La vie en rose

愛なくしたLovelyLovelyワールド そっちの水はそんなに甘いか
騙し騙され仏壇拝んで それがつまりは愛なのだ

変わりましょう アナタの為に

2012-03-16 17:03:47 | 小説・漫画・アニメ
本日は富士見の映画を観て来ました。
詳しい感想は後日ねちねちしたためたい。

爆笑的な意味で面白かった。
濡れ場もこちらがはわわとなる程でした感無量。

お勧めしたいがお勧め出来る人がいないジレンマ。
観に行きたいけど一人じゃ、という人がいたら馳せ参じますぞ!
てゆかもう1回くらい観に行きたい(真顔
神奈川でもやらないかなー


悠季役の子が大変可愛らしかったので、動画置いておきますね。









眼鏡!眼鏡!
my love言う時にガッと肩を抱き寄せるサービス精神に感服。






読んだ本の紹介です。









カネコアツシ「Wet Moon」1巻
ビームコミックス



カネコアツシの新シリーズ。
「SOIL」は途中まで面白かったけれど、ラストが…な
ドラゴンヘッドパターンだったので、こちらには期待しております。

1巻は謎が提示されただけで訳の分からないまま終了。
全く先が読めません。

日常生活が狂っていく、おかしく見える人が案外普通で、
普通に見える人が実は頭おかしい、っていう読み手側が
不安定になるような描写は流石です。


日々、任務を全うする警察の皆さん↓










歓楽街の猥雑な雰囲気や60年代の服装がいい。
駄菓子屋のアカリちゃんが好きです。










月とか宇宙やらが事件の鍵になっていくのだろうとは思いますが、
SOILやドラゴンヘッドも割とスピリチュアル()な方面を盛り込み
過ぎて駄目になった感があるので程ほどにしておいて下しあ。
ある程度の現実は大切に!















池田乾「戦う!セバスチャン♯」2巻
ウィングス・コミックス



B君の話があって嬉しい限り。
未だにアイス好きなのね…
アイス好き設定といい、大奥様の幼少期?の描写といい、
子セバ編とリンクする部分が所々ありました。










ギャグシーンのはずなのに、B君のおへそとアバラに
釘付けでしたぺろぺろ(おまわりさんこっちです


皆セバスチャンが大好きでくっ付いて行くけれど、B君に
限ってはセバスチャンの方から絡んでいく事が結構ない?








以前に新聞の押し売りをB君が断っている時も、セバが背後から
羽交い絞めにしていたよね。
好きなキャラ総受派としては嬉しい。
だからデイビットも(結局そういう結論










「『鍵穴』←これなんて読むかわかる?『かぎあな』ではありません」
http://coffeewriter.com/120202.html

BLネタ注意
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詰まる吐息と 他には何も 狂え... | トップ | どっちかってーと 妄想過多のほ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。