カモさんありがとう

我が家の近くに池がある。小さくて、また、水が濁って汚い池。そんな池にも生き物はいる。鯉と亀です。秋には鴨が飛来してくれる

日本の一線は?

2017-04-29 19:30:33 | つぶやき
朝鮮半島が騒がしい。アメリカの空母カールビンソンが日本海に入る。                                                                                                                                                                                                                                                    北朝鮮が非常に危険な国であり、米国にとって優先課題であると指摘。                                                                                                                                                                                韓国にはTHAADを配備し、海には空母で監視する。北朝鮮の問題はシリアのように簡単に攻撃は出来ない。問題が複雑すぎる。                                                                                                                                                     トランプ大統領は、テーブルの上には「あらゆる選択肢がある」と語り、北朝鮮が一線を越えたら攻撃するようなことを語っている。                                                                              では、米国の一線とはどんなことを指すのか?                                                                                                                     [一つは、ICBMであり、もう一つは核実験を実施する]と解されている。トランプ大統領は、外交的に解決したいとも語っているが、「非常に大規模な紛争」が起き得るとの考えている。とも語っている。                                                                                                                   これほど困難なことになったのは、国連安保理がキチンと機能していない点であると思う。拒否権という厄介な権利が存在し、しかも、安保理で決定したことがチャンと守られていないことが、大きな問題であると思われる。                                                                                                          守らない国とは、言わずと知れた国==中国が裏から北朝鮮を援助している。ざるである。                            この点、前大統領オバマ大統領と違ってトランプ大統領は、中国を何とか動かして、北朝鮮を抑え込もうとしている。この姿勢は、同盟国としてもありがたいことである。                                                             しかし、日本としてはどんなことが出来るのか?もどかしい限り。憲法が、行く手を阻んでいる。                                                                                              掲題の件ですが、日本には「一線」があったとしても、「拱手傍観」で「日本有事」となり攻め込まれる。といった事態にならなければ動かないのではないか。                                                                  一個人として、何とも歯がゆい。------                                                                                                                     皆、どう思っているのでしょうか? 聴きたいものである。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老いを見つめて(15)--... | トップ | 老いを見つめて(17)--シニア... »

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。