在野の遊子随想

壱個人として時事報道や評論に対しつれずれ感じた思いの日記

中秋の名月は今年はお預けですか

2016-09-17 | アジア経済共同体
台風16号が連休明けとか、全面覆うている雲の切れ目から時々顔出す月
13夜から16夜に快晴はなく昔は白露より秋分に移る季節を名月の中秋と
していたそうだが温暖化のせいかな台風も日本近海で発生、日本も亜熱帯
に変わってきたのかな残暑の前に大雨がありそれまで乾いていた土地が潤
ったのか庭の片隅で水仙が急に生え出し7-8本の白い花を咲かせている、
真紅の大型の薔薇も14-15又咲いている、6月に終わったと思っていたが
8月始めにまた咲きそして今すこし花が開いた、これも大雨で充分な水を
得たので季節を間違えたのだろうか、例年通りの花は百日紅のみ満開の花
を競っている様だ、自然とは違い政治の世界は米国のテロ対策でイラクに
空爆の実施以来反米デモからイスラム国名での自爆テロが激化し欧米諸国
は16世紀いやそれ以上前からの強国による植民地化の拡大をいまだに続
けている、ただ前進は世界的に女性の力が強くなり独、英、米の様に東京
都に小池都知事が誕生した、そして豊洲市場の地下汚染が明らかになり石
原慎太郎元知事時代からの問題があったが明らかにしないまま都民の税金の
無駄が隠されてきた、伏魔殿の利権派の抵抗が激しくなりそうだが小池都知
事の手腕に期待したい、また民進党も蓮舫新代表が出現した、時代を替える
一歩前進となろうか、世界平和から地球環境の維持、共生時代への幕開けと
なろうか、特に日本は明治維新以来の歴史はアジアのなかで脱亜親欧政策に
より富国強兵政策で対米戦に敗北を喫して以来70年米国の圧力の下に政治は
動かされてきた、マレーシア首相の提案アジア諸国との経済共同体の発案が
宮沢内閣時代に米国の横やりで止めざるを得なかったし田中内閣の強腰に米
の目障りとして航空機輸入利権の収賄罪で退陣させた、。天下三分の計は孔
明の策だが今こそアジア諸国連帯の共同体構想を実現すべき時だと思う、日本
が独自で動けないなら
アセアン諸国は中国を中心とする経済共同体に賛同していくだろう、21世紀
女性が政治に強化していけば武力行使の政策から平和外交から経済共同体の
政策に転換となろうか、大いに期待したい、オリンピックのメタルは今回は
最高の成績だったが武力行使を止めスポーツの競争で決めることは世界平和
の道となればすばらしいネ!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋風起こり白雲飛びは漢武帝... | トップ | 秋雨前線停滞のためですか名... »

コメントを投稿

アジア経済共同体」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL