ネイチャーゲーム&自然・趣味

ネイチャーゲームで知った自然。テニスやハーモニカ、ウォーキングなど遊びの世界。

ICANにノーベル平和賞!=サーロー節子さんの国連での演説

2017年12月12日 | 政治・社会
ノーベル平和賞 選考委員会 「2017年のノーベル平和賞を、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)に授与を決定。」 というニュースが12月10日に飛び込んできました。 ノーベル平和賞 選考委員会は、 「核兵器禁止条約の採択に向けた画期的な努力をたたえ、授与することになった。」 委員会は声明の中で、「世界には北朝鮮のように核兵器の獲得を目指す国が増え、核兵器の脅威はこれまでになく高まっている。国際社会は、これまでに地雷やクラスター爆弾などの禁止に合意してきた。核兵器ははるかに破壊的であるにも関わらず、同じような法的な禁止の枠組みがなかった」と指摘しました。 その上で、「ICANは、このギャップを埋める役割を担った。核兵器が人類に受け入れがたい苦しみをもたらすものだという重要な議論を引き起こした」としています。 ICAN ベアトリス・フィン事務局長は、 「私たちの役割を認めてもらったことは大きな名誉。 この賞は、広島と長崎の被爆者、世界中の核実験の被害者のためのもの。 いまこそ、世界の国々が核兵器に反対を表明すべき。 と、記者会見しました。 . . . 本文を読む
コメント

これでいいのか、 相撲ばかりテレビ放送 !

2017年12月07日 | 政治・社会
 日本中が相撲フアンでしょうか? 連日の相撲放送に辟易していましたが、やがて怒りに変わりました。もっと大事なことがあるだろうにと。  日馬富士の暴力は良くないことは明らかですから、警察事件になってもしょうがないとしても、それをめぐる報道合戦にはあきれます。  しかも、最近は貴乃花との比較まで持ち出しだして白鵬の相撲の質、相撲道などまで言い出し、まるで白鵬バッシングです。(以下本文) . . . 本文を読む
コメント

思いやり予算て、だれに? どれぐらい?

2017年11月22日 | 政治・社会
皆さんは、思いやり予算て、だれにあげるものだと思いますか。過日、友人が近くに住んでいる主婦に聞いたそうです。その答えが、生活困窮者への思いやり?違うとすれば、お年寄りへの思いやり?というものだったと話してくれました。自分も知らなかったけど、ほとんどの日本人はその実態はわからないんだろうねとも。(以下本文) . . . 本文を読む
コメント (2)

「謙虚」を口にしながら野党の質問時間制限とは?

2017年11月05日 | 政治・社会
首相は選挙が始まると、今までの強権的な国会運営が無かったかのような姿勢で国民に訴えました。北朝鮮の脅威や経済政策の成果などを中心に、そして遊説先を事前には知らせずに、今回は秋葉原でもあまり興奮もせずに話しました。選挙が終わると、首相はじめ閣僚の枕詞は「謙虚」にと言うことでした。(以下本文) . . . 本文を読む
コメント

「国難」発言の真意がいま明らかに!!=またもや麻生発言 

2017年10月29日 | 政治・社会
今度の選挙ほど国民を愚弄した選挙は珍しいのではないでしょうか。自らがつくりあげた「北の脅威」をもとに「国難」選挙とし、また自らの政策による高額学費の制度なのに選挙時にはそれを無償化するという驚きの欺瞞。ちょっと考えれば分かるのに、TV・新聞が政権の言うがままの放送なので、多くの国民がそれに巻き込まれてしまうという面が。(以下本文) . . . 本文を読む
コメント

大義のための野党共闘に犠牲的精神発揮の共産党!?

2017年10月26日 | 政治・社会
 総選挙が終わりました。内閣不信があったわけでもないのに、首相の疑惑逃れの勝手解散から始まった総選挙でした。  解散権をめぐっても、不信任決議があったではないのに、内閣の助言による天皇の国事行為としての解散宣言を首相の解散権として使ったのでした。これは政権に有利な時期に解散できるとする歴代続いてきた悪弊です。  国税600億円も無駄遣いして強行した選挙で、違憲なのではないかと言う見解があるのも当然です。諸外国では、当然任期いっぱいちゃんと仕事をしてから選挙です。こうして借金大国と言われながら、国民の税金は使い放題です。 . . . 本文を読む
コメント

「国難」再考=大本営発表「国難きたる!撃ちてし止まむ!」を想起

2017年10月22日 | 政治・社会
 あなたもこの脅し文句に踊るのでしょうか? 国難突破解散とて始まった選挙も今日が投票日。国難としていわれているのは、鎌倉時代の元との戦いと、黑船来航、敗戦ではないだろうか。つい最近では東日本大震災(原発事故含む)もそういえるかもしれないですね。 (以下本文) . . . 本文を読む
コメント

「政治は国民のもの」=これは誰の言葉? 小さな嘘、大きな嘘とはいうけれど・・・。

2017年10月19日 | 政治・社会
「政治は国民のもの」という言葉をネットの前面に押し出している党がありました。その党は、今度の選挙では解散の大義がないのに今なら勝てるとばかりに解散したと批判されている政党です。また、その政権はこの間、憲法無視に無視を続けて、従来の自らの内閣法制局の歴代の方針を180度変えさせて「集団自衛権行使の閣議決定」をしたり、その他の安保法を強行採決し続け、あげくには森友問題や加計問題などの疑惑を隠すためか、野党の国会開会要求に応じないばかりか、開会のその日に解散をしてしまった政権党です。(以下本文) . . . 本文を読む
コメント

枕詞のように「国難」をことさら言う人の意図は? 

2017年10月17日 | 政治・社会
「国難」という言葉が政権によって強調され飛び交っています。かつては、戦争を始めた人たちが国民意識総動員のために鬼畜米英を唱えて考えることをしないようにすることに成功しました。  治安維持法を改悪して戦争反対を唱える共産党員や民主的な言論を特高を使って弾圧して準備の上でのことです。戦争開始するころには、学校をはじめあらゆるところが「鬼畜米英」一色になり、戦争に疑問を呈するものは「非国民」呼ばわりされたのでした。 . . . 本文を読む
コメント

やはり、自公希望維新VS立憲共産社民の2極の対決

2017年10月06日 | 政治・社会
 争点を隠したり捻じ曲げたりして選挙後に無理やりに支持されたとばかりに強行突破するのが今までの安倍政権。今回は憲法も入れていよいよ改憲に乗り出す姿勢。それに同調する勢力の多いこと!でもTVでは安倍政権対希望の党みたいなことがまだいわれています。過日の日刊ゲンダイでも「自民党小池派」などと言われたり、今日の朝日の川柳欄でも「三極もよく見れば二極なり」と指摘されています。TV報道にあった各党の主な政策の比較を見るとそのことが一目瞭然です。 . . . 本文を読む
コメント