どうも! 星野くみ子です。  

座間市の星野くみ子が日頃の活動などをお伝えしたいと思います。
★コメントに関しては事前承認とさせて頂きます。

参加する方へのRESPECT

2016年10月20日 | 日記
どうも、星野でーす。


昨日お伝えいたしましたが、本日(既に昨日)小さな集まりで歌をうたってきました。


医療生協さんの集いですね、
「みんなで楽しむ会」という定期的に行われている会のようです。

その中、文化行事という枠で歌わせていただきました。


今回は4曲。

・Amazing Grace
・Tennessee Waltz
・涙そうそう
・Bridge Over Troubled Water(明日にかける橋)

小さな会議室での集いでしたので、マイクを使わずに歌いました。
マイクを使わないときは、文字通り生歌を聴いていただいてる感があって、
歌う私も心がこもります。


一曲づつ、歌の説明やその歌に関しての私の思いを話しながら、楽しく歌わせていただきました。

プログラムの中には英語の曲の歌詞と和訳までつけてくださっていました。
主催されている方々が、この会を本当に大事にしているという思いが伝わってきました。

参加された方々の発言の時間には、
今の政治に関する思いや、日々の出来事などが語られたのですが、
ここでも主催者の細かな配慮がとても気持ちよかったです。
参加される方々へのRESPECTが感じられました。



最後には参加者全員で歌う場面がありました。

「山男の歌」「喜びも悲しみも幾年月」「北国の春」

今回30代の知人と一緒に参加しました。
何と彼女は上記の3曲を知らないと言っていました。




ジェネレーションギャーーーープ!!



かろうじて「北国の春」だけは聞いたことがあるらしかったです。

そうだよなぁ、私だって「山男の歌」「喜びも悲しみも幾年月」の2曲はその時代ではなかったもの。
特に「喜びも悲しみも幾年月」は、『父が歌ってたなぁ』で知っている感じだもの。

30代の彼女が知らなくても無理ないよね。

「山男の歌」の歌詞に出てくる【若後家】【飯盒】【娘心は山の天気】なんてのもあまりわからなかったようでした。

最近のキャンプでは飯盒なんて使わないのかな?



そんなこんなで、楽しい時間を過ごしました。

今日は、どんなことにも心を砕いて、RESPECTの気持ちを持ってあたることの大切さを学ぶことが出来ました。

ありがとう、すべてのことにありがとうございました。


写真は今日の集いのプログラム。
書き込みがあったり、ちょっとシワになってて見づらくてごめんなさい。


そして、私


ソリスト。

ウフフ。

なんか嬉しい。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラオケボックス | トップ | 独り言、かな »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。