アリスのさすらい弐番館

映画とナチュラルライフの雑記帳

Thank you for the lift おじいちゃんの機知にほっこり

2018-01-30 | 映画で英語
正月来膝が痛く、先週から歩く姿がたいそう情けないものになってしまったので
重い腰をあげ病院を受診しました。
 
まぁでも、予約が5日後にしか取れず、
受診日の昨日はすでに痛みがひいていたのですけどね。
レントゲンくらいとってもらうかと行ってきました。
 
案の定元気に歩き、Drにも「痛くありません」という始末で
何しに来たのかな?状態でしたが(笑)
「多少加齢による変化はあるけど、軟骨も十分で骨も綺麗ですよ」
と言ってもらってとりあえず安心。
「今回のことは軟骨が少しはがれて痛みが出たんだろう」とのこと
まぁ歳なりに、骨ともうまく付き合っていかねばなりませんわね。
 

帰りのエレベーターで、上品で可愛いらしい老夫婦に遭遇しました。
3階から乗り込もうとしたお二人は
8割がた埋まった内部を見て、ためらう様子を見せましたが
一人の男性に「Welcome aboard !」と声をかけられ、笑顔で乗ってこられました。
 
老婆心ながら説明すれば
Welcome aboardは船や汽車に乗るときに
「ご乗船(車)ありがとうございます。」の意味で乗組員が言う決まり言葉。
新入社員やサークルなどの新しいメンバーを迎えるときにも
「ようこそわが社へ。ようこそわがクラブへ」のように使い、歓迎の意を表します。
男性がこう声をかけたことで、老夫婦は気兼ねせずにエレベーターに乗ることができました。
 
2階に着くとおじいちゃんは
「Thank you for the lift,while I've just got down.」と言って降りて行ったんですよね。
 
「Thank you for the lift」は車で送ってもらった時などに「乗せてくれてありがとう」と告げるお礼の言葉で、これも定番。
リフト(lift)には「エレベーター」という意味もあり、
同時に「持ち上げる、上に挙げる」という意味もあるわけで
おじいちゃんの言葉は「リフトなのに下がるとはこれいかに」的なジョークを交え、二重三重に機知に富んだものでした。
 
私がアメリカを離れたら一番恋しくなるのは多分
こうしたユーモアのセンスと、さりげなくてフレンドリーな人との交流ですね。
 
 
ちなみに、映画の中で一番好きな『Welcome aboard』は『エアフォース・ワン』の1シーン。
ハイジャックされた大統領機から辛くも逃れたハリソン・フォードが米軍特殊部隊に空中で救助され、クルーから敬礼で迎えられる場面で言われる「Welcome aboard ,Sir」です。
 
 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『君の名前で僕を呼んで』(20... | トップ | 【映画】圧巻!!『グレイテ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (LAGUNA)
2018-01-31 08:05:17
私も仕事を変えたら両ひざが痛くて痛くてコンドロイチンとバンテリンゲルとサポーターでごまかしごまかし・・(笑)最近はそのおかげか少しよくなってきました。歳だな(^^;
アメリカは初対面でもそういうフレンドリーでさりげないユーモアのセンスもありますよね。エレベータに乗った時、何階ですか?とかそんな会話くらいですもんねー。
ほっこり (松たけ子)
2018-01-31 22:00:54
こんばんは!
よいお話!なにげなくてさりげないユーモアって、大切ですよね。もう最近は、周囲も社会も人の悪口やあげあしとり、冷ややかな無関心ばかりなので、そういうやりとりっていいなあ~と心底思います。
あまり人から親切にされたりフレンドリーに接してもらえない私ですが…原因は自分がそうしないからですね💦今年こそは、大谷翔平くんに君の名前で僕を呼んでと言ってもらえるよう、ユーモア&親しみやすさを培いたいです(^^♪
Unknown (pu-ko)
2018-02-01 00:21:20
>LAGUNAさん
ありゃ。LAGUNAさんもひざ痛?
まだギャル(死語w)なのに
良くなってきてよかったね。
サポーターは安心感あって私も気に入って使ってます。
お互い膝は大事にしようね。
ね、日本人はシャイだからか他人同士で会話交わすこともあまりないもんね。特に若者はそうかな。
Unknown (pu-ko)
2018-02-01 00:38:01
>松たけ子さん
そうそう。最近の日本は政界をはじめ、社会全般にあげ足取りなニュースばっかり聴こえてくる。余裕や優しさが感じられない世の中になってるよねぇ。
仰るように冷ややかな無関心ってことなんでしょうね。相手の気持ちになって考えるとかいうことがなくなる→人を生身の人間として意識できないのはネット社会の弊害でもあるかな。
アメリカはその点、気さくに他人と交流しやすい雰囲気はありますね。ま、都会はそうでもないかもだけど
大谷翔平くんはアメリカ人に好まれるタイプに見えます。実力を発揮して人気者になって欲しいね。
相手がニコニコしてるとこちらもついニコニコしちゃうということもあるし、自分から変わるのも確かに大事かも。私も頑張る!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画で英語」カテゴリの最新記事