どうも! 星野くみ子です。  

座間市の星野くみ子が日頃の活動などをお伝えしたいと思います。
★コメントに関しては事前承認とさせて頂きます。

知ってください、日本共産党のこと

2017年10月01日 | 日記
どうも、星野です。


10月になりました。


総選挙の公示まで後10日。




民進党はガタガタしてますが、


時間が無いということで、


決まることが一挙に決まりそう。





かえって良い結果になる。





と信じて行動するしかないよね。



日本共産党の良いところをドンドン言っていこう。


明日は久しぶりにハンドマイク担いで宣伝に行くわよ。



私の声が聞こえましたらば、



ぜひ手を振ってくださいね。



勇気と元気を分けてくださいね。




そういえば、



今日、久し振りに母教会で礼拝を守りました。


何人かの方々から「選挙はどうなってるの?」


「いったいどうなっちゃってるの?」

という問いかけと共に、

「共産党の言ってることが一番まともよ。でも、党名が・・・」とのご意見。


はい、これはよく聞きます。


中国共産党とロシアの共産党、


同じに感じるし、イメージダウンになると。


そこで!


日本共産党のホームページにある「党紹介」のページの

『今度は日本共産党かな?でも・・・』というみなさんへ Q&Aでおこたえします 共産党AtoZ

から 何点かご紹介。



Q.旧ソ連、中国と同じ?

A.旧ソ連の日本の運動への干渉や、他国への侵略などとたたかい続け、中国指導部に対して、将来の政治制度の問題について、率直に意見を伝えてきました。旧ソ連型の政治体制は絶対にとらないことを綱領で宣言しています。


Q.党名を変えないわけは?

A.ぶれない、筋を通すということの象徴――「反戦平和」「国民主権」の旗を命がけで守り抜いてきた不屈の歴史と未来を展望する名前です。


Q.ホントに共産主義をめざしてるの?

A.ハイ、めざしています。資本主義が未来永劫つづく制度だとは考えていないからです。
 私たちのめざす共産主義社会は、旧ソ連や中国とはまったくちがいます。中国はまだ社会主義に到達してなどいません。専制政治に変質した旧ソ連はもちろん論外です。「人間の自由」を本格的に全面的に実現する社会、それが私たちがめざす共産主義です。
 ただ、日本ですぐに共産主義にすすむ条件はありません。まずは、あまりにいびつな"ルールなき資本主義"をただす民主主義的な改革が当面の目標です。


Q.共産党も口だけじゃないの?

A.日本共産党は、どんな逆境にあっても、「国民が主人公」で節をまげなかった政党です。政権にはいって態度を変えることはありません。
 戦前、どんなにきびしい迫害をうけても、「戦争をしない日本」「国民主権の国」という旗をおろすことはありませんでした。戦後も、自民党政治に対決する姿勢と政策を一度たりとも変えたことはありません。日本共産党の主張と政策は、政権につくための方便ではありません。


Q.なぜ政党助成金をもらわないの?

A."税金頼み"の官営政党になったら、国民のための仕事はできません。
 政党助成金が収入に占める割合は、自民72・5%、民主83・2%、維新77・4%、みんなの党96・8%にも。助成金目当てにくっついたり離れたり...。政党が堕落しています。国民には大増税、自分たちは税金でぬくぬく活動──こんなことが許されるでしょうか。
 日本共産党は、政党助成金も企業・団体献金も受けとりません。党費、「しんぶん赤旗」などの事業収入、個人からの募金など、党財政を全部自前でまかなっています。国民のみなさんにささえられた政党だからこそ、国民の立場で活動できます。



もっと詳しく見たい方は日本共産党中央委員会のHPをぜひ見てください。

JCP、大文字でも小文字でも入力して、検索すれば日本共産党中央委員会のHPがすぐ見つかります。




みなさん、

今回の選挙はあっという間に終わります。


だから、この短い期間に全力を傾けようと思います。




日本共産党が伸びれば政治は必ず変わります、必ず。


ご一緒に頑張りましょうよ。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加