旅する心-やまぼうし

やまぼうし(ヤマボウシ)→山法師→行雲流水。そんなことからの由無し語りです。

紫陽花、あじさゐ、あじさい、アジサイ

2017-07-12 21:48:33 | 花鳥風月
我が庭にもアジサイが次々に咲いた。
どれもみな1本の挿し木から育てたもの。

スッと伸びた柄の先の花弁、中央の小さな紙風船のような蕾に目を凝らすと、ここにも宇宙があるという感覚が湧きおこる。
やはり自分は、ガクアジサイ系が大好きだ。

    *

アジサイが咲くと思いだす詩がある。
この詩の中でのアジサイは、色合いの形容表現として使われているが、その後ろに続く情景を淡く澄んだ群青の光を通して感知させる。
「季節が空を渡る」ころ、この我が大好きな詩と庭のアジサイを思い重ね、過ぎ越し日々を振り返ってみようと思う。



乳母車
              三好達治

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花(あぢさゐ)いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり

時はたそがれ
母よ 私の乳母車を押せ
泣きぬれる夕陽にむかつて
轔々(りんりん)と私の乳母車を押せ

赤い総(ふさ)ある天鵞絨(びろおど)の帽子を
つめたき額(ひたひ)にかむらせよ
旅いそぐ鳥の列にも
季節は空を渡るなり

淡くかなしきもののふる
紫陽花いろのもののふる道
母よ 私は知つてゐる
この道は遠く遠くはてしない道

     『測量船』日本文学全集51 三好達治・中原中也・伊東静雄集(昭和43年5月12日発行)











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蔵王周回とコマクサ【宮城県... | トップ | 一切経山・東吾妻山周回【福... »

コメントを投稿

花鳥風月」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。