ネイチャーゲーム&自然・趣味

ネイチャーゲームで知った自然。テニスやハーモニカ、ウォーキングなど遊びの世界。

自衛隊は自民党の私兵か、稲田大臣の傲慢!

2017年06月28日 | 政治・社会
 自民党の稲田大臣の発言はもう無茶苦茶です。都議会自民党候補の応援で、「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としても・・・」として応援演説をしたのでした。防衛省があげて自民党候補の応援?自衛隊も自民党?防衛大臣の肩書で部下の隊員に命令?二重三重に憲法や法律に違反することを平気で演説し、注意されて、始めは言い訳を言って居座り、のちに撤回するといういつものパターンで終わらせようとしています。
 
 撤回も「誤解と受け取られかねない」からという理由ですが、国民はちゃんと発言通りに理解し誰も誤解していないから、憲法を無視してまた暴走した危険な安倍政権の閣僚発言と批判しているのですね。本人は気付いていないのでしょうか、あるいは憲法を無視するのが自民党では出世の近道にでもなっているのでしょうか。はたまたご本人は弁護士の資格があってのこんな発言ですからもっと深いねらいを秘めた確信犯だったのでしょうか。

 この稲田防衛大臣発言は、憲法を知っている多くの国民にとっては初歩的な重大な誤りと気づいています。
①公務員は全体の奉仕者である。自衛隊員は公務員である。よって自衛隊には政治活動に制  限があり特定の政党(今回は自民党)の政治活動は禁止。(投票権は当然ある)

②武力部隊である自衛隊には政治的中立が定められている。それを特定の候補の支持をするように働きかけるのは自衛隊法にも違反。

③防衛大臣の立場で防衛省・自衛隊を挙げて自民党支援をするよう呼びかける内容で、公選法に違反する地位利用と。


 このような重大な犯罪的な言動なのに安倍政権や自民党は少しでも軽く見せようとして、「いさみ足だ」とか「熱心さのあまり」などと言っています。とんでもないことです。

 この稲田発言を見ると、安倍政権と防衛大臣は、まるで自衛隊を私兵のように考えているのではないかと疑います。自衛隊も思いのままにでき、国民も思いのままに動かせると。

 今まで森友学園問題ではウソを言ってばれて訂正ばかりの稲田大臣ですが、この間、自衛隊を南スーダンへ国民の反対を押しきって無理に派遣したり、憲法9条があるからと現地の危険な真実を隠したりしてきました。

 今また防衛省・自衛隊が自民候補を応援するのは当然だと言わんばかりに大臣として発言しています。自衛隊を政治利用するような大臣や政権は許せません。
 稲田大臣はすぐ辞めるべきでしょう。何度も失言(言ってはならない極右的な本音?)を続け、信頼を失っている大臣に命令される自衛隊員も気の毒です。そして憲法を無視するような発言や行動が続いているのにこれをやめさせない安倍自公政権の傲慢さに怒りを覚えます。
 
 このような時に、憲法を無視し続ける安倍首相が憲法の「改正」を一層はやめるように指示したと伝えられます。加計問題や森友問題の追及に加えこの稲田発言をそらすねらいもあると伝えられます。世界に誇る平和と人権の憲法をこのような政争の道具にしてしまうような首相の考える改憲を許してはならないでしょう。
 安倍政権と防衛大臣は自衛隊を「私兵」扱いにするな!自衛隊員をバカにするな!
 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これでは子どもも先生もたま... | トップ | 安倍政権の横暴に都民の怒り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL