可不可以? 又は 最甜蜜的負担

F4と内田篤人を愛でつつ、直観の趣くまま好き勝手に語ってます。
不好意思!

そうきたか!

2016年10月13日 | ことば
今年のノーベル文学賞はボブ・ディラン!?


 意表を突かれたけど…納得




 英陸は9時から「ドクターX」を見てたもんで、
ノーベル文学賞の発表は「ニュースステーション」で見ました。
でっかいボブ・ディランのパネルがすぐ目に入ったんで、「え?死んだ??!!」とか思っちゃって…
申し訳ございません おめでたいニュースだったんですよね…

 「そうきたか!」っていう感想は、「ニュースステーション」のコメンテーター・後藤さんも発してらした…
ある年齢以上の人は、同じような反応をするかもしれないね

いいんじゃないかな、ボブ・ディラン
英陸は、なんで毎年、日本人が「村上春樹」って信じてるのか、よくわからない…
日本だけで、毎年盛り上がってるんでしょ?
それよか、ノーベル平和賞の「日本国憲法9条」の運動を盛り上げたほうが良くないだろうか??
平和賞は、時々意外な受賞もある…今年はコロンビアの大統領だったけど、
平和賞の場合は、かなり政治的な面がありますよね。
首相なんかが積極的にアピールすれば、「9条」も受賞の可能性は大きくなるんじゃないかと思うけど…
もし受賞できるなら、とても名誉なことなのにね。
なんで世界的にアピールできないのかしらね?
首相はじめ、政府は「9条」に平和賞を授与してほしくないのでしょうね、きっとね

 文学賞のほうに話を戻して…
ボブ・ディランがノーベル文学賞に決まったってことで、
これからもミュージシャンの受賞はあり得るってことよね…ってことで、間口はすっごい広がったのではないでしょか?
英陸は、今朝ふとユーミンの「やさしさに包まれたなら」を口ずさんでいて、
ちょっぴり心が癒された…

  …やさしい気持ちで めざめた朝は
  おとなになっても 奇蹟はおこるよ

  カーテンを開いて 静かな木漏れ日の
  やさしさに包まれたなら きっと
  目に映る すべてのことはメッセージ


どうでしょう?ユーミンにノーベル文学賞を

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かろうじてヨカッタ…のか?? | トップ | 刻苦勉励中!! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。