アリスのさすらい弐番館

映画とナチュラルライフの雑記帳

『君の名前で僕を呼んで』(2017)瑞々しくホロ苦い、ひと夏の衝撃

2018-01-28 | 映画 か行
 
君の名前で僕を呼んで
Call Me by Your Name
 
若きティモシー・シャラメがアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた話題の一本。
イタリアの別荘にやってきた大学教授の息子エリオと、父親が招待した教え子のアメリカ人大学院生オリヴァーとの出会いと6週間の交流を描く青春映画です。
 
原作をジェームズ・アイヴォリーが脚色し、ルカ・グァダニーノが監督。
アイヴォリー監督も大好きなので、メガホンをとって欲しかったとも思うけど
共同監督となると、主張する部分が異なって現場が混乱しそうだから、一人に絞って正解だったかも。
 
なにしろ透明感のある世界観が素敵でした。
ティモシー・シャラメは当時20歳ながら、華奢な肢体もあいまって、17歳の少年を違和感なく演じてます。
それどころか、映画が進むにつれ彼の魅力に取りつかれていく。
アーミーにでなく、ティモシー君に魅力を感じるなんて、自分でも驚くのだけど
オリヴァーと出会い、ためらいながら惹かれていくエリオの視線や一挙手一投足に目が離せなくなるんですね。
オリヴァーが滞在する部屋が、エリオの部屋とバスルームを挟んだお隣(こういう作りをJack & Jillと言います)という設定もいいよね。
 
開いてるドアの向こうをオリヴァーが歩く、用を足す音が聴こえる、ドアを閉められる・・
オリヴァーに惹かれ、彼の態度に一喜一憂する過程をエリオに代わって体感するうち、いつしかエリオに同調してしまう自分がいましたもん。
勿論ティモシー君の繊細な演技も素晴らしく、台詞のない長回しで見せるラストシーンには、揺れ動く心情のすべてが詰め込まれていてまさにオスカー級!
ピアノやギターも事前に練習してこなしたというから大したものです。
 
お相手となるアーミー・ハマーはダンスシーンに象徴されるようにあっけらかんとしたアメリカン。24歳(24歳には見えないけど~)なりの大人の選択を迫られるオリヴァーを時にツンデレに時にずるく、かと思えば包容力たっぷりに演じていて、ティモシー君と2人眼福でございました。
 
ところで、最初にこの邦題を目にしたときにはせっかくのお耽美映画なのに、
なんだかゴロが悪く雰囲気が壊れると不満に感じたんですよね。
実際映画を観ると「call me by your name」という台詞が絶対的な存在価値を持っていたので
そのまんまに訳した邦題もいたし方なしかな。(ゴロの悪さは残念だけれどね)
 
シャツは『ブロークバック・マウンテン』へのオマージュかしら。
美しいイタリアの風景、80年代の設定にふさわしい音楽も素敵
今年暫定一番に(早すぎw)好きな映画でした。

続編もありとのこと
ティモシー君の成長とともにエリオとオリヴァーの恋の行方を見守りたいと思います。

映画データ
製作年:2017年
製作国:イタリア/フランス/ブラジル/アメリカ
監督:ルカ・グァダニーノ
脚本:ルカ・グァダニーノ/ジェームズ・アイヴォリー
出演:ティモシー・シャラメ
     アーミー・ハマー
     マイケル・スタールバーグ
     アミラ・カサール 
 
 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】ストロンガー(2017... | トップ | Thank you for the lift お... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (LAGUNA)
2018-01-29 21:56:02
え?「ブロークバックマウンテン」へのオマージュ??
気になります(≧▽≦)
ジェームズ・アイボリーだし・・・「モーリス」みたいな感じかしら??
ひと夏のBL (松たけ子)
2018-01-30 00:07:37
こんばんは!
じぇじぇじぇ(死語?)!待ってました!pu-koさんの君名僕のレビュウ!私も今のところ、この映画が早くも今年my best 候補作(^^♪
ティモシーくんの瑞々しい演技、ほんと素晴らしかったですよね~。恋にドキドキソワソワな様子が、可愛くて胸キュンでした。音楽の才能があって語学堪能なエリオの、文化的で優雅な環境は、まるで貴族みたいだった。憧れる~。アカデミー賞の主演男優賞は大ベテランのゲーリー・オールドマンが最有力みたいだけど、私はティモたんに獲ってほしいかも。最年少受賞の記録を熱望!
アーミー、24歳はちょっと無理がありましたが(笑)でもそのアメリカンハンサムぶりと、ちょっとツンデレなところが素敵でしたね。オスカーノミネートならず残念。
続編、実現してほしいですね!
Unknown (pu-ko)
2018-01-30 00:50:01
>LAGUNAさん
つい『ブロークバック~』を思い出してしまうシーンがあったのよねぇ。原作があるのでオマージュという意図はないかとも思うんですけどね。
気になるでしょ?ぜひ確かめてね♪
あー、私『モーリス』は気になりながらいまだ未見。
ただ、アーミー、シャラメ君双方の規制もあって、肉体的な絡みは殆ど見せてません。アイボリー監督の脚本ではもっと激しかったようなんだけど、そこはマイルドになって、逆に私は見やすかった。青春ものの美しさに繋がってたと思います。
Unknown (pu-ko)
2018-01-30 01:02:46
>松たけ子さん
観てから一週間してやっと書きました(笑)なんとなく自分の中に納めておきたい、そんな映画でしたね。
やっぱり好みの作品でした。
ティモシー君が絶賛されてるのもよーくわかったし、瑞々しくて優雅な世界観も凄くよかった。
ティモたん(笑)オスカーとって欲しいよね。
お顔はそんなに好みじゃないけど、インタビューを聞いててもアーミーより断然落ち着いてて映画を理解してる。セクシーで頭のよい子とお見受けしました。これからますます魅力を増していくでしょう。先が楽しみ!
アーミーもカラッとアメリカンなところもよかったです。
今回助演は敵が多すぎたね。『スリービルボード~』からルーカス・ヘッジズ君も出したいくらいだったもの。
続編は2人がまだ美しいうちに作って欲しいなぁ。
原作を読みたくなりました。
Unknown (einhorn2233)
2018-02-11 08:54:05
昔なら、雰囲気を楽しんでみたいな映画になるのでしょうけど、今だとBL(ボーイズラブ)映画として、若い女の子のに受けそうですね。美少年同士のラブラブものとして売れば、日本でも結構ヒットしそう。でも、私はちょっと無理かも。
Re:Unknown (pu−ko)
2018-02-14 01:27:28
›einhornさん
BLものは、案外女子の方が罪悪感なく観れるのかも。
ただ、本作は激しい性描写がないので、そういうの苦手な人にも大丈夫かと思います。
同性愛ですら、やましい感覚はなく美しい初恋のキラメキという感覚です。音楽も美しいのでeinhornさんにもぜひおすすめしたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 か行」カテゴリの最新記事