カモさんありがとう

我が家の近くに池がある。小さくて、また、水が濁って汚い池。そんな池にも生き物はいる。鯉と亀です。秋には鴨が飛来してくれる

「老い」を見つめて(1)ーー「老い」

2016-10-28 15:23:59 | つぶやき
「老い」とは。--国語辞典には、「老いること」「老人」とある。                                                                                                            それでは「おじいさん」「おばあさん」は、男の老人の敬称,老女の敬称。とある。 じいさん、ばあさんはいずれにせよ老人と解釈すべきか。                                                                         それでは、何を持って、「老人」なのか? 一番わかりやすいのは、なんといっても、肉体の老化現象であろう。年とともに、運動能力の低下、そして                                                                      肉体のあちこちが痛み始めることでしょう。 医者に行っても、「年ですわ」この一言で病人なってしまう。実に腹立たしい。 そんな一言を聞き                                                                        に来たのではないのだ。原因が何であるのかを知りたいのに。実に、馬鹿にした医者の言葉である。                                                                                             
もう一方は、精神的なダメージを受け、心の病が肉体を支配し肉体の劣化が始まってしまうのである。 本人は気が付かずとも、姿勢のゆがみ、皮膚の衰                                                                      え。顔の生気が消える。体全体の元気のなさ。いろいろあるはずである。                                                                                                         人間誰でも、20才を過ぎると老化が始まるといわれる。生まれて乳児期、幼児期、少年期、青年期、中年期、壮年期、等をへて高齢者の域へとつき進                                                                      すむのである。高齢者も今は、後期高齢者にも分かれている。                                                                                                              いずれにせよ、遅かれ早かれ、老人化へと進む。                                                                                                                    人は長生きしようともがく。そのために、運動したり、薬を飲んだり、いろいろ苦労し生きていく。                                                                                             それはそれでよい。 ところが、人の命は、一瞬にしてこの世から消えてしまう時もあるのだ。 自分がいくら一生懸命努力して、長生きしようと努め                                                                      ていてもである。ここをしっかりわかっておかないとこの世に未練を残すことになってしまうのである。 常日頃精進し、陰徳を積むことも大切でしょ                                                                      うね。あの世から、ご先祖さまも、神様も見ていらしゃる。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 懐かしい音を聞いた | トップ | 老いを見つめて(2)--「... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。