座間洋らんセンター専務の小部屋

座間洋らんセンターの専務が洋らんやお花たちに囲まれて巻き起こる出来事を徒然なるままに書き綴ります。

チーム

2016-10-13 21:12:04 | 日記


ザ・プレミアム ホワイト の苗は、ベトナムのダラットという場所で苗作りをしています。

写真は、いつも信頼しているパートナーである林社長。

台湾蘭展でグランプリに輝いた彼は、蘭の他にコーヒーやキノコ、ポテトに漢方薬などを手がけ、ワールドワイドに世界中を飛び回るスーパービジネスマンです。


なぜ胡蝶蘭→ベトナムなのか。


胡蝶蘭のトップ産地の台湾、菊で有名なマレーシアのキャメロンハイランド、世界の洋蘭王アンディ松井さんのいらっしゃるカルフォルニアのサリナス、バラの産地で有名なケニアやコロンビアの高原、等々、世界には花の生産に適した「適地」がいくつかあります。

しかし各所、光質や年間の温度、道や飛行場などのインフラ、最近は異常気象などなど問題があります。

そんな中で、世界中の蘭を見て歩いてきた専務が、胡蝶蘭の栽培に最も適した場所の1つだと思っている場所の1つがベトナムです。

しかも、適地で特別な栽培プログラムで栽培してもらう。

そして、日本でより一層の作り込みをして、おそらく日本で最も時間をかけて胡蝶蘭作りをする蘭園の1つが座間洋らんセンターです。


農業と言いながら、地球を見渡し、世界レベルで適地適作の栽培プログラムを、専務は作っているつもりです。

しかし、蘭作りで最も大切なのは人だと思います。

林社長をはじめ、座間洋らんセンターの素晴らしいスタッフ達、物流に関わる業者さん、花に込めた思いを伝えてくれる、花市場や花屋の担当者さん達。

全ての人達と、信頼関係を築いて、チームになった時、座間洋らんセンターの蘭が出来上がります。

専務の仕事は、そのチームが上手く流れるように、汗をかく事。


花1つに、世界規模でのチームが作られているんですよ!!

大変だけど、とっても素敵な事だと思ってます。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« IFEX | トップ | 1週間のまとめと、長崎の仲間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。