ネイチャーゲーム&自然・趣味

ネイチャーゲームで知った自然。テニスやハーモニカ、ウォーキングなど遊びの世界。

ささやかな庭の花々に感謝!

2017年06月06日 | 自然・自然活動





 猫の額ほどの庭でも手入れすると季節ごとに花々が咲いてくれます。疲れて帰ってくると、まずは花を見て虫食いや花殻をチエック。この初夏も薔薇がいっぱい咲いてくれました。思い出多いバラ、クレマチスのなどは花期が長くてありがたいことです。
今年は、4月頃の消毒と冬の間の寒肥が功を奏したかうれしい咲き方で、やはり日頃の手入れが肝要なのだと改めて確認しました。


 今日、改めて「花のレクイエム」(辻邦生著)の5月の項を読んだら、クレマチスにまつわる話でした。
戦争中のこと、加奈ちゃんという子が親が外国へ行っている間に主人公の僕のうちに預かることになって、その子が白のクレマチスが好きで僕も気になり始めたのでした。いろいろあってやがてその加奈ちゃんが終戦とともに自宅へ帰ることになって加奈ちゃんの父と同じく外国へ行っていたはずの僕の父が帰ってきました。
 新聞記者をしていた僕の父は父は外国に行っていたのではなく、思想犯で拘禁されていたのでした。そして加奈ちゃんのお父さんも同じ思想犯でしたが、獄中で亡くなったのでした。
 我が家のきれいなクレマチスでしたが、この本のクレマチスにまつわる話はこんな「思想犯」ということで拘禁されるちょっと前の時代の話でした。これからの話にならないように…。
ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイムリーな本です:「日本... | トップ | これでは子どもも先生もたま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