ZANMAI BLOG(新アドレス)

遊べや遊べ。
素晴らしいトラウトとの出逢いを綴ります。
タックルのお知らせもこちらからどうぞ。

銘木リールシート 

2017年02月09日 | オリジナルロッド Revel trouts
今年のレヴェルトラウトは従来の樺に加え、銘木リールシートを使うことは先にお知らせしたとおりです。

この銘木リールシートですが、秋田のI‘S WOOD WORKSの池田君が作ってくれています。ご存知の方も多いかな。昨夏、彼に会った時にハードウッドの加工も得意としていると話してくれたので、サンプルを作ってもらったらこれが素敵だったんですよ。そこから今年の銘木採用が決定するまで時間は掛からなかったな。

まず銘木を選別してもらって入手、1本ずつうちのリールシートに合わせて加工。リールシートは同心円の加工だけでなく、リールフットが密着する部分の平面加工が必須になります。

両者では加工のやり方が異なるので手間も倍増します。そこを1本ずつ丁寧に加工し、銘木に合わせてウレタンかオイルでコーティングしてもらっている逸品。

もともとレヴェルトラウトは武士の刀のような、質実剛健さを旨としてきたのはご存知の通り。ところが縁あって銘木を入れてみると、また雰囲気が変わって素晴らしい。これまで化粧っ気にはあまり縁がなかった竿だっただけに、なんだか嬉し恥ずかしといったところです。

その銘木リールシートが少し上がってきたので、紹介しますね。





まずは不動の人気、花梨バール。雰囲気があって凄くいいです。ウレタン仕上げ。並べるとなかなかの壮観。



こちらはメープルバール。花梨のバールとはまた違う上品さがあって、とてもキレイ。ウレタン仕上げ。



黒檀です。渋いぜ。この渋さを活かすためオイル仕上げ。



初めての紹介、ウェンジ。力強く立ち上がる木目が美しい。ウレタン仕上げ。

 
今年一定数を制作する5.0MT、5.6MT、8.2MTLの3機種(Kガイド チタンSIC-Sリング)に組み込みます。

価格ですが、例えば5.0MTの定価が¥47.500(税別)なので、¥7.000~8.000ほどを上乗せした¥55.000(税別)ほどとお考えください。
その時々や部材によって、多少の前後はあるかもしれません。従来の樺(黒・茶)の上乗せはありません。

今春の新作、8.2MTLは樺で¥60.000(税別)ほどで何とかしたいです。花梨など¥7.000~上乗せは同じです。82の定価がガイドのことでなかなか確定できず、申し訳なく思っています。


銘木の美しさは、よいブランクがあってこそ。毎年、少数本でも制作を重ねてこられたのも、このブランクがあったからこそ。

5.0に花梨で。このように制作のご依頼をお引き受けしています。レヴェルトラウト特約店さん、もしくは私まで。お近くの特約店さんもご紹介できます。

メールアドレスは kodaira@basil.ocn.ne.jp です。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

特約店さんについてはホームページもご参照ください。http://www.zanmailures.com/

 
なお、前回の銘木で作ったレヴェルトラウトは残り2本となりました。Sリングが届いていなかったので、従来のSICリングです。
お急ぎの方はこちらをぜひ。SIC-Sリングを希望される方は、3月完成予定分をお待ちください。


*56MT(Kガイド チタンSICリング)メープルバール ¥56.500(税別)1本のみ

*76MT(Kガイド チタンSICリング)黒檀 ¥64.000(税別) 1本のみ 今年最後の76になると思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Gijie創刊20周年 | トップ | 2/26はサンスイ横浜店さんで。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
銘木! (北澤)
2017-02-09 19:00:15
やっぱり素敵ですね\(^^)/
でも我慢しておきます、もっと腕が上がったら
の時のお楽しみにしておきます。
北澤さんへ (小平)
2017-02-09 19:18:08
こんばんは。
でしょでしょ!
北澤さんのアレは樺でしっかり制作しますので、しばしお時間下さいね。

もし銘木に変更される場合はお早めにどうぞ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。