座敷ネズミの吉祥寺だより

吉祥寺って、ラッキーでハッピーなお寺ってこと?
中瀬の吉祥寺のあれこれをおしゃべり。

吉祥寺略縁起

2017-06-20 | おしゃべり
リーフレットの最後の所には
本堂の写真と共に
問い合わせ先、つまり 吉祥寺の住所や
電話番号・FAX番号・ホームページアドレス、
それにアクセスマップが載っています。

その左側には 吉祥寺略縁起が書かれています。

この2面は 「永代供養 合葬墓 涅槃の塔」と
「ペットのお墓 ふれあいの郷」と同じ内容です。



吉祥寺略縁起、書いてみますね。



吉祥寺は、南北朝の昔、聖一国師圓爾辨圓さまが開山されました。

また、当時の名将新田義貞に連なる河田対馬守義賢が、
父 但馬守義光の菩提を弔うために当時を建立しました。

後に南王山普門院観音寺・無量山新田院観経寺・修験道大光院が合併されました。

本尊は阿弥陀如来、そのほかにも聖観世音菩薩・釈迦如来・薬師如来・
青不動・ふれ愛観音・地蔵菩薩などの仏さまたちがいらっしゃいます。

さらに境内の大イチョウ・江戸四大彫物師の一人 石川勝衛門作の 本堂欄間・
大涅槃図などの宝物もたくさんあります。

ただし、吉祥寺の一番のたからものは 代々の檀信徒の皆さんにほかなりません。

また、歴代の住職には、京都東福寺を開いた開山辨圓さま・
教育者恵眞・文人観海・地域自治のリーダー乗圓・
奈良吉野金峯山寺ならびに京都妙法院(三十三間堂)の住職を勤め
天台宗務総長を歴任した良泉大僧正・
天台教学の最高峰勧学出仕を長年勤めた良周大僧正などの
英傑の諸師がいます。

ちなみに、現在の住職は37世です。

吉祥寺は やさしいお寺、ホッとできるお寺、癒されるお寺、
元気になれるお寺、清々しい気持ちになれるお寺を目指しています。






じっくり読み返していると、「?」「!」な所が、
正直、散見されます(涙)。

皆さまからのご意見・ご感想を お待ちしています。






          
          アートセラピーの講座を受講して描いた作品の最後。
          「魂」のイメージです。
          気に入っているので、額に入れよう




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペットのお墓 | トップ | 比叡山時報 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。