カモさんありがとう

我が家の近くに池がある。小さくて、また、水が濁って汚い池。そんな池にも生き物はいる。鯉と亀です。秋には鴨が飛来してくれる

老いを見つめて(15)--おばさんの引っ越し

2017-04-29 18:43:18 | つぶやき
家内の叔母さんが引っ越しした。                                                                                                                                                                                                93才である。実は、1月1日生まれで、自分の母と生年月日が同じである。                                                                                                        自分の母は、もう、よぼよぼであるが、おばさんは元気。杖をついて外を歩ける。私は70才半ばは過ぎた。が、目は加齢黄斑円孔で耳は難聴でしかも補聴器を付けている。耳も両耳とも耳鳴りに年がら年中悩まされているが、おばさんは、耳も目も良い。おばさんは、今まで、一人暮らし。       いままで、我が家から2分くらい離れた場所に住んでいたが、賃貸住宅の家賃が高く引っ越しすることになった。                                                                                       当初、府営住宅に申し込みをしたが、条件がきつく申し込みも出来なかった。家内が、UR賃貸住宅に確認したところ、条件は問題なくすぐに空き部屋に入れることになり、準備出来次第入ることとなった。                                                                                                                      さあ、それからが大変。独り暮らしではあるが、なんせ、物が多い。                                                                                                                                                                                                                                                      ここで「断捨離」。                                                                                                                                                                                                     やはり、年と共に物が増えていく。でも、おばさんたちの年代は、「勿体無い」の精神の持ち主のため、「モノ」がなかなか捨てることが出来ない。   横道に逸れるが、自分の母は、同い年ではあったが、ものをどんどん捨てていけた人である。                                                                                               引っ越しの荷物つくりに、家内とおばさんの格闘が始まった。おばさんは「これは要らない、これはおいとく」等々。                                                                                          家内は「あの世に、何も持ってはいいけない」---等々。                                                                                                                  人には、考えもある、が、執着は持たない方がよい。!!!                                                                                                               こんな機会こそ、「モノ」の「断捨離」ができる。                                               
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老いを見つめて(16)--... | トップ | 日本の一線は? »

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。