旅する心-やまぼうし

やまぼうし(ヤマボウシ)→山法師→行雲流水。そんなことからの由無し語りです。

イギリスやオランダの運河に重ねる貞山・北上・東名運河復興への思い

2017-01-15 00:30:40 | 貞山運河逍遥
1月8日(日)にネコを連れて東京に行った際に、クリスマス休暇で帰国していた婿(むこ)さんから、イギリスの運河ガイドブックをお土産としてもらった。
これには、ベスト50が紹介されている。

2人の子連れでの帰国だったので荷物も多く、難儀したことだろう。
それにこの本は、重さ774g(総ページ数332)もあるから、きっと厄介物だったにちがいない。
とはいえ、こちらとしてはじっくりと眺める資料を手に入れることができ、うれしさは格別。



(THE CANAL GUIDE)


イギリスでは、総延長3,540kmにも及ぶ運河・河川をブリティッシュ・ウオーターウエイズBritish Waterwaysという組織が管理している。
(この長さは、日本列島の長さよりも大きい。)

British Waterways ⇒ こちら

ここの公式サイトの中には、次のような画像&映像も掲載されている。







Bingley Five Rise Locks ⇒ こちら

左端の女性が馬で船を曳き、5段の閘門(高低差18mもある。)に向かっている。
その曳き船の様子の画像はこちら。





Canal boat horses - Bingley Five Rise(動画)⇒ こちら(Youtube)

※公式サイトでは ⇒ こちら

●運河橋、閘門の仕組みと航行の様子(動画 25:50)
  Boater's Handbook ⇒ こちら(Youtube)

このような光景を知ると、「イギリスの運河はやっぱりすごい!」と感心してしまう。

こちらは、オランダの運河で開催されている『フィーエル・ヤッペン』。







Polsstokverspringen/Fierljeppen ⇒ こちら(現地公式サイト)

2016 Fierljeppen Dutch Championships on Trans(動画)⇒ こちら

これまた楽しいイベントのよう。
こういう発想が、貞山・北上・東名運河のイベントでもあればと思ってしまう。

東日本大震災からの復旧工事が進められている貞山運河、北上・東名運河も、歴史や文化、景観などと調和したものになっていって欲しいと切に願っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『川村孫兵衛シンポジウム』... | トップ | 仙台市水の森公園丸田沢堤に... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。