ZANMAI BLOG(新アドレス)

遊べや遊べ。
素晴らしいトラウトとの出逢いを綴ります。
タックルのお知らせもこちらからどうぞ。

丹沢イワナはべっぴんさん

2017年06月24日 | 渓流・本流2017
いよいよ明日に迫ったキャッチ&クリーンですが、日中はほぼ間違いなく雨降りです。雨男でゴメン。

少雨なので決行予定ですが、皆さん雨具を忘れずに。屋外でやる予定だった勝呂主任の講義ですが、漁協そばにある相模漁連の会議室が借りられることになりました。専門家による貴重な講義なので、ぜひ聞いていってください。

当日の飛び込み参加も大歓迎です、7:00ごろに中津川漁協事務所前の広場に来てください。芝生の広場が駐車場兼集合場所です。ここにタープを張って受付をしますので、参加の皆さんよろしくお願いいたします。

この一日だけで何かが成し遂げられる訳ではありません。けれど、ヤマメやイワナが好きで好きで仕方ない釣り人の存在、ナマの声を漁協さんに届ける貴重な機会です。私はそう考えています。




さて一昨日は下見を兼ねて丹沢の沢に潜り込んできました。沢と言っても源流部ではありませんし、林道を長く歩くわけでもない、わりと気軽なイワナ釣りです。

待望のまとまった雨だったので、もっと水があるかと思ったらこの季節のほぼ平水でした。もちろん渇水でしたから増えてはいましたけれど、拍子抜けする程度の水量でした。山が乾いていたので、かなり吸われたんでしょうね。







雨も好影響でしたね、次々と飛び出してくるイワナはどれもぺっぴんさん。

沢イワナにしては体高があって、肌が張っていて艶もある。色艶がいい。



60ストレートが特に好調でした。トゥイッチを入れた際の独特の輝きがたまらなかったようで、ギラン、ギランに黒い影がスーッと寄ってきてガツン、の繰り返し。このサイズならコンスタントに出てきました。


あえてソリストのすべてを封印してみたこの日のイワナ釣り。ソリスト50MD2やFSはもちろん、40DDも50DDも、ソリストシャッドもすべて封印。

使ったのは50MD、50ストレート、60ストレートのみ。時折り言われるんです、ストレートや昔からのMDの出番が少なくなっていませんか、と。先日も岐阜でそんな話になったところでした。


ロッド:レヴェルトラウト56MT
リール&ライン:ステラC2000+ナイロン5lb
ミノー:50MD、50ストレート、60ストレート

Photo&Report by 小平




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

納品のお知らせ。

2017年06月23日 | 納品のお知らせ
昨日はいよいよ今週末に迫った、丹沢キャッチ&クリーンの下見を兼ねて丹沢へ。
一昨日、集中的に降ったので一時、ダム上国道が通行止めになり心配しましたが、崩れた個所もなく心配ないようです。

ミノーも投げてきましたよ。イワナたちに60ストレートが評判よく、十分に楽しめました。

久し振りに納品のお知らせをさせてください。毎月しっかり納めているのですが、なかなか書けなくて。



黒目のまわりがゴールドっぽいタイプ。



こちらは下地に別の素材を使ったタイプ。写真ではわかりづらいですがキラキラ感があります。

このようにここのところ眼を変えています。様々な手法がありますが、ひとつひとつハンドメイドしているので表情がどれも違います。黒目の大きさも違います。きっちり揃えるやり方もあるんですけれど、今はこの作り方を楽しもうと思っています。

皆さんにも個性あるハンドメイドミノーを楽しんでいただけたら嬉しいです。

(順不同)

*埼玉県 プロショップオオツカ 熊谷本店さん
渓流用から本流用70㎜まで幅広く納めました。ステンバッジやワッペンなどのグッズもお届けしてあります。

*東京都 山口屋釣漁具さん
渓流用から本流用、ビートアップなど幅広く納めました。山口屋さんでも湖のユーザーさんが増えているとのこと、これからもお届けする機会があると思います、よろしくお願いいたします。またオーダー品も納めました。

*山梨県 トラウトマウンテンさん
渓流用から本流用まで幅広く納めました。

*香川県 TonosamaGaeruさん
渓流用、本流用を納めました。ワッペンやカッティングステッカーなどもお届けしてあります。

*埼玉県 キャスティング岩槻インター店さん
渓流用、本流用を納めました。

*愛知県 ザ・ナチュラリスト リバーサイドさん
渓流用オーダー品を納めました。

*東京都 サンスイ渋谷店さん
渓流用からファット、スリムなど幅広く納めました。

*群馬県 サンビーム高崎店さん
渓流用からファット、ビートアップなど幅広く納めました。

*岩手県 イーハトーブ釣り具店さん
オーダー品を中心にお届けしました。


どうぞよろしくお願いいたします。

ZANMAI小平

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鱒の森ナンバー40

2017年06月21日 | 本と雑誌
鱒の森ナンバー40が発売になりました。
特集は、ミノー学2017。

原稿執筆依頼をいただき、この特集内で‘渓のミディアムディープ‘について書いています。
ご存知のとおり、MDシリーズはZANMAIの渓流、本流用を代表するミノーです。これら多く制作するようになったきっかけなど、6Pに渡って奥深きMDの世界に触れています。

また僭越ですが、今号ではうちの貴子さんが今年の朱鞠内湖遠征について原稿を執筆しています。
彼女なりの言葉でイトウ釣りについての熱い気持ちを語っています。

どちらも一読いただければ嬉しいです。









小難しいと思われるかもしれませんが、要するに私は渓でMDを操るのが楽しいのです。



上の写真は佐々木大輔さんからの便り、丹沢でヤマメやイワナと遊んできたそうです。
ソリスト50MD2 フラットサイドでも8寸ほどですがヤマメが。

鱒の森をパラパラめくっていると、佐々木さんのお名前を発見。探してみてくださいね。



丹沢でカモシカに出合ったそうです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

南アルプス源流の尺イワナ、中野さんです。

2017年06月19日 | 渓流・本流2017
制作の追い込みに、25日に迫ったC&C丹沢のあれやこれやで一日が飛ぶように過ぎ去ります。

ご愛用くださる皆さんに感謝、貴重な一日を割いてともにしてくださる皆さんに感謝。今のところ当日は曇り予報、持ってくれるかなあ。

少雨決行、荒天中止です。もし雨予報なら雨量予報に応じて前日夜、もしくは当日の早朝に出来るだけ早くC&C事務局のブログ、フェイスブックページ、ここのブログなどでお知らせをします。参加表明をいただいている皆さん、確認をお願いいたします。

さて、山梨の中野さんより便りをいただきました。

レヴェルトラウト5.6MTを我が腕のようにご愛用いただいている中野さん。小規模本流のアマゴ、ヤマメから源流のイワナまでと本当に広く使い込んでいただいています。5.6MTはミノーイングロッドとしての使いやすさとともに、この汎用性の高さも大きな魅力です。

今回は南アルプスの源流に潜り込んでの尺イワナ、フラットサイドもよい仕事をしてくれたようです。



「本日、南アルプス系の源流へ釣行しオールZANMAIで尺イワナをキャッチすることができました。

思いの外活性が高くない状況でしたがこの日一番のイワナを引っ張り出してくれました。」

ロッド:レヴェルトラウト5.6MT
ミノー:ソリスト50MD2 FS(フラットサイド)ヤマメ

Photo&Report by 山梨の中野さん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丹沢イワナ34㎝、相模の釣り師さんです。

2017年06月18日 | 渓流・本流2017
先日掲載させていただいた尺ヤマメに続く、相模の釣り師さんからの便りは丹沢の源流イワナ34㎝。

苦労をいとわず出掛けるアングラーにしか逢えない魚が源流にはいますね。本当に美しいイワナ、惚れ惚れします。











「丹沢源流イワナ34センチ。
今日は丹沢源流から沢登りと縦走まで楽しもうと山に入る。

源頭部のイワナ達はタライほどのポイントに潜む。
小さなルアーで攻めていたがフックが小さいせいか大型のイワナを連続でバラしてしまい凹む。

ここでチョイスしたのがZANMAIソリスト50MD2 FSのいちごヤマメ。
6番バーブレスフックを装着したソリストFSに良型イワナが見事フッキング‼️

久しぶりの良型イワナに大興奮、丹沢源流にドラグ音を鳴り響かせた。
ランディングを手こずらせるイワナが憎らしく愛おしい。

キャッチしたイワナは34センチ、今シーズン最初の三口となった。」





ヒットルアー
ソリスト50MD2 FS いちごヤマメ

Photo&Report by 相模の釣り師さん

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

丹沢のジャスト尺ヤマメ、相模の釣り師さんです。

2017年06月16日 | 渓流・本流2017
梅雨ですよね。梅雨時ぐらいもっとしっかり降って欲しいと願うのは私だけでしょうか。

丹沢は渇水傾向が続いていますが、相模の釣り師さんはしっかりジャスト尺ヤマメをキャッチしています。

いつもの68MTに60MD。相模の釣り師さんはフィールドでどんなことを考えているのでしょうか、コメントもお預かりしています。

厳しいコンディションの中で価値ある一本、おめでとうございました。








「今日は平日の夜明けと共に丹沢水系本流に来て早々に良型のヤマメをキャッチし、気分転換にルアーをローテーションしていく。

ハンドメイドルアーZANMAI 60MD。

早朝の時間帯は瀬尻に定位しているヤマメも多いことから、ポイントに近すぎず、ある程度の距離を保ってキャストする。

対岸の岩肌沿いを、ラインスラッグを利用してのラインスラッグアクション、つまり優しくトゥイッチして引いてくる。

レンジをキープできるのと、食わすタイミングを作らなくもヒットに繋げられることから、流れの緩い場所では多用している。

そして緩んだラインが一瞬テンションかかると同時にヒットした。

今度のヤマメは良型だろうか、簡単に寄せられない。

苦戦しつつも、丁寧に慎重にランディング体制に入る。

ロッドを寝かせて、ヤマメの動きに合わせてネットインさせた。

ジャスト30㎝のヤマメであるが、最初のヤマメと同様体高が素晴しい、そして抜け落ちそうなパーマークが何かを予感させてくれた。言わば戻り固体、降海型ではない。

数年前はよく釣れた体高のあるヤマメだったが、ここ1~2年では、久し振りに現れた個体だった。

精悍な顔つきが、たまらなく丹沢本流ヤマメの魅力に溢れていると実感した。」

タックル
ロッド: ZANMAIレヴェルトラウト6.8ft
ヒットルアー:ZANMAI 60MDヤマメ

Photo&Report by 相模の釣り師さん




丹沢で今年初のアサギマダラを見かけたそうです。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

早川水系のイワナたち、羽田さんです。

2017年06月15日 | 渓流・本流2017
静岡の羽田さんより便りをいただきました。

イワナ釣りに出掛けたらソリストシャッドがドンピシャでハマり、楽しい時間を過ごしたそうです。

ソリストシャッドがよかったその訳とは。レポートもお預かりしましたよ。







「早川水系の支流へ登山を兼ねて、入渓して来ました。

曇天で、時折太陽が顔を見せるも直ぐに隠れてしまい、少し肌寒い日でした。
源流域、流石に水は冷たく手を10秒も入れると腕まで痺れて来る様な冷たさ。

先ずは50MDヤマメで探りました、直ぐに反応が有り、もう一度同じコースでを通すとヒット。

同じポイントには何匹もイワナが確認出来たので、アップ、アップクロス、クロスとコースを変えて打ちますが、チェイスは有るもバイドには至りません。

そこで、最近手に入れたソリストシャッド50チャートヤマメをチョイス。

50MDはソリストのラインナップと違い少しボディがスリムで、ラインスラッグを使うトゥイッチではローリングにも似たヒラを打ちます。故に妖艶な誘いを演出してくれます。

よくある、テールが前に煽るヒラの打ち方はしないので、無駄に前へ進む事が無くアピール出来る時間が多く取れます。

ですがこの日は山深い源流域で曇天、50MDはボディがスリムな為にアピールが少し弱いと判断しシャッドの出番。
ソリストシャッド・スローシンキングをピンで打ち、ゆっくり馴染む様に沈ませ、ここぞと言うレンジでトゥイッチを掛けフォールの間で食わすことを心がけました。

するとこの日はソリストシャッド・チャートヤマメがハマり、ルアーローテーションを忘れる位のどハマり。

シャッドと言えば普通、ナス型のボディに大きなリップのイメージですが、ソリストシャッドはリップも小さくボディもスマート。
しかし、ダウンでの押しにも浮き上がること無く、スマートなボディは遠距離でも視認出来る程ヒラを打たせる事が出来ます。

イワナは石を釣れ。と言う様にピンで狙う事が多く、数十センチのヒットポイントで見せて、食わすには欠かせないルアーの1つですね。」










ミノー:ソリストシャッド50スローシンキング チャートヤマメ、50MDシンキング ヤマメ

Photo&Report by 羽田さん

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キャッチ&クリーン丹沢・中津川スケジュール

2017年06月14日 | ゴミ拾い・清掃活動のお知らせ
6月25日に開催されます、第15回キャッチ&クリーン丹沢・中津川スケジュールです。

*日時 6月25日(日)
少雨決行、荒天中止もしくは延期

*集合場所 中津川漁協事務所前(管理釣り場中津川フィッシングフィールドと同じ敷地です)

*参加費¥500をお預かりします。当日のケガ保険や軍手などの雑費費用です。もし余剰が出れば稚魚放流資金に充てさせていただきます。

*清掃はダム上、ダム下に分かれます。ダム下の方が安全です、ご家族で参加される場合はダム下をお勧めします。

*長袖、長ズボンと清掃や放流に適した格好でお越しください。ウェーダーをお持ちの方は持参ください。雨具も念のために。

例年通りヤマメ稚魚、幼魚の準備も済んでいます。

スケジュールにありますように、今年も神奈川県内水面試験場の研究員さんに丹沢と渓魚についての講義を依頼してあります。今年講義をいただく勝呂主任はヤマメ、イワナの渓魚研究の第一線で広く活躍されている方です。

私もとても楽しみにしている講義です。なかなかない機会ですので、皆さんもぜひ聞いていってください。

また今年は地元在住でもあり、長きに渡ってこの世界の先頭で走り続けてこられた、アングラーズリパブリックの飯田さんにも来場いただける予定です。


*6:45~7:30 中津川漁協前タープにて受付

*7:30~開会式

*7:45~各清掃エリアへ移動 清掃開始

*9:45 ダム上に放流車着、展開して放流

*10:45 ダム下に放流車着、放流
放流が終わった人から本部へ再集合、ゴミ分別作業開始

*11:45 本部前にて、丹沢のヤマメ、イワナについての講義
講師 神奈川県内水面試験場 勝呂主任

*12:45 閉会式

参加申し込みは小平までメールにて
kodaira@basil.ocn.ne.jp

C&C事務局ブログ http://catchandclean.naturum.ne.jp/
よりメールでお申し込みもいただけます。

フルネーム(ふりがな)と年齢、男性or女性を書き添えててください。当日の参加申し込みもOKですが、名簿作成などの都合上できるだけ事前にお申込みください。

山や川、渓魚を愛する方ならどなたでも大歓迎。これまで未参加の方、熱烈歓迎。参加申し込みをお待ちしています。

第15回キャッチ&クリーン幹事 小平



写真は昨年の第13回C&C丹沢・中津川です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レヴェルトラウト クオリティー

2017年06月12日 | 渓流・本流2017
釣り竿というものは、強い柔らかいという表面的な言葉だけではとてもいい表すことができない道具です。

腕には筋肉があり、脂肪もあり、関節があり、筋や腱やそれらを覆う皮膚があります。投げたり引き寄せたり持ち上げたりと、我々は日常の多くを自然と腕に委ねていますね。

腕そのものにはなれないけれど、その腕ができるだけ違和感なく扱える道具として、高い次元でバランスをとりたい。いつもそんなふうに考えています。

もちろん竿には通常の使用で釣るべき、いわば想定された魚がいてそれに沿って設計もされています。ですが実際の釣りにおいては、時に想定を超える魚が掛かることだってあります。


釣り人は神奈川のカズさんです。





サクラマス56㎝、竿はレヴェルトラウト5.0MT(2017ver)、ラインはナイロン4lbだったそうです。

もちろんカズさんの釣り人としての腕があってこその釣果です。ですがもし強いだけの竿だったとしたら、いくらカズさんの腕、ドラグの力を借りてもナイロン4lbは持たなかったかもしれませんし、柔らかいだけの竿だったら遡上するサクラマスをいなし、耐え、寄せることは難しかったかもしれません。

私もかつて渓流で釣っていたら遡上するサクラマスが予想外のヒット、レヴェルトラウト5.6MTにナイロン5lbで45~50㎝ほどの少し小振りなサクラを連発した経験がありますが、5.0MTにナイロン4lbでこのサイズのサクラとなると経験がありません。


もしかするといくらかの幸運だって必要なのかもしれません。けれど釣り人の腕と、その腕を一層高みへと引き上げる道具が文字通り一体となったとしたら。

カズさん、おめでとうございました。素晴らしい釣り、素晴らしいトラウトの傍らに添えていただき光栄です。有難うございました。



40クラスのイワナも同じタックルでしっかりキャッチされています。


Photo by カズさん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古い友人に丹沢を案内してイワナ釣りの面白さを知ってもらうこと。

2017年06月11日 | 渓流・本流2017
古い友人から連絡があった。渓流の釣りをやってみたいので案内してほしいとのこと。

同窓会は定期的にやっているみたいだけれど、どうも縁遠くて、数えてみると36年ぶり。小学校の同級生だからね。

懐かしいといえば懐かしいけれど、なんだか照れくささが先に立つのも仕方ないところだよねえ。

林道を並んで歩きながら近況などを交換し合った。聞くと、磯のヒラスズキに毎週通うほど熱を入れている。釣り歴は長いけれど、イワナやヤマメは釣ったことがない。と、ほぼ初めての渓流なのだけれど、キャストを見るとさすがにちゃんとしている。これなら心配いらない。

昔ばなしもたくさんしてくれた。へえ、そうだったんだ。そんなことあったっけ。覚えていないのに覚えているふりもできないし、あまりにも多くを忘れてしまっていることをただ露呈してしまうだけとなった。それにしても彼、木島の記憶力は素晴らしくて、頭の中をのぞいてみたくなるほど。

俺の脳内記憶装置がいかにポンコツか。それでも一緒に川を歩き、小さいながら初めてのヤマメを釣り、この渇水としては十分なサイズのイワナも釣り、そんな時間の中でふとした瞬間に見せる彼の表情は確かに見覚えがあって、どうやらポンコツ記憶装置が少しずつ動き始めたみたい。

よく野球やったね、サッカーも。
うんうん。



初めてのニッコウイワナ。

いやあキレイだな。すぐ近くの丹沢ってこんなに緑が豊かなんだな。
そうなんだよ。地元の丹沢も捨てたもんじゃないんだよ。

ほぼドン突きまで歩き通した。木島は午前中だけで今日はもう十分歩いた、楽しかったありがとう、また遊ぼうと言って帰って行った。


そこで午後は妻と別のイワナの川を歩いてみることにした。





梅雨入りしたというのに、山はカラカラ。水量は半分、砂防堰堤の上はこんな有様。





まるで真夏の、渇水のイワナ釣りみたいだった。よい練習だと思ってソリスト40DDを中心に乏しい流れを丁寧に探ると、それでもそれなりにイワナたちが顔を出してくれた。スレンダーで色の濃い、沢イワナたち。

釣れなかったけれど、一度だけやけに頭が大きくて黒いイワナも追ってきた。



貴子さんも2匹のイワナを釣った。


気が付けばいい歳になっていた。たぶん互いが互いにかつての面影を探り、釣れたり、バラシたり、ふとした瞬間に過日のそれを見出しながらの川歩きだったんじゃないかな。

全員にイワナが釣れて本当によかった。彼の優秀な記憶装置がこの日のイワナ釣りをいつまでも覚えていてくれればいいのだけれど。

繋いでくれたのは俺たちの地元、丹沢のイワナ。この日も感謝、感謝。


タックル
ロッド:レヴェルトラウト5.0MT(2017ver)
リール&ライン:ステラC2000にナイロン5lb
ミノー:ソリスト40DD、ソリスト50MD2、同FS、ソリストシャッド50、50MDシンキングなど

Photo&Report by 小平
コメント
この記事をはてなブックマークに追加