ZANMAI BLOG(新アドレス)

遊べや遊べ。
素晴らしいトラウトとの出逢いを綴ります。
タックルのお知らせもこちらからどうぞ。

御礼申し上げます。

2016年08月31日 | カート販売のお知らせ
本日31日、20:00より販売をさせていただきましたミノーはすべて完売となりました。

アクセスをいただいた皆さま、本当に有難うございます。

心より御礼を申し上げるとともに、精魂込めて制作したミノーたちが皆さんのお役に立ってくれますよう、祈るばかりです。

ご購入いただいた皆様には、webショップを担当させていただく妻より、順次ご連絡を差し上げます。

またご購入いただけなかった方にはお詫び申し上げます。大変申し訳ございません。


もちろんのこと、いつもZANMAIをよくしていただく取扱店様には今後もしっかり納品をしてまいります。

次回のオンラインショップでの販売は未定ですが、こちらもまたどうぞよろしくお願いいたします。

楽しく、よい釣りをしましょう。

ZANMAI代表 小平豊
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岐阜の岩崎さん、三田さんからの便りです。

2016年08月31日 | 渓流・本流2016年
まず、丹沢がお好きな皆さんへ。

一昨日、東のダム上で釣りを終えた知人が沢伝いに戻っていたところ、唐沢キャンプ場付近でクマに遭遇したそうです。数日前にもこの付近での目撃情報が役場に寄せられているとのこと。清川村役場にも情報がアップされていますので、気になる方はご確認を。

丹沢のツキノワグマの生息数は推定30頭ほどと、かなり少ないと言われており遭遇することは稀でしょうけれど、しばらくは気を付けて楽しみましょう。

結構大きな個体だったとのことです。

 
さて、岐阜の岩崎さんから便りが届きました。今回は釣友であり、よく共だって釣りに出掛ける三田さんの釣果もお預かりしています。





三田さんとキャッチした夏アマゴ。体高があってよいアマゴですねえ。

しかもミノーはファット85type2、アワビ ワカサギとのこと。詳細が書かれていませんでしたが、本流での釣果でしょうね。

湖でお馴染みのファットですが、本流でもなかなかいけます。よく飛びますしね。





こちらは岩崎さんのイワナとアマゴ。

‘夏の渓にはイワナとパーチがよく似合います‘

パーチとはまた渋い選択ですね。でもこのカラー、どこか虫っぽい気がしてきました。

ロッド:レヴェルトラウト5.0MT
リール:カーディナル3
ルアー:ソリスト50MD2パーチ・シャッド50オリカラ等。




Photo&Report by 岩崎さん、三田さん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南アルプスのイワナたち

2016年08月30日 | 渓流・本流2016年
翌朝。これから山に登る人々の気配で目が覚めた。





やっぱり今日登るべきだったかな、そう思わせるほどの青空だ。

ソーセージを炒め、パンを温め、目玉焼きを加えて朝食とする。ゆで卵もつくった、これは今日の行動食にしよう。


ここ南アルプスには東西南北問わずいくつものよい川がある。どこで釣ろうか少し考えた末、今回はひとつの川を選んであった。

ここからだと移動に時間が掛かる川なので、急いでフライシートやらを干し、リュックに詰め込んでさあ出発だ。



バスなどを使って大きく移動した後は、さあ歩け歩け。この日のリュックは約15㎏、夏は特に堪えるね。



木苺を少しだけいただく。





フジアザミが咲き始め、アサギマダラが花から花へと盛んに舞う中、ひたすら歩く。







リュックの重みが肩や腰にきたころ、ようやく竿を出す。渇水のようだ。ウェットゲーターでも水がぬるく感じる。

しばらくは追いがあってもなかなかキャッチに結びつけられなかったけれど、ソリスト50MD2のFSにひとつ良型が出たのをきっかけとしたかのように、連続して顔を見せてくれるようになった。

私は釣り人であり学者ではないので断定はしないが、やはりヤマトイワナのようだ。ヤマトとニッコウの見分け方や、そもそもヤマトとはなんぞや、このあたりについてはいろいろ言われているが、現在ではニッコウの一亜種との見方が強いと聞く。よって中間種も存在するのだろうし、ましてやそもそも川ごとの地域差が大きいイワナの話。なかなか難しい。

ただよく見聞きする、白点がなく橙点のみが存在するのがヤマト、という説だったり、腹のオレンジ色の有無、サバ模様の濃淡だけで判別するというのは個人的な経験からも、またヤマトが棲息している地元の声を聞いてもいかがなものかと思う。ヤマトでも魚のサイズだったり、谷ごとの地域差で白点の残る個体など、様々なヤマトが存在するのではないだろうか。個人的見解を乱暴だけれど一言で言わせてもらえれば、やはりパッと見た全体の雰囲気がニッコウとヤマトでは異なる、そんな気がして仕方ない。

源流域のニッコウも黒ずんでいたり、ヌメリ気が強かったりする個体もいるけれど、やっぱり雰囲気が違うとしか言いようがないのだ。そんな曖昧な、とおっしゃることなかれ。曖昧なのだから。

そこには希望的観測だったり、思い込みだったり、様々な要素が入り込んで邪魔をするところだとは思うけれど、我々釣り人としては断定はしないがヤマトっぽいな、希少種に逢えて嬉しいな。こういう肌感覚でちょうどいいんじゃないだろうか。

この日も混血を思わせる個体もいたことはいたけれど、結局DNA鑑定でもしないとわからないことでしょう。

かつて、もうかなり前の話だけれど、私が作るミノーのヤマトイワナに少し白点を入れていた頃がある。私がイワナ釣りを覚えた南アの渓には地元の人たちがヤマトイワナと呼ぶ、確かにニッコウとは雰囲気が異なるが少し白点を有するイワナがたくさんいたからだ。そういう個人的な原体験に基づいてルアーを作っていたところ、ユーザーさんからこれはヤマトじゃない、ヤマトには白点が存在しないと断言されて、困ったなあと。こういうことを経て思うところがあり、現在では橙点のみ吹くことにしているのだけれど。





コンパクトロッドを1本だけ持ってきていたので、良型が出たところで妻に交代する。しばらく音沙汰がないので、これまで投げていた40㎜からミノーを変えようと提案してみる。結んだのはソリスト50MD2のヘビーシンキング。重量があるのでキャストコントロールがしやすいだろうし、ヤマトイワナカラーがボックスにあったので、ヤマトでヤマトを釣ろうよ。そう声を掛けた。

すると不思議なもので、割とすぐにヒット。雰囲気のあるよいイワナ、よいヤマトだった。

妻も初めてのヤマトにすごく嬉しそう。これでいいのだ。





特別大きいのは出なかった。けれど午後も遅い時間からの釣りだったにもかかわらず、たくさんのイワナに逢えた。

もちろんすべてリリース、特にこういう魚を釣るときは無条件でシングル、バーブレスとしたい。



これぐらいのサイズも多かった、これはグリーンヤマメで。







翌日も少し竿を出したのち、満足して山を下った。今シーズン中にもう一度行きたいな。

タックル
ロッド:4P 4.8f+2000番+ナイロン6lb
ミノー:ソリスト40DD、同FS、ソリスト50MD2、同FS、ソリスト50DD そのほか(すべてシングルバーブレス)
偏光サングラス Talexイーズグリーン(宅配のめがねやさん)
ランディングネットは荷物になるので所持せず

Photo&Report by 小平



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

南アルプス、仙丈ケ岳へ

2016年08月29日 | トレッキング
妻とともに山に登り、テント泊と山小屋泊を楽しみ、ヤマトイワナに遊んでもらう。そんな盛りだくさんの山旅へと出掛けた。

まず目指すは‘南アルプスの女王‘と呼ばれる、仙丈ケ岳(3.033m)、日本百名山。この仙丈ケ岳、小学生のころは夏休みになると、伊那側の仙丈登山のベースとなる仙流荘に泊まり込んでイワナやアマゴを追いかけまわした、私にとって大変馴染み深い山なのだ。麓の町で作られる仙丈という日本酒があって、我が家にはいつもこの酒が置いてあったことも思い出される。



麓のテント場で今夜の宿となるテントを張り終え、朝食をとり身支度を整えたら出発だ。

樹林帯をしばらく登ると、開けた場所に出た。振り返ると谷底に我々のテン場が遠望できる。この時はまだこの程度の眺望があったのだけれど、登るにつれ雲が湧いてきた。



ひとつめのピーク、小仙丈ヶ岳に着く。このころにはご覧のとおり、もはや眺望など望むべくもない。

仙丈ケ岳は3.000m級の山としては特別な難所もないため、健脚でさえあれば登りやすい山と言われているらしいのだけれど、やはりそこは3.000mを超える山。懐が深い。





