おっちゃんたちの秘密基地

ラジコン主体になっちゃいましたが、他の趣味の記事もUPしていきます。
今一番のブームはレーシングクアッドです!!

CC3D フライトモードの設定

2015年07月22日 | フライトコントローラー

設定をいろいろ見直していくうちに間違いがございましたので、わかった範囲で次記事にUPいたしました。

ホビキンでDYS250を購入してなんとか通常フライトまでこぎつけたので、フリップなんかができるアクロ的な設定もしてみたくなりました。

CC3Dでは設定アプリケーションから設定できるようですが、実はこのOpenPilotのCC3DではホビキンのDYS250のデータが既にプレインストールされていた!?ので、基本設定の時に機体形式を「DYS250」で選択したんですよね。

それだからかどーなのかわからんのですが、各ポジションでの値が既に設定されていまして・・・

まずモード1(通常フライト1)ですがこんな感じ。

見てもよくわからんです(汗

んでもってモード2(通常フライト2)

モード1と2は通常フライトなのですが、違いはヨー軸の滑りを補正するのか否か??ちゅーようなことなのかな!?
飛ばしてみないとわからんなこれは・・・

そしてモード3(アクロ飛行)

確かに数値は違うが意味がわからん・・・・・とにかく飛ばしてみないと・・・

そんで肝心なスイッチの割り当てはフタバT8Jでは「E」に割り当て。

上画像ではプロポの「E」スイッチを最手前に倒した時のポジションを表しています。確かにPos.3:アクロになってます。

↓は実際に飛ばしてみたところ。

モードの1と2は風もあるせいかぜんぜん違いがわからん・・・
しか~し、モード3は全く違う挙動・・・
まず、ロール・ピッチ方向の舵が凄まじく敏感に入ります(汗
んで、もう一つ大きな違いは、舵を打ってスティックを離すと水平になろうとせず、離した時の姿勢を保ったままになってます。
ヘリをやってる方はそんなに驚かないかもですが、マルチしかやったことない方は驚く・・・というか飛ばせないかも。

動画でもわかると思いますが、モード3ではスティックを離した時の姿勢を維持するので、エルロン打ったら当然そっち方向に流れます。周回飛行するにはこのモードだと神経使うわ・・・
でも正直、このモードの方が面白いかもね。

ということで次回フライトで更に設定を煮詰めたい・・・・・ではなくてその前にどこの数値を変更するとどーなるのか試してみたいすね。

※どうやら上画像の設定値については、予め設定しておいて、後続の設定画面で指定していくような感じでしたね。
基本設定の日本語版はあるのですが、設定パラメーターの日本語版がないので、間違うことがあるかもしれませんが、あしからずご容赦ください。


************************************************************

ARRIS FPV250 MINI RCレーサー カーボンファイバークワッドコプターBNF(組立完了)モーター+プロペラ+ESC+飛行安定化装置+カメラ
クリエーター情報なし
ARRIS(アリス)
ワルケラ/ RUNNER 250 レーシングドローン + Devo7送信機 ゴーグル、カメラ、GPS無し [並行輸入品]
クリエーター情報なし
Walkera
WALKERA RUNNER 250 ミニクワッドコプター スーパーコンボ(未組付) DIY 250レーサー [並行輸入品]
クリエーター情報なし
Walkera
Gartt RC 木星-x3.0炭素繊維クアッドヘリコプターのコンボ
クリエーター情報なし
Gartt
『ラジコン』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘリ談義NO:48 クアッ... | トップ | フライトコントローラーの設... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。