県揖斐郡池田町池野112



推定樹齢500年、幹周3.67m、樹高10m、

満開時に花をつけた枝が入道雲のように見えるところから、「雲上の桜」と命名されたそうです。




ベニシダレザクラとのことですけど、これが、原種なのか園芸品種なのかはわかりません。

花の咲く時期は、ソメイヨシノより少し早いようです


満開を少し過ぎたというところでしょうか。



樹齢500年といわれますけど、その迫力は十分あります

すぐ近くに、広い駐車場があるので車で行っても大丈夫です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬名姫

2017-04-02 13:07:47 | Weblog
瀬名姫(築山殿)は1542年頃に、今川氏の重臣である関口親永(せきぐちちかなが)という武将の娘として生まれました。

「瀬名氏」とは、もともとは今川氏の出とのこと。

静岡県静岡市葵区瀬名の地名から「瀬名」と名乗ったそうです

瀬名姫の母親は、今川義元の妹と言われますけど、

始め今川義元の側室となり、後にその養妹となるとの説もあります


その、瀬名姫が、松平元信(後の徳川家康ですが、16歳の時に元服し、「松平元信」その後「元康」と

改名しているのですけど、それがいつなのかがどうもよくわかりません、あしからず)

と結婚することになったのですけど、

松平元信は、人質という立場、身分的には不釣り合いな結婚ですね


そして若い2人の間には、永禄2年(1559年)3月6日に嫡男・信康、(この時、家康は17歳ぐらい)

翌・永禄3年(1560年)6月4日に長女・亀姫が生まれます

しかし、桶狭間の戦いが起き、今川義元は殺害され、松平元康(家康)は、岡崎城に入ってしまった

瀬名姫とその子供たちは今川の人質となったことになります

その後、人質交換で岡崎に行くのですけど、

瀬名姫は岡崎城には入れず(家康の母・於大の方が岡崎城に入ることを許さなかったといわれます)

岡崎城の外れにある菅生川のほとりの惣持尼寺(惣持尼寺は昭和2年に別の場所へ移転)で、幽閉同然の生活を強いられたとのこと。

惣持尼寺があった場所は、おそらくここ「西岸寺」
のあたりとのことです






国道1号線から見た、岡崎城方面、この奥が城です。さくらはまだ、数輪の開花状態です

でも駐車場は、観光バスが何台も止めてありました



1579年、瀬名姫(築山殿)は家康の命令によって殺害されます

原因は、いろいろ説がありますけどわからないというのが現状のようです

さらに、生きていたという説もあります。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沓掛城(くつかけじょう)址

2017-03-05 14:03:05 | Weblog


愛知県豊明市沓掛町にあります

以下、ウィキペディアより引用します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

永禄3年(1560年)、駿河・遠江・三河の兵約2万5千の大軍を率いた今川義元は、

5月18日(新暦6月11日)、池鯉鮒を出立して沓掛城に入った。

ここで義元は軍評定を開き、大高城への兵糧入れや各武将の部署の再確認を行ったものと思われる。

翌19日朝、義元は本隊を従え沓掛城を出発した。

一説にはこの時、義元は落馬し、側近があわてて輿に乗り換えさせたという。

その後、義元は大高道を通って桶狭間に入り、運命の桶狭間の戦いに遭遇するのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在、建物は何もありません

本丸跡地です




周りの堀








今川義元は、朝ここを出発したと思われます

どのようなルートを通ったのか調べてみました

ごく大雑把ですけどこのような道順かな?



桶狭間古戦場には、何度か訪れていますけど、2か所あるんです・・・

どちらが本当の場所かわからないらしいとのこと。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2016-12-31 17:40:18 | 










酉年(とりどし)の「酉」とは、鶏(にわとり)のこと・・・



  だから・・お呼びじゃないんだよね・・・おまけ







今年もよろしくお願いします~♪


なんじゃこりゃ?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンタ

2016-12-25 15:14:46 | 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メリークリスマスその3

2016-12-25 04:52:17 | 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メリークリスマス その2

2016-12-24 11:01:09 | 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メリークリスマス~♪

2016-12-23 08:08:35 | 




gifを載せるには、個別アップロードで画像をUPします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年のディスプレー

2016-11-13 06:33:07 | 植物

またまた、この季節、農業祭の始まりです

今年は、これ!