小仙丈からは3.000m近くの稜線上を歩く。晴れていれば日本一の富士山、第二位の北岳、第三位の間ノ岳とワンツースリーがすべて見渡せるはずなだけに、大変残念。有名な仙丈カールもほぼ霧の中。

ちなみに向こうに見えている小さなピークは目指す仙丈ではない、それでも目標をもって歩けるのはいい。





ようやく着いた。霧だの雲だのガスだの、かえすがえすもこの条件は残念。予報からわかってはいたのだけれど、日程をずらすことが難しかったのだ。

それでももちろん達成感はある。普段は人気の仙丈だが、悪天候のせいでほぼ貸し切りの山頂だった。この山頂で年配の方と少し話をした、聞くとルートは異なるものの、明日はお互いに同じ山小屋を目指す予定であることがわかった。なんだか少し親近感を持ってでは明日にまた、とその場を別れた。

できれば山頂でゆっくりしていきたかったのはそれこそ山々だったのだが、これからピストンでテン場まで下山しなければならないので、小休止にとどめ先を急いだ。年配の方は仙丈小屋に泊まるらしく、十分に余裕があるので雲が切れるのを期待してもう少し待つよ、とのことだった。



わずかに開けた眺望。



藪沢カール。このあたりから降り出した。ポツポツきたな、と思ったらいきなりザーッときた。



遠いけれど、雷も鳴っている。急いで雨具を着込み下山を急ぐ。途中、細いけれど美しい滝があった、眺めながら少し前に水場から補給したばかりの冷たい水を飲む。うまい、美味すぎる。

ほぼコースタイムどおりに無事下山。夕立はなかなか止んでくれない。こうなると夕立の情緒などすでに失せ、ただ長く激しい本降りと呼ぶ方がふさわしい。



寒いのでダウンを着込み、狭いが親愛なる今宵の我が家に落ち着く。持ち込んだビールとワインで乾杯だ。妻がミネストローネを作ってくれる、冷えた身体に血が巡る。

ワインが空くころ、気が付くと気絶するようにテントに横たわっていた。ムニャムニャ言いながら寝袋に潜り込む。

真夜中に目が覚めた。バタバタとテントを激しく叩いていた雨はすでに上がり、そのかわりテン場脇の小渓がザーザーと流れる音だけが聞こえる。少し増水したようだな、この川でもイワナは釣れるのかな。

外を覗くと満天の星。すごい星だよ、と妻を起こす。わあ、と妻がたった一言だが、感嘆の声を上げる。

眠い我々は少し見ただけで満足し、再び寝袋に潜り込んだ。

明日も歩くぞ。


Photo&Report by 小平



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ミノー販売のお知らせ

2016年08月28日 | カート販売のお知らせ
いつもZANMAIをご愛用いただき、ありがとうございます。

大変お待たせいたしました。久し振りに8/31(水)20:00よりオンラインショップにて、ミノー限定カラーを販売させていただきます。

オンラインショップページは下記よりどうぞ。
http://huusui.cart.fc2.com/

販売させていただくミノーは下記のとおりです。今回は3色ご用意、イチゴヤマメはオンラインショップ限定カラー、クリアーチャート/オリーブ、グリーンヤマメはイレギュラーカラーのため、いずれも次回制作は未定です。本数の制限はありません。

定刻になるまでオンラインショップにはアップされません。世界でたった1本のミノーたちですから、写真はすべて現物です。

定刻前にあらかじめ会員登録を済ませていただくことをお勧めします。ご希望のルアーをカートに入れていただいていても、その後にご住所など必要情報を入力いただくと、お買い物の確定までに時間が掛かるためです。カード決算paypalをご利用される方も同様です。

渇水に悩まされた今シーズンもようやく回復傾向にあるようですね。ラストスパートにお役立ていただければ嬉しいなあ。





ソリストシャッド60
シンキング6.5g ポリカリップ
イチゴヤマメ 2本あります。
¥4.300(税別)

瀬などを素早くチェックしたり、強めの流心に送り込んで活躍するソリストシャッドの60㎜を、イチゴヤマメでいかがでしょう。





ソリスト40DD FS(フラットサイド)
シンキング3g強 基盤リップ
イチゴヤマメ 1本のみ
¥3.800(税別)

小渓流、源流域で欠かせない40㎜のフラットサイド。アクションはタイトに、ただ巻きでもトゥイッチを入れた際にも戻りが早い傾向があるので、従来モデルと使い分けると効果的です。

40㎜は適したサイズのシングルフックがご用意できないため、トリプルフックを装着してありますが出来ればシングルに変更してご使用ください。トリプルとシングルで、当然アクションにいくらかの変化は生じますが、どちらでも問題なくお使いいただけるよう設計してあります。



ソリスト40DD
シンキング3g強 基盤リップ
イチゴヤマメ 1本のみ
¥3.800(税別)

ボディーに少し厚みがある、通常の40DD。バルサ素材の40㎜でも3~3.5gほどあり、小粒ながら飛距離を稼げるためコントロールしやすいモデルです。





ソリスト50MD2 イチゴヤマメ
フローティング約3.5g ポリカリップ 1本のみ
シンキング約4g 基盤リップ 1本のみ
ヘビーシンキング約5g 基盤リップ 1本のみ
¥3.800(税別)

活躍する場が広いソリスト50MD2。F、S、HSを1本ずつご用意しました。イチゴヤマメは昨年7月に一度だけ販売させていただきましたが、数量限定にもかかわらず釣果のご報告を多くいただいたカラーです。







ソリスト50MD2 FS(フラットサイド)
シンキング4g弱 基盤リップ 
イチゴヤマメ 2本あり
¥3.800(税別)

通常のMD2とそのフラットサイドを並べてみました。コーティングの回数はどちらもほぼ同じだけ確保し、強度は維持していますのでご安心ください。





ソリスト50DD
ヘビーシンキング約5g ポリカリップ 
イチゴヤマメ 1本のみ
¥3.800(税別)

決して引き重りしないのがソリストDDの大きな特徴のひとつ。水を掴むだけでなく、同時にどう逃がすかを重要視しているためです。





ソリストシャッド50
スローシンキング約4g ポリカリップ 
イチゴヤマメ 1本のみ
¥3.800(税別)

使い勝手の良いソリストシャッド。アップ~クロス~ダウンと幅広く活躍させてあげてください。かつてのソリストシャッドはリップが差し込み口の根元で折れやすかったのが弱点でしたが、ここのところかなり改善されていると思います。





ソリストシャッド60
シンキング6.5g ポリカリップ 1本のみ
クリアーチャート/オリーブバック/ホワイトベリー/テールに少しだけオレンジ
¥4.300(税別)

個人的にも実績大のクリアーチャート。紫外線に反応するのでゴールドとは異なる魅力があります。





ソリスト40DD FS(フラットサイド)
シンキング3g強 基盤リップ 1本のみ
クリアーチャート/オリーブバック/ホワイトベリー/テールに少しだけオレンジ
¥3.800(税別)

ボディーを薄くするとそれだけでパタパタ、バタバタアクションになると思われがちですが、それは少し違います。





ソリストシャッド50
シンキング約5g ポリカリップ 2本あり
スローシンキング約4g ポリカリップ 1本のみ
クリアーチャート/オリーブバック/ホワイトベリー/テールに少しだけオレンジ
¥3.800(税別)

イベントなどで時折り制作する、クリアーチャート。お勧めです。
今回制作分からすべてのミノーの塗装面がさらに滑らかに、塗料のノリが向上しました。





ソリスト50MD2 FS(フラットサイド)
シンキング4g弱 基盤リップ 2本あり
クリアーチャート/オリーブバック/ホワイトベリー/テールに少しだけオレンジ
¥3.800(税別)

フラットサイドは同じ重量の他モデルと比較して、沈みが少し早いのも特徴です。独特のキレをぜひ。





ソリスト50MD2
フローティング約3g 基盤リップ 1本のみ
シンキング約4g 基盤リップ 1本のみ
ヘビーシンキング 基盤リップ 1本のみ
クリアーチャート/オリーブバック/ホワイトベリー/テールに少しだけオレンジ
¥3.800(税別)

ご存知、ソリスト50MD2をこのカラーでもF、S、HSとご用意しました。特に少し濁った時にはぜひ。今回のクリアーチャートには、どれもあえてパーマークを入れていません。クリアーチャートそのものの威力を感じ取っていただきたいためです。







ソリスト50DD
ヘビーシンキング約5g ポリカリップ 1本のみ
クリアーチャート/オリーブバック/ホワイトベリー/テールに少しだけオレンジ
¥3.800(税別)

DDで5g、頼りになる場面があります。上記中央の写真のとおり、ZANMAIのミノーたちはバルサの木目をチラッとご覧いただけることも、デザイン上の特徴ですよね。





ソリスト40DD
シンキング3g強 基盤リップ 1本のみ
グリーンヤマメOB/チャートヘッド 
¥3.800(税別)

あまり制作しないGヤマメ、しかもチャートヘッドで視認性もバッチリ。





ソリストシャッド50
スローシンキング約4g ポリカリップ 1本のみ
グリーンヤマメOB/チャートヘッド 
¥3.800(税別)

使い方次第でフローティングのようにも使えるスローシンキング設定、何かと重宝するでしょう。





ソリスト50MD2
ヘビーシンキング約5g 基盤リップ 1本のみ
グリーンヤマメOB/チャートヘッド 
¥3.800(税別)

水がクリアーな時、濁りが入った時ともによいカラーです。渓流域から本流域までどうぞ。


以上です。では31日の20:00に、皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

*ご自身で使っていただける方のために制作しています。オークション目的の方はご遠慮ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丹沢、ヤマメの小渓へ

2016年08月27日 | 渓流・本流2016年
山に登ったり、ヤマトイワナに遊んでもらったりして、昨日無事に下山しました。よく歩いた。疲れたけれど楽しい山旅だった、この様子はまた後日にアップします。

さてもう先週のことだけれど、八橋さんから‘夏イワナに逢いに行きませんか‘とのお誘いをいただいた。夏イワナいいな、けれど私はすでに翌週、イワナ釣りに出かける予定があった。

そこで連発で来ていた台風の間隙を縫うように、お互いの地元、神奈川は丹沢の小渓を案内しヤマメたちに遊んでもらおうと目論んだ。



この日はあるテーマをもってスタートした八橋さん。入渓後しばらくはかなり苦戦を強いられていたけれど、ついに待望のヤマメを手に。



ひとつキャッチした後は、ヤマメのリズムを掴んだかのよう。手に入れていただいたばかりのグリーンヤマメに続き、イチゴヤマメにも。







川の規模が規模なのでヤマメのサイズはある程度限られるし、ましてや魚影だって決して濃くはない。

けれど釣れるヤマメはどれもピカピカ。





私にも9寸ほどのヤマメが。ヤマメカラーでヤマメはお約束でしょ、ソリスト50MD2のFSで。





綺麗だなあ、ホントに綺麗だなあと何度も口にしながら写真を撮る八橋さん。

この日の釣りは昼までの限定だった。この川は何度目かになるけれど、まだ一番奥まで詰めたことがないのでまた今度、そんな約束を交わす。

誰しもいろいろ抱えて生きている。だからこそなのだろう、言葉のひとつひとつやその表情から、しばし渓魚に遊んでもらうこの時間を心の底から大切にしているのが私にも感じ取れた。そんな時間を共有できて嬉しかった。

一瞬であの頃に戻してくれる渓魚たちに、山に、川にこの日も感謝。過ぎ行く夏が惜しいねえ。



「綺麗な山女が沢山釣れて良かったです。

ソリスト40 FSのイチゴヤマメ、グリーンヤマメ、早速の入魂する事が出来ました。

いつも渓流ではあまりローテーションをしない私ですが、この日は違います。

グリーンヤマメをキャストすると、それまでチェイスだけだった山女たちのスイッチが入り、以降は連続ヒット!

一時はボーズを覚悟したのですが、イチゴとグリーンに替えてからは、それまでがウソのように釣れてしまいました。

やっぱり渓流でもルアーカラーは大事ですね。」


タックル
ロッド:レヴェルトラウト56MT+ナイロン4lb
ミノー:ソリスト40DD FS、ソリスト50MD2 FS、ソリスト50MD2など

Photo&Report by 八橋さん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丹沢の尺イワナ、相模の釣り師さんです。

