カモさんありがとう

我が家の近くに池がある。小さくて、また、水が濁って汚い池。そんな池にも生き物はいる。鯉と亀です。秋には鴨が飛来してくれる

老いを見つめて(11)ーーしあわせとは?

2017-01-30 14:39:37 | つぶやき
人は、幸せを求めて一生懸命に努力を重ねています。努力しても努力しても、こんなに努力してもどうして幸せになれないの。                                                                                  また、はたから見ていて、あんなに幸せそうに見えても、なぜ、あんなことをするの?                                                                                                   「幸せ」とは、どんな感じ?  どんな状態? どんなこと?  いつ感じるの?                                                                                                    貴方は幸せと思ったことはありますか? 
  幸せとはーー人によって、その時の心理状態や環境によって幸せと感じたり、そうでなかったり。                                                                                              幸せとは、人類の共通の願いではないでしょうか。                                                                                                                  お金がなくっても愛さえあれば幸せになれる。 と、いう人もいる。 家族が狭いながらも慎ましく生活しておれば、幸せという人もいる。                                                                            しかし、お金があっても、また、慎ましく生活をしていても、健康でなかったり。健康であっても、またお金があっても家の中がごたごたしたり、いがみ合ったりしていたら、決して幸せとは感じないのではないだろうと思う。                                                                                                         それでは、どんな状態の時に幸せといえるのだろうか?                                                                                                                 幸せな要件とは、「健康」「平和(穏やかな日々)」「富(脱貧)」。この3つが今の自分にあれば「幸せ」と感じるのではないのかと思う。                                                                                                                                               「人間」は、今ある自分は、過去の自分や先祖の罪穢と徳との相殺で成り立っている。過去世において、一杯罪穢を積んでおれば、いわずと知れたことで決して今の自分は「幸せに」身を置けていないのではないと思う。逆に、「陰徳」をたくさん積んでおれば、「幸せに」身を置くことが出来るのではないか。今の自分を静かに内省してみるのもいいのではないか。                                                                                                                                                                                                                                                         「人間」は、多かれ少なかれ、認めたくはないかもしれないが、過去世にたくさんの罪穢を積んできている。 即ち、生まれ変わりしているが、「魂」はその生まれ変わりしている間にどんどん穢れていっている。その穢れた「魂」をきれいにしない限り決して「幸せ」が訪れてこないのではないか。 きれいにできないならば、肉体がなくなっても、「魂」は次の世に生まれ変われるので、今、そう今の自分が「積善」をすることによって、未来の自分を「幸せ」に導くことが出来るのである。                                                                                                                                                                                                             小さな、小さな事で良い「善」を積んでいこうではないか!!!                                                                                                                                                        
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「帝国の慰安婦」に判決が下... | トップ | 老いを見つめて(10)--... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。