可不可以? 又は 最甜蜜的負担

F4と内田篤人を愛でつつ、直観の趣くまま好き勝手に語ってます。
不好意思!

SMAP×SMAP最終回

2016年12月28日 | Weblog
5時間見ちゃった…


 大トリは『世界に一つだけの花』

なんだか、もう紅白歌合戦を見終わった気分
実際、「紅白」より尺長かったし…

英陸は毎年「紅白」見る人なんですが、例年、基準がSMAPだったから…
とりあえず、SMAPが出る前に、用事を済ませてしまおう、とか
あまりなじみのない人たちの出し物が続いた後、SMAP見るとホッとしたりとか…
何年か中居くんが白組の司会を務めたときは、他の4人が全面的にバックアップして、サブ司会者みたいだったし、
SMAPのいない紅白は信じられない…

 こーゆーことおっしゃるなら、SMAPに「国民栄誉賞」贈っておけばよかったのにね。
たとえばビートルズには、イギリスは「サー」の称号を贈ったじゃないですか。
日本の経済にとっても、外交にとっても、SMAPは格段の貢献をしたはず…



 2011年、日中関係が尖閣問題でギクシャクしているとき、
当時の中国首相・温家宝さんが直々にSMAPの中国訪問を依頼。
北京でのコンサートが実現して、5人は民間レベルを超えた役割を果たした
中国のパンダ外交にも負けないパワーが、SMAPにはあったのに…

英陸が大好きなF4も、目標はSMAPだった。
SMAPがいなければ、F4は結成されなかったかもしれないんだ…




SMAPの解散が決定してからは、英陸は正直「SMAP×SMAP」を見る気がしなかった…
いろんな報道に影響されたんだろうな…5人が一緒に料理したり、コントしたりって、空々しいような気がしたので…
でも、ユーミンが出ているところをチラッと見たら、「守ってあげたい」を歌っていて…
彼らを目の前にして、慈愛をこめて歌うユーミンがかっこよかった。
それを見てたら、偏見に惑わされそうになってた自分に気がついた。
SMAPは楽しい…SMAPは楽しいんだ!


朝日新聞はとうとう「天声人語」にSMAPを持ってきたぞ
毎日新聞さんの記事も思い入れたっぷり
どちらも「夜空ノムコウ」に特別な意味を見いだしている。
個人的な想いだけでなく、SMAPの歌は、時代を背負うことになった…

  あのころの未来に 僕らは立っているのかなぁ
  マドをそっと開けてみる 冬の風の匂いがした…

  あれから僕たちは 何かを信じてこれたかなぁ
  夜空の向こうには もう明日が待っている…


マイナーな調子だけど、暗すぎず、淡々としたメロディ…
スガシカオさんが歌っても、確かに名曲なんだけれど、SMAPが歌わなかったら、これほどのヒットにはならなかっただろう。
それは「世界に一つだけの花」についても同じ…
槇原敬之さんのほうが、絶対に歌唱力は上だけど、SMAPが歌ったからこそ、今や教科書にも載る国民の愛唱歌になった。

  小さい花や大きな花 一つとして同じものはないから
  №1にならなくてもいい もともと特別な only one


ある特別支援学校では、この歌は第2の校歌として親しまれているという…

中居くんの涙は、さすがに辛かったな…
最後の90秒のお辞儀…スタッフ全員との記念写真…
5人は何を語りたくて、何を語らなかったのか…語れなかったのか…
いつか、語れるときは来るのかな…

 このCMはズルい!!
SMAPがめちゃくちゃSMAPらしいところを、これでもかって集めてあるのだもの!!
ソフトバンクさんったら、美味しいところをごっそり持っていきやがった

美味しいといえば…

今年唯一のミリオンセラーになるというベストアルバム…
このアルバムの売り上げは、どこにいくんですかね?
解散商法??で、ジャニーズさんが喜ぶことになるなら、なんか腹立つんですけど??

 英陸はさ、SMAPって解散しないグループだと思ってた…
ジャニオタの友だちがいるのだけれど、彼女たちも「SMAPはチームだから、解散する必要はない」と言ってたから…
たとえばサッカーの日本代表が、普段はそれぞれのクラブで試合をしていて、国際大会の時に集合するように、
SMAPもバラバラに活動するのが当たり前で、コンサートなどの特別な時だけ、結集すればいいのだと、そう思ってたから…

さみしいよね…
あちゅとくんも、スマスマに出たことあるものね…
「ビストロスマップ」では、「僕、長谷部さんがいいですって言ってたから、
いつかもう一度、長谷部さんと一緒に出演してくれることを期待してたのにな…
「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマスSP2011」では、12月25日に、長谷部さんと一緒にご登場
さんまさんに怒りをぶつける設定で、メガホンを持って現れて…
ちょっと文句言ったけど…楽しかったよね…

SMAPは今年がデビュー25年だけれど、結成からは28年…
結成された1988年はあちゅとくんの生まれた年…
あちゅとくんは、SMAPの曲では「オレンジ」が好きだって言ってますね
ファンの間でも名曲で知られてるし、メンバーの誰かも好きな曲って言ってたな…
英陸はね…
「夜空ノムコウ」も「世界に一つだけの花」も好きだけど…
「オリジナル・スマイル」が、いいな…SMAPらしさ全開な感じがして…

  笑顔抱きしめ 悲しみすべて
  街の中から 消してしまえ
  晴れ渡る空 昇っていこうよ
  世界中が幸せになれ


熊本地震の時も、この歌を自然に口ずさんでいたように思う…
明るくて、屈託のない歌のように思えるけど、メロディには昭和歌謡の名残があって、懐かしさをおぼえる…
空を見上げて、手を伸ばして、「オリジナル・スマイル」を歌ったら、ちょっと泣けてくるよ…

 解散の理由や真相は全然わからない…
28年間もやっていれば、多少の軋みも出てくるだろう。
2013年のスマスマの企画で、5人旅をした時も、「気まずい」とか「今さら」という言葉がメンバーから出てきたから…
もともとただの仲良しグループではなかったでしょうし…

中居くんの最後までSMAPを守りたいという気持ちが見えた最終回…痛々しかった…
なんだか悪者にされているけれど、一番「解散」なんて考えていなかったのは、キムタクなんじゃないかな…
吾郎ちゃんは、何とか間を取りつなごうとしただろうし、剛くんも慎吾ちゃんも、きっとSMAPが大好きだったんだろうし…
それなのに、なんで、こんなことになったのか…

はっきり言えるのは、一番悪いのは、事務所だってこと…
SMAPの価値を一番わかっていなかったのが、ほかならぬ所属事務所だったとしたら…とても悲しい…

どっちにしても、彼らはこれからは元SMAPって言われるわけで、
SMAPは一生ついてまわるに違いない。
いろんな巡りあわせで、今年、解散ということになったけれど、きっと、人生にはそんなこともあるのさ。
彼らが「国民的アイドル」と言われたのは伊達じゃない。

私たちはSMAPを忘れない。
いつだって、私たちを励ましてくれた彼らを忘れたりしない。

  笑顔抱きしめ 悲しみすべて
  街の中から 消してしまえ
  晴れ渡る空 昇っていこうよ
  世界中が幸せになれ
 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とりあえず… | トップ | 茨城県北部震度6弱!? »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。