2016年08月23日 | 渓流・本流2016年
相模の釣り師さんより、週末の釣果便りをお預かりしました。

地元の丹沢へもぐり込み、キャッチしたのは源流尺イワナ。

頭が大きくて後ろはひょろっとしているんだけれど、色合いといいまさに源流イワナ。このぐらいになると顔付きも迫力が出てきますね。







「丹沢の貴重なビッグチャンスを生かし切れず。

32センチ止まりでしたが源流イワナ祭りは久しぶり、釣果に満足出来ました。」


ミノー:ソリスト50MD2 FS(フラットサイド)イチゴヤマメ

Photo&Report by 相模の釣り師さん
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

いくらか納品を。鱒の森№35。

2016年08月22日 | 納品のお知らせ
またしても台風、上陸間近。被害がありませんように。

今月分も無事に完成し、納品を済ませました。



*岩手県 イーハトーブ釣具店さん
ソリスト各種を納めました。

*東京都 サンスイ渋谷店さん
ソリスト各種を納めました。

*東京都 山口屋釣漁具店さん
ソリスト各種を納めました。

*東京都 アングラーズショップmaniac`sさん
40MDなどを納めました。
 
*神奈川県 キャスティング横浜港北店さん
ユーザーさんご注文品を含め、フラットシャッド70フローティングを納めました。

*愛知県 ナチュラリストさん
ユーザーさんご注文品を納めました。

皆さんからいただいておりますオーダーにつきましても、少しずつですが仕上げ、お送りしています。

出来るだけオーダー順に制作しているのですが、季節ごとに制作の中心となるルアーが変わります。また材料仕入れの都合もあり、早くお届け出来ることもあればかなりお待たせしてしまっている方も多くいらっしゃいます。

必ずしっかり制作しますので、しばしのご猶予を。



鱒の森ナンバー35が発売になりました。

表紙はレイチューンの上原さん。コーヒーを飲みながらページをめくる、今号はヤマメ特集。惚れ惚れするようなヤマメたち。

最後のページでふと目が留まる、よく見ると塗料がこびりついた、見覚えのある手。ヤマメ特集だったのにイワナしか釣れなかったものの、友情出演させていただいたみたいです。

ルアービルダーの手に始まり、手に終わる今号。読み応え十分ですよ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰省中のイワナ、中野さんです。

2016年08月16日 | 渓流・本流2016年
台風が来ていますね、横浜も降り始めました。ほどほどの、恵みの雨となってくれますように。


さてお盆休み中の便りが届いています。

山梨の中野さんは山形へ帰省し、泣き尺ながらもよいイワナをキャッチ。

あちらも渇水だったらしいのですが、DDを選択したそうです。丁寧に引けるから、でしょうかね。

いつもの愛竿レヴェルトラウト56MTにソリスト50DD、夏の思い出作りに一役買ってくれたかな。



「山形も渇水で魚もややナーバスでしたが、深みからシャローまでしっかり引けるDDが良い顔したイワナを連れてきてくれました!」

タックル
ロッド:レヴェルトラウト56MT
ミノー:ソリスト50DD サビヤマメ
 
Photo&Report by 中野さん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皆さんへお願いがあります。

2016年08月14日 | 日記
知人の会社事務所兼、店舗が荒らされ、リール100台以上を含めた被害に遭いました。

この会社はリールカスタムパーツ製作で名を馳せているので、ここを読んでくださる皆さんはきっとご存知だと思いますが、先方の希望もありあえて社名は伏せさせてください。

オールド、希少品、現行品を問わずカスタムパーツを生業としている会社にとって、今回の被害がどれほどのものか、容易に想像できます。

中には、ABUアンバサダー ゴールデンコレクションなどシリアルナンバーが入っているものも含まれています。以下の通りです。

*すべてブラックx金めっき、カーディナルのみ左ハンドル

1500CDL右 00453← シリアル番号につき、同じものがない
2500CDL右 00453← シリアル番号につき、同じものがない
3500CDL右 00453← シリアル番号につき、同じものがない
4600CDL右 00453← シリアル番号につき、同じものがない
5000CDL右 00453← シリアル番号につき、同じものがない
6000CDL右 00453← シリアル番号につき、同じものがない
7000CDL右 00453← シリアル番号につき、同じものがない
8000CDL右 00453← シリアル番号につき、同じものがない
100000CDL右 00453← シリアル番号につき、同じものがない
カーディナル左 00453← シリアル番号につき、同じものがない

もし中古釣り具の販売をしている釣具屋さん、インターネットオークションなどで見かけたら、どうぞ私まで一報をください。

また中古を取り扱う釣具屋さんがこれを見ていましたら、どうぞ留意いただけますようよろしくお願いいたします。
先方よりこのほかを含めた詳細な被害リストをお預かりしていますので、希望される店舗さんにはすぐにリストをお送りします。

車上荒らし、店舗荒らしなどの盗難品は流通させない。やるだけ無駄だと知らしめるためにもご協力をいただけますよう、よろしくお願いいたします。

嫌な話ですみません。

ZANMAI 小平豊


コメント
この記事をはてなブックマークに追加