ZANMAI BLOG(新アドレス)

遊べや遊べ。
素晴らしいトラウトとの出逢いを綴ります。
タックルのお知らせもこちらからどうぞ。

丸沼、ブルーバックレインボー

2016年11月08日 | 湖 2016年
翌日は丸沼へ。

廣沢さんから ‘せっかくだから丸沼もやりませんか‘ とお誘いをいただき、連戦です。標高1.400m以上に位置する丸沼、丸沼といえば開高さんの時代からレインボーで知られた湖。山上湖特有のブルーバックレインボーは顔を見せてくれるのでしょうか。

さすがは標高のある山上湖、前日はうっすら積もるほどの降雪があり、金精峠には残雪がちらほらと。それにしても7~8年ぶりと、久しぶりの丸沼だなあ。



紅葉に青空。かなり冷え込んでいるけれど、気持ちの良い丸沼。

フットコンが昨年二台とも故障してしまい、不慣れなハンドコンをH氏より借りての出撃です。この日も気が付けば、なんだかんだで9名の仲間が出撃、釣れるといいねえ。



アサイチは何事もなく、少し嫌な予感が。すると少し向こうにいたケンタからtel、ビートアップ130のグリグリでバラシたところらしい。

流しながら近づくと、ちょうど40ぐらいのレインボーをキャッチしたあとで、昨日厳しかっただけに嬉しそう。リリースしてしまったので画像はないけれど、美しいレインボーだったとのことです。やはりビートアップ130のグリグリで。

その後もケンタ、見ている前でグリグリ、グリグリ。すぐにヒット、おおっ。ジャンプ、バラシ!あはははは。決して好反応ではないけれど、それでも楽しい。


どうですか、と寄ってきたのは笛木さん艇。なかなか厳しいみたい。



同船の小林さんがこの少しあとにキャッチ。近くにいたので魚をのぞき込むと、そこには丸沼らしい、ブルーバックレインボーが。

サイズも50ぐらいありましたよ、やはり顔を見せてくれました。





夏を乗り越え、青緑色に背を染めたレインボー。

直前に息子のシュンヤ君がバラシていただけに、嬉しい一本だったと思います。

ロッド:レヴェルトラウト76MT
ミノー:ファット70type2、アカキン


私のファット85type2にもヒット、アタリは小さかったのだけれど、水中から浮いてこずゴンゴン首を振っている様子から察するに、ちょっといいサイズ。

なんだかバレそうだ、テンションを変えずに慎重にやり取りしたのだけれど、最後はフッと抜けちゃった。しっかりアワセられなかったのが敗因です。

 
同船している妻が大きく場所を変えたいと言う。どこに行きたいのと聞くと、あの辺、と指で示す。言うこと聞かないで拗ねられても面倒だし、仕方なく移動してはいどうぞ。すると、妻の一投目に40㎝あるかないかのレインボーがヒット!

せっかくのヒットだったのに、何かで船が大きく揺れて竿が反対にあおられテンションが抜け、ここも残念なバラシ。悔しいねえ。


またしばらくして妻が言う。船着き場に戻りながら今度はあっちで釣ろうと、ふたたび指で示す。あっちね、ハイハイ。

この辺で投げたい、と言うので船を止めての三投目ぐらいかな。またしてもヒット!の声。

ええ?!我が耳を疑ったけれど、ラインの先にいいサイズのレインボーが浮いてきて、ギラン。おおう。





放流魚ではあったけれど、60近いレインボーでした。

いやあ、しっかりネットインさせていただきましたよ、はい。

それにしても、これはついに彼女の野生の勘が目覚めたのか。文章だけを読むと、高活性だったからでしょ、と思われがちでしょうが、まったくそんなことはありませんでした。最初の移動後のヒットが彼女にとって、この日初めての魚からのコンタクトだったのですから。

ロッド:レヴェルトラウト76H ステラ3000にナイロン10lb
ミノー:ファット70type2 グリーンゴールドヤマメ

放流魚とはいえ、お見事でした!
 


私はと言えばやはりファット70type2 日本アワビチャートバックに喰ってきた、30㎝ぐらいののみ。でもね、両日ともに厳しかっただけに、このサイズでも釣れた時はいくらかホッとはしましたよ。

もう少し放流レインボーからは反応があるかと思っていましたが、魚の気が散ってしまっているあたりはやっぱり秋ですね。丸沼もかなり減水していましたし、こちらも難しい一日でした。大会などで放流された魚が固まっている場所はあったようで、そこにはウェーディングしている釣り人も多く集まっていましたよ。

 
秋の丸沼は混雑もなく、ゆったりといい時間でした。

釣り終えて車に戻って外気温を見たらマイナス1℃、寒いわけです。渓流気分が抜けていなかった私ですが、お陰で湖モードに切り替えることができた気がします。



夜は冷え込む中での宴、赤霧のお湯割りが沁みたなあ。


私のタックル
ロッド:レヴェルトラウト76MT、76MTL(プロト)、68MT
ファット用は3000番にPE0.8号にナイロンリーダー8lb
ビートアップなどロングミノー用は3000番にPE1号、ナイロンリーダー12lb

ミノー:ファット70、85各種 ビートアップ各サイズ、130スリム
 
Photo&Report by 小平

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東古屋湖、丸沼へ | トップ | 芦ノ湖、秋シーズンスタート... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

湖 2016年」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。