水車です

あるところから、コッソリ外してきて・・・違います・・・お借りしてきて

まあ、それはともかく、運ぶのに壊れないように注意が必要ですね。



この、レイアウトを決めるのにみんなで、ああでもない、こうでもないと結構時間がかかります



それが決まれば、あとは早いもの。あっという間に出来上がります





写真をこの前で撮られる方、意外と多いそうです


このオリエンタルリリーほのかな香りがいいです



これも好きだなぁ

プロテアです


今年は、この行事とは別に、「親子農家バスめぐり」という行事の、案内役をやれと。

土曜の朝から、バスに乗りあちこち巡ります

畑で大根を子供たちと引き抜いたり、鉢花農家やネギ農家を見学して

最後に、芋掘りです。

子供たちは、これが目当てですよね

みんな楽しそうに、サツマイモ掘っていました。

だけど、おいら疲れた~!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変身~

2016-11-05 06:48:55 | 



おいっ!







こら~!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりにキャラクター誕生~♪

2016-11-04 05:50:43 | 

なかなか、キャラクター制作は時間がかかります。下手だからね・・・

何回も一から作って、やり直しの繰り返しです



2週間ぐらいかかったかな

なぜか、出来るときはスムーズに出来るんです・・・おいらだけかな?




胴体や髪は以前、制作したものを手直しして使います



唇の赤色をなくして、頬を少しふくよかにするとすごく童顔になるのですけど

そちらも、なかなかいいけど、今回はこちらにしておきます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曾海道六拾九次 御嶽(みたけ)   歌川 広重

2016-10-17 07:01:03 | Weblog




場所はここ

きちん宿と書いてあります (この字がきちんと?斜めから見た字になっているところに才能を感じます)


木賃宿(きちんやど)とは、どういう意味なんだろうと調べると、ようするに、素泊まりの安宿

食事は自炊、そのときの、薪代からきた名前のようです

グーグルストリートで調べると、ちょうど同じ場所に建物が移っています

でも、実際に行ってみると建物はすでに無くなっていました・・・がっかり・・・

グーグルの画像です


絵の左側に川らしきものがあります


でも、現在は何もありません


当時は、用水があったとかいう話もあります





以前、東山道を調べに行ったとき、この近くをウロウロしました

この木曾街道も、東山道と同じ道,もしくは、それに沿った道のようです。

しかし、古東山道(律令制以前の道)は、ここから東に行った、大湫(おおくて)で

南に向きを変えるのじゃないだろうか?(私の勝手な推測なんであてにはなりませんけど・・・)




神明神社というところがあります。

すごく大きい石が見えたのでいつか寄ろうと思っていたんで、すでに日没後薄暗い中、訪問しました







由緒、時代など何もわかりません。あしからず。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬籠駅・峠より遠望之図 渓斎 英泉

2016-10-13 05:47:18 | Weblog



浮世絵版画《木曾街道六十九次》は1835年(天保6)から渓斎英泉によって始められ,

1838年前後に歌川広重が参加,(英泉が手を引き、広重が引き継いだようです)

50図が出た時点で一時中断された後,1842年ころ完成されたとのこと。



場所は、馬篭峠でしょうか?

妻籠の方向を見ているようです

この場所から見たところです


絵の左上には、滝が描かれています

さて、ここから見えるのでしょうか?

木が視界を遮るんでわかりませんね

こんな感じです


木がなければ、見えるかもしれない?

それとも、もっと滝に近い場所なのでしょうか?






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曾海道六拾九次 落合 歌川 広重

2016-10-11 07:01:15 | Weblog



場所は、おそらくこのあたりでしょう

でも、木が視界を遮って見えません

グーグルのストリートビューからでそれに近いものを載せておきます



どの絵を見ても、昔は今ほど大きな木が無いというのがよくわかります

燃料として、建築材料として伐採してしまったのでしょうか?

昭和初期のころでも、山はそれほど大きな木は無かったという話を親から聞いたことがあります

かなり距離があっても、人がどこにいるかわかったそうなんです

木を切るにも、かなりきびしい条件があったとか

台風などで折れた木は持ち帰ってもいいけど、生の木は折ってはいけないといわれていたそうです

ですから、下草などはきれいに刈り取っていたのでしょうね

場所にもよるのでしょうけど



コメント
この記事をはてなブックマークに追加