ネイチャーゲーム&自然・趣味

ネイチャーゲームで知った自然。テニスやハーモニカ、ウォーキングなど遊びの世界。

写真で見る桜、長かった開花時期ー花見疲れというぜいたく!ー

2017年04月20日 | 自然・自然活動
今年の桜は開花時期が長くて何度も花見をしました。花見疲れというぜいたくな気分に。花見どころではないという人もいたかも知れませんね。その方には失礼ですが、ちょっと贅沢な花見シーズンでした。

 小田原方面、横浜方面、地元とグループや一人での散歩。
その中から何枚か見てください。











 早々と横浜市の三つ池公園に行ったときはまだ一分咲き程度。遠くに行ったけど残念な例でした。これはカット。
 広い原っぱの桜は座間市の芹沢公園。富士と桜はなかなかいい組み合わせでしたこちらは新松田方面。沈む夕日と桜は座間市の蟹が沢公園。チューリップと桜は大和市の親水公園。
 このほか目久尻川のかしわ台近くの桜並木、小田急沿線の座間駅から相武台前駅にかけての桜も見事でした。(昨年いった相模川の厚木周辺、海老名の三川公園も見ごたえがありました。)
 
 桜の時期になると、じっとしていることができず、なにか落ち着かなくなる不思議さがあります。古今集にも「世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」(在原業平)とあります。それほどに心をざわめかすものが桜にはあるんですね。古人から現代につながる生理的な何かがあるのでしょうか。

 今はもう最盛期は終わり八重桜の時期ですね。一部『残花』があるようで「山道を戻る途中に残花かな」。
 同じ歌集にある、「久方の光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ」(紀友則)も知られていますが、こちらも散る桜に思いが残ります。
 いずれにしても、「さまざまなこと思い出す桜かな」(芭蕉)と、今年の桜の季節はいろいろな思い出を残して終わろうとしています。 
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「教育勅語」をめぐり、時の... | トップ | 「共謀罪」は、「犯罪者でっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL