枚岡教会(日本基督教団)の牧師のブログ

大阪府東大阪市鷹殿町12-34
072-981-2817 
hiraoka@hiraoka-church.or.jp

枚岡教会創立67年

2017-07-15 11:04:58 | 教会の出来事
枚岡教会は、7月13日に今年創立67周年を迎えました。



今年も、創立記念行事として、伝道礼拝を持ちました。
7月9日に似田兼司牧師を通して、聖書の言葉が語られました。

「先生、律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか。」
イエスは言われた。「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』
 これが最も重要な第一の掟である。
 第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』
 律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」
   マタイによる福音書

その言葉から、主イエスが語られた「良きサマリア人のたとえ」にも耳を傾けました。

「ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、追いはぎに襲われた。追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。
ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。
同じように、レビ人もその場所にやって来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。
ところが、旅をしていたあるサマリア人は、そばに来ると、その人を見て憐れに思い、
近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。
そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』
さて、あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか。」
  
ルカによる福音書



枚岡教会は、1950年7月13日に、教会として出発しました。

日本基督教団小阪教会、日本基督教団(現 単立)東成教会、日本自由メソヂスト教団布施足代教会(現 布施源氏が丘教会)の教会員による集いが一つになって、枚岡教会が誕生しました。
枚岡教会は、三つの教会を母体としており、しかも、三つの教会はそれぞれ違う教団に属しているという、とても珍しい教会です。
まさに、複数の教派が合同して誕生した日本基督教団そのものの性質をもつ教会です。

初代牧師の大嶋義太郎牧師は、それぞれに違う伝統を持ち、それぞれの特徴を受け継いだ信徒の集まりを、まとめていかれました。
それぞれの伝統の良い点を取り入れつつ、枚岡教会をたてあげようと仕えてこられました。
神さまは、大嶋牧師の賜物を豊かに用いて、枚岡教会を導いてくださいました。

教会の玄関に、飾りイスがあります。
イエス・キリストを中心に、12弟子が彫られたイスです。
弟子たちも多様でした。
漁師、徴税人、熱心党など、普段なら一緒に活動しそうにない人たちでした。
けれども、イエスさまのもとで、一つになりました。
また、多様な弟子たちは伝道で一致し、世界中に福音が届けられ、教会が生み出されていきました。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんにちは 枚岡教会です。

2017-07-03 19:05:06 | 教会紹介


日本基督(キリスト)教団 枚岡教会

579-8036 大阪府東大阪市鷹殿町12-34
電話 072-981-2817 
メール hiraoka@hiraoka-church.or.jp


牧師:浅見覚(あさみさとる)


当教会は、1950年に創立されて以降、枚岡の地域(東大阪市東部、元枚岡市、近鉄奈良線瓢箪山駅北)で、聖書を通して示されている神さまの私たちに対する愛と救いを伝えてまいりました。
キリスト教会には、ローマ(バチカン)を中心とするカトリック教会や、ロシアやギリシャに広がる正教会などもありますが、当教会は、16世紀の宗教改革によって始まったプロテスタントの教会のひとつになります。
プロテスタント教会には、たくさんの系統があり同じプロテスタント教会といっても実に多様なのですが、当教会はどちらかと言えば古い伝統的な教会の系統になります。
当教会は、「日本基督(キリスト)教団」という教会の団体に属しています。教団には、北海道から沖縄まで、全国に約1700の教会があります。
日本基督教団に関しては、教団のHP(左にブックマークしています)も参考にしてください。
なお、関西では大阪女学院、同志社、関西学院、梅花学園、清教学園といったキリスト教主義学校との関係も深い教会です。


<日曜日の礼拝> 毎日曜日 午前10時半~12時ごろ
キリスト教に関心のある方は、まず、毎週行われている礼拝においでください。
礼拝では、聖書の話を聞き、讃美歌を歌い、祈りをします。これが教会の中心の活動であり、教会を知り、感じていただくには、日曜日の礼拝に参加していただくことが一番です。
教会によっては、ギターや電子ピアノなどの楽器を使い、ゴスペル風のリズミカルな音楽によって礼拝が行われる所もありますが、当教会は、オルガンの演奏にリードされて、昔ながらの讃美歌によって礼拝が進められ、神さまの前で心を静めて聖書の言葉に耳を傾けます。そのような、静かな礼拝ですが、神さまの愛に包まれている幸いをじっくり、じんわりと感じ、味わいながら礼拝をしています。
子どもから大人まで6~70名ほどが、毎週の礼拝には集まっています。
信者でない方の参加も、心から歓迎します。
礼拝に必要なもの(聖書、讃美歌など)は、教会でお貸しします。
事情のある方は、礼拝の途中で退席していただいてもかまいません。









コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

主日(日曜)礼拝

2017-07-02 00:06:19 | 定期集会

Dsc01006

<主日礼拝>

毎日曜日 午前10時半~12時

礼拝には、クリスチャンでない方も参加していただけます。

初めての方は、受付にお申し出ください。教会の者が礼拝の順序にそってお手伝いをします。

礼拝で使う聖書(新共同訳)、讃美歌(54年版)は、教会の受付で貸し出しています。

礼拝の中で献金があります。これは、神さまへの感謝のしるしとして捧げます。強制しませんので、受付で受け取る献金用の小袋をそのまま当番の者に渡してくださってかまいません。

どうぞお出かけください。歓迎します。

途中で退席してくださったもかまいません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英会話教室

2017-07-01 17:21:04 | 定期集会

Dsc02985

<英会話教室>

クラス 

毎週木曜日 午後

3:00~4:00 大人初級(中学1年程度)

4:45~5:15 小学生低学年

5:30~6:10 小学生高学年

6:15~7:00 中学生

7:00~8:30 一般(800よりティータイムにてフリートーク)

・入学を受け付けています。まずは見学(無料)にどうぞ。電話でお問い合わせください。

・一般英語テキストを使います

・入学金は不要です

・授業料:小・中学生(4000円)、大人初級(5000円)、一般(6000円)

・講師 レナータ・ロソー(南アフリカからの女性宣教師)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

定期集会

2017-06-30 00:05:17 | 定期集会

<日曜日>

・教会学校(前9時~10時15分)

・主日礼拝(前10時半~12時)

・昼食(礼拝後2階食堂 )

 有料。メニューは週によって違います。例:うどん200円

・主日祈祷会(12時35~55分)

・ボーイスカウト各隊 (週、また隊によって活動時間が違います)

<水曜日>

・聖書研究祈祷会(後7時半~8時45分)

 聖書を読み牧師の解説を聞きます。その後、みんなでお祈りします。

<木曜日>

・聖書のお話(前10時半~12時)

 聖書を読み牧師の話を聞きます。その後、お茶を飲み懇談をします。

・英会話教室 (4クラスあります)

 ①大人初級 後3時~4時

 ②子ども低学年 後4時30分~5時15分

 ③子ども高学年~中学 後6時15分~7時

 ④大人一般 後7時~8時半

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加