ZANMAI BLOG(新アドレス)

遊べや遊べ。
素晴らしいトラウトとの出逢いを綴ります。
タックルのお知らせもこちらからどうぞ。

レヴェルトラウト、2017ver

2017年04月15日 | オリジナルロッド Revel trouts
2009年に初めてリリースしたレヴェルトラウト。

国産に、オリジナルブランクスにこだわって9年目。今年はガイドが新しくなりました。



今年FUJIさんから新しく発売された、チタンSIC-SリングKガイドを搭載しています。

検品中にパッと撮ってみました。右がこれまでのガイド、左が新しいSリング搭載Kガイドです。

同サイズでも左の方が径が大きいですね。チタン加工技術の進歩により、従来よりフラットにカットすることが可能になったそうです。これにより余計な摩擦を減少、大口径化が図れ、よりスムーズなキャストが期待できます。わずかとはいえ軽量化も期待できますね。
 

検品を終えたものから特約店さんにお届けしています。

今年は2009年からのロングセラー、渓流用5.0MTと5.6MTを一定数。新作の本流・湖用8.2MTLを一定数制作いたしました。

*レヴェルトラウト5.0MT 2017ver チタンSIC-SリングKガイド搭載(リールシート樺の茶か黒) ¥47.500(税別)
*レヴェルトラウト5.6MT 2017ver チタンSIC-SリングKガイド搭載(リールシート樺の茶か黒) ¥48.500(税別)

新しいガイドになってもお値段据え置きです。





*レヴェルトラウト8.2MTL 2017new! チタンSIC-SリングKガイド搭載(リールシート樺の茶か黒のみ) ¥58.500(税別)

本流のサツキ、サクラなど遡上魚はもちろん、少し規模のある本流でのレインボーやアメマスにも最適です。

湖では定番の7.6よりミノーの飛距離が期待でき、ファット70や85から130㎜などのロングミノーまでしっかり扱えます。芦ノ湖、中禅寺湖、北海道の各湖でテストを繰り返しました。

強さとしなやかさ。そして軽さと、ともすると相反する要素を高次元でバランスを取っています。一日中タフなコンディションであったとしても、ミノーイングに集中するための様々が詰まっています。



上の写真の2本は5.0の花梨です。あとから上がってきた花梨バールで組みました。保護ビニールが被っています。ウレタン仕上げ。

*レヴェルトラウト5.0MT 2017ver チタンSIC-SリングKガイド搭載 リールシート花梨バール ¥55.500(税別)



こちらは5.6の花梨バール、同じく2本追加で作りました。写真が現物です。

*レヴェルトラウト5.6MT 2017ver チタンSIC-SリングKガイド搭載 リールシート花梨バール ¥56.500(税別)



メープルバールです。同じく5.0で1本のみです。ウレタン仕上げ。

それからビニールを被っていると良さが伝わりにくいため写真を割愛しますが、黒檀も1本追加で制作できました。黒檀はオイル仕上げです。

*レヴェルトラウト5.0MT 2017ver チタンSIC-SリングKガイド搭載 リールシートメープルバール ¥54.500(税別)
*レヴェルトラウト5.0MT 2017ver チタンSIC-SリングKガイド搭載 リールシート黒檀 ¥54.500(税別)
 
お問い合わせ、ご注文は
http://www.zanmailures.com/order.html
ホームページの‘ZANMAIご注文メール‘からお願いいたします。後日、ZANMAIオンラインショップにもアップしますが、ご質問やお急ぎの方はメールをください。


なお、今年制作した3モデルの来年の制作は未定です。ある時にぜひ。お待ちしています。
ZANMAI小平

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レヴェルトラウト5.0にさっそ... | トップ | カズさん、レヴェルトラウト5... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。