座間洋らんセンター専務の小部屋

座間洋らんセンターの専務が洋らんやお花たちに囲まれて巻き起こる出来事を徒然なるままに書き綴ります。

出張

2017-04-20 17:57:04 | 日記


おそらく7年ぶりに、新幹線に乗りました。

母の日前の、とっても忙しい中、出張です。

専務の不在に、温室の平和を守ってくれるスタッフのみんなに、大感謝での出発です。


「将来、日本が世界がどう変わっていくのか?」

その未来予想図を、考える旅です。


どんな素晴らしい役者達が出演する映画や舞台でも、脚本が良くないと魅力がない物になってしまう。

良い脚本が、才能ある役者の魅力を引き出して、初めて素晴らしい作品になる。

そんな話を、舞台関係者の方の記事で読んだ事があります。


専務の持論ですが、商売もこれと同じ事ではないかな?と思います。


・良い脚本=お客様を笑顔に出来るビジネスモデル

・才能ある役者=座間洋らんセンタースタッフ達


専務のもっとも重要な仕事は、この脚本作り。

座間洋らんセンターは、そして日本は、大きな分岐点に差し掛かっています。

専務の居ない穴を埋めるため、頑張ってくれてるスタッフ達の為にも、必死に、全力で、脚本作りに努めます!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最新作品が最高傑作になりま... | トップ | 美濃路 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